人生に疲れた、不安や焦りを感じる20代のあなたへ

人生に疲れた、不安や焦りを感じる20代のあなたへ

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

一般的には、20代と言えば下積みの時期です。

 

そして、下積みの時期に身につけた知識や経験は、今後の仕事人生をしっかりと支えてくれますし、生き方にも影響を与えるものです。

 

ですので、どういった20代を過ごしたかによって、人生が決まるといっても過言ではありません。

 

ただ、中には、20代にして才能を開花させ、第一線で活躍している方も大勢いるので、そういった方と比較して、

 

「不安や焦りを感じる」

「失敗ばかりの人生に疲れた」

 

という20代の方は少なくありません。

 

Sponsored Link

 

友人や同期と比較して不安や焦りを感じる

下積み時代の20代といえど、すでに才能を開花させ、「学歴」「会社」「出世」「資格」「夢」といった部分で結果を出していく方は大勢います。

 

大勢いますので、同列だと思っていた高校時代からの友人であったり、会社の同期が手の届かない存在になっていることもあるでしょう。

 

いつも一緒だった高校時代からの友人は、日本の最高峰といえる大学に合格し、一流企業に就職、順調に出世している。

 

それに対して自分は、大学受験、就職ともに第一志望に合格できず、仕事が楽しくないと感じている。

 

もしもこういった状況であれば、友人と比較して不安や焦りを感じてしまい、会うのが苦痛になってくることもあります。

 

そして、このように感じる原因の一つは、「勝ち負け」を意識していることだと考えられます。

 

それほど意識していないとしても、友人から「格差」を明言されたら、どうしても意識してしまうものです。

 

勝負はまだついていない!

意識してしまうものですが、そんな気持ちは振り払って「勝負はまだついていない!」と信じてみてください。

 

「人生に疲れた」ではなく、「人生はここから」と言い換えましょう。

 

なぜなら、20代でいくつもの失敗、少しの成功といった経験を積むことによって、ゆっくりでも確実に成長していくので、30歳以降に花開く方は大勢いるからです。

 

基本的には、努力が実を結ぶまでには、長い時間がかかるものです。

 

そして、じっくりと実力を蓄えた分、簡単に崩れることはないでしょう。

 

ですので、「勝負はまだついていない!」と信じて、 長い目で見て、今すべきことに集中しましょう。

 

また、今現在は上手くいっている方でも、明日どうなるかは誰にも分かりません。

 

人生を左右するような大失敗を犯してしまう恐れもあるでしょう。

 

それに、他人と比較してネガティブになったところで、あなたが成功に近づくわけではありません。

 

そう考えると、他人と比較して不安や焦りを感じることが馬鹿馬鹿しく思えてくるかと思います。

 

Sponsored Link

 

ひとりの時間に自分を磨く

先ほどお話しした通り、20代は仕事の下積み時代であり、友人や同期といった仲間と行動を共にするのが楽しい時期でもあるかと思います。

 

ですが、そういった時間はほどほどに抑えて、ひとりの時間を積極的に作っていくと良いかと思います。

 

なぜなら、ひとりの時間はリラックスできますし、今までの自分を見つめ直したり、好きなことに没頭できるからです。

 

人はこういったひとりの時間に大きく成長していくものですから、友人が飲み会に参加している間にひとりの時間を充実させてください。

 

その時間にあなたは成長しますが、友人は停滞していると言えます。

 

確かに、仲間と行動を共にすること、例えば、お酒の席は楽しいものですが、わりと同じような話の繰り返しであったり、噂や悪口に終始することも少なくありません。

 

これでは、成長しているはずはありませんよね。

 

有意義な時間の過ごし方とは思えません。

 

ですので、飲み会といった時間の過ごし方は必要最低限に抑えて、30代になって花開く時のために、じっくりと力を蓄えておきましょう。

 

【関連記事】
一匹狼の男女は日々成長していく!反対に職場でも群れる男女は・・

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ