職場で快適に働くために嫌いな人にとるべき4つの態度!?

職場で快適に働くために嫌いな人にとるべき4つの態度!?

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

職場の人間関係は快適に働けるか否かだけではなく、仕事の結果にも大きく影響してきますよね。

 

人間関係が良ければ自然とモチベーションがアップしますし、協力し合うことで仕事のスピードと質が良くなりますので。

 

しかしながら、様々な年齢・性別・性格の人間が仕事をするために集まっているのが職場なので、嫌いな人がいるのは当たり前です。

 

それでも仕事を円滑に進めるためには、嫌いな人にどういった態度をとるべきなのでしょうか?

 

私もサラリーマン時代は人間関係で悩みに悩んできましたので、私の経験も踏まえて記事にしてみました。

 

【関連記事】
職場の人間関係がどうしても合わない時の4つの考え方!?

 

Sponsored Link

 

態度1:「嫌い」という感情を手放す

嫌いな人がいると、その人のことばかり気になってしまいがちです。

 

話し声、笑い声、電話応対、そして足音さえも気になることもあるでしょう。

 

ですので、いきなりは難しいと思いますが、「嫌い」という感情を手放すことが理想的だと思っています。

 

「嫌い」という感情をもって相手にこだわっている状態なので、好きでも嫌いでもないニュートラルな状態に戻していきましょう。

 

あなたの心身の健康、そしてより良い仕事をしていくためです。

 

また、万が一「嫌い」という感情が相手に伝わってしまうと、関係が悪化してしまいかねません

 

自分のことを嫌いな人を好きになる人を見たことがありませんので。

 

ですので、そうしたリスクを回避するためにも、「嫌い」を手放して仕事だけに集中しましょう。

 

態度2:悪口は言わない

当たり前のことですが、いかなる場合も悪口を言ってはいけません

 

悪口は自分の品格を落とすばかりか、周囲の人間の気分を害してしまいますので。

 

周囲は場の雰囲気を壊さないため、もしくは悪口を言われたくないために同調しているだけで、心の中では「かわいそうな人」だと思っています。

 

しかも、悪口や噂は光の速さで広まるので、間違いなく嫌いな人の耳に入ってしまいます

 

極めつけとして、間接的に耳に入ったことは倍増するので、悪口を言われた憎しみは相当膨れ上がってしまいます。

 

Sponsored Link

 

態度3:右から左に受け流す

仮に嫌いな人が口撃してきたとしても、右から左に受け流しましょう

 

怒ったり悲しむと相手は喜び、ますます増長させてしまいますので。

 

あなたは大人なので、人を傷つける人間と同じ位置まで下がることはありません。

 

ただ、全く反応しないと舐めてくる人もいるので、目に余るようであれば皆がいない時に上司に相談してください

 

皆がいる時に牽制のつもりで相談してしまうと、後で何をされるか分かりませんので。

 

態度4:好意には好意を

態度3とは反対に、嫌いな人が好意的に接してきたのであれば、同じ態度で返してあげましょう

 

嫌いな人に対して好意的に接するのは無理が出てきますが、嫌いな人からの好意的な態度にはきちんと応えるべきです。

 

そうすることで良い関係を築くことができ、あなたの嫌いな人に対する気持ちが変わる可能性もありますので。

 

同じく態度3と反対に、「嫌いな人がいないところで褒める」ということをすると、マイナスの話よりは伝達されにくいとはいえ、耳に入った時にあなたへの好感度はかなりアップしているに違いありません。

 

職場で働くことはお金を得る一手段

いかがでしたか?

 

これら4つの態度を心がけることで、あなたの職場環境はより快適になっていくことでしょう。

 

ただ、世の中には、こちらに否がなくても追い詰めてくる人が存在することも事実です。

 

そういった人は絶対に変えられないので、大人なあなたが受け流すしかありませんが、度が過ぎると限界がきてしまいます。

 

そうした時には、あなたの心身の健康を守るため、その職場で一生耐え続ける選択をするのではなく、職場で働く以外にお金を得るための選択肢を持つ努力を始めることをお勧めします。

 

職場で働くことは、お金を得る一手段に過ぎないのです。

 

あなたは今まで職場で働くこと以外の勉強をしたことがないので、最初はつまずくかもしれません。

 

ただ、あなたは職場で働くという教育を10年以上受けてきたので、それ以外の選択肢を得るために3ヵ月ほど努力することは人生の無駄にはならないと思いませんか?

 

今現在、私はそういった職場で働く以外にお金を得るための選択肢を持ちたいと考えている人に向けたメルマガを配信しています。

 

よろしければこちらをご覧ください。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ