新入社員が雑用ばかりの仕事で辞めたくなったら・・

新入社員が雑用ばかりの仕事で辞めたくなったら・・

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

新入社員の方は、雑用からスタートするのが基本となります。

 

そして、毎日毎日雑用ばかりだと、「退屈だ」「スキルアップできない」「辞めたい」と考えてしまうのはよくある話です。

 

同期が雑用以外の仕事を任されていたら、それと比較して焦ってしまうこともあるでしょう。

 

その気持ちはよく分かりますが、雑用は仕事の基本ですので、それを20代のうちにマスターするかどうかが、あなたの仕事人生を大きく左右します。

 

Sponsored Link

 

雑用は仕事の基本

新入社員のほとんどは、雑用からスタートしていることと思います。

 

例えば、書類整理、書類コピー、データ入力、会議資料の印刷、会議室の設営、お茶出しといった仕事が挙げられるでしょうか。

 

そして、はじめのうちは雑用を行うだけで精一杯ですが、次第に慣れてくると、不安や焦りが出てくるものです。

 

「もっとできるのに、なんで雑用ばかり・・」

「このままではスキルアップできないのではないか?」

「同期は先輩達と一緒に仕事をしているのに・・」

 

しかし、雑用は仕事の基本なので、雑用を丁寧に確実に素早く行うことができなれければ、別の仕事もきちんと行うことはできないのではないでしょうか。

 

上司や先輩はまさにそこを見ているので、雑用をきちんと行う新入社員を高く評価して、雑用以外の仕事も任せたいと考えるはずです。

 

逆に言えば、雑用を「雑用」と軽視して身が入らない新入社員に、より責任の重い仕事を任せるはずはありません。

 

ですので、雑用をきちんと行うことによって、仕事の基本を身につけると同時に、上司や先輩から信頼してもらいましょう。

 

雑用は会社にとって必要な仕事

雑用は、ある意味では「単純な仕事」と言えるのかもしれませんが、会社にとって必要な仕事であることは間違いありません。

 

なぜなら、雑用の先には、より重要な仕事があるからです。

 

その雑用を必要としている社員がいるのです。

 

よくよく考えてみれば、先ほど例に挙げた「書類整理、書類コピー、データ入力、会議資料の印刷、会議室の設営、お茶出し」は、どれも次の仕事に繋がる大切な仕事ですよね。

 

あなたが書類を整理することによって、上司や先輩が書類を探す時間を短縮できますし、あなたが会議室を設営することによって、上司や先輩はすぐに会議を行うことができるのですから。

 

それに、会議室の設営一つとっても、参加メンバーを把握して、それに応じて座席の数やホワイトボードの位置を調整したり、ホワイトボードの掃除をするなど、いくらでも工夫はできるはずです。

 

ですので、雑用は会社にとって必要な仕事であることを認識して、雑用の先を考えながら行ってみてください。

 

そうすることで、雑用への取り組み方が変わっていくはずです。

 

Sponsored Link

 

雑用を率先して行う

特に新入社員のうちは、頼まれるだけではなく、自分から率先して雑用を行う姿勢が大切です。

 

なぜなら、雑用を行うことによって、あなたの所属している部署(会社)の仕事内容を把握することができますし、コミュニケーションを取ることもできるからです。

 

新入社員のうちは、部署内でどんな仕事をしており、それを誰が担当しているのか分かりません。

 

ですので、雑用を率先して行うことによって、いち早くそれを把握していくのです。

 

それに、雑用を通して上司や先輩とコミュニケーションを取ることができるので、仕事がやりやすくなることはもちろん、あなたが困っている時に助けてもらいやすくなります。

 

ですので、雑用を率先して行って、仕事内容と担当者を把握するとともに、上司や先輩を味方につけましょう。

 

雑用以外の仕事だって・・

雑用ばかり行っていると、雑用以外の仕事がやけに羨ましく思えることがあります。

 

ですが、どんな仕事であっても、地味な仕事の積み重ねの上に成り立っているものです。

 

確かに、社内で脚光を浴びるような仕事もありますが、見えないところでは地味な仕事を積み重ねているに違いありません。

 

楽しくて、やりがいに満ちて、成長できて、ちやほやされて・・なんて仕事はそうそうないのではないでしょうか。

 

ですので、雑用にうんざりしているようでは、雑用以外の仕事をすることになっても、同じようにうんざりする時がくるものです。

 

ということは、同じ仕事を行うにしても、いかに工夫していくかが重要だと言えるでしょう。

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

新入社員の頃は、やる気に満ちていて、輝かしい未来が待っているように感じるものです。

 

そのため、毎日毎日雑用ばかりという状況にうんざりしてしまうのだと思います。

 

ですが、今回お話しした通り、雑用は会社にとってもあなたにとっても非常に重要な仕事です。

 

管理職として機能するためにも、雑用の経験は必須です。

 

ですので、「退屈だ」「スキルアップできない」とは言わず、20代のうちに雑用をマスターしてくださいね。

 

【関連記事】
総務の仕事内容にやりがいが持てない!?スキル不足で転職は難しいのか!?

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ