仕事でミスをして落ち込むあなたへ。落ち込んだ表情は見せてしまおう!

仕事でミスをして落ち込むあなたへ。落ち込んだ表情は見せてしまおう。

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

仕事でミスをした時には、誰でも大なり小なり落ち込むものです。

 

落ち込むものですが、いつまでも落ち込んでばかりいられないので、

 

「失敗は成功のもと」

「何度でもやり直せば良い」

 

と前向きに考えて、少しでも早く回復しようとする人が多いかと思います。

 

ただ、落ち込んだ表情を見せてしまうことによって、上手に助けを得ている人は少ない印象を受けます。

 

Sponsored Link

 

落ち込んだ表情は見せてしまおう!

特に男性は、強い自分でいるため、周囲に舐められないために、「落ち込んだ表情」を見せない人がほとんどだと思います。

 

というか、それが社会人として当たり前の姿だと考えられています。

 

考えられていますが、落ち込んだ表情を見せることによって、周囲から助けてもらえる可能性が高くなると言えるのです。

 

例えば、あなたが仕事でミスをして落ち込んでいる時に、落ち込んだ表情を見せていると、上司や同僚に「大丈夫か?」と慰めてもらえることでしょう。

 

さらに、涙を浮かべていると、「そんなに気にするなよ!次の仕事で挽回しよう!」と励ましてもらえるかもしれません。

 

落ち込んだ表情を見せないでいると・・

しかし反対に、一般的に当たり前の姿だとされているように、落ち込んだ表情を見せないでいると、励ましても助けてももらえない恐れがあります。

 

仕事でミスをして落ち込んでいるのですから、本当は励まして欲しいし、助けてもらいたいはずです。

 

一人の人間として考えた時には、ごく自然な感情です。

 

ですが、周囲に舐められないように振る舞う結果、それが叶わないのです。

 

それどころか、ミスをしたのに、なんてことない顔をしているということで、上司に大目玉を食らうことになり兼ねません。

 

Sponsored Link

 

アンダードッグ効果

さて、落ち込んだ表情を見せる人を助けたくなるのは、アンダードッグ効果が働いているからだと言えます。

 

アンダードッグ効果とは、立場が弱い人や不利な状況に置かれた人を応援したくなる人間心理です。

 

ですので、一生懸命に頑張っているのに失敗してしまう人を応援したくなるのは、人間としてごく自然なことなのです。

 

「かわいそうだから、一肌脱いでやるか!」といった心境です。

 

AKB総選挙においても、アンダードッグ効果が見られますね。

 

AKB総選挙には「速報(中間発表)」というものがあり、その時点における順位と投票数が公開されます。

 

そして、速報時点で劣勢であったメンバーに対して、「応援しなければ!」という気持ち、すなわちアンダードッグ効果が働き、その後投票数が大幅に伸びるということはよくあります。

 

同じように、「前回のAKB総選挙では順位が低かったから、今回は頑張って欲しい!」といった形で、大躍進を遂げるケースもあります。

 

落ち込みやすい人はチャンス

今回の話をまとめると、落ち込んだ表情を見せると、アンダードッグ効果によって助けてもらえる可能性があるということです。

 

一般的には、仕事の場で男性が「落ち込んだ表情」といった弱みを見せるなど考えられませんが、人間心理に沿って考えた時には、助けを得るために有効な方法と言えるのです。

 

そして、もともと落ち込みやすい人ほど、アンダードッグ効果が期待できると言えるでしょう。

 

なぜなら、もともと落ち込みやすい人は、変に意識することなく、悲しい時には悲しい表情になってしまうからです。

 

自然と悲しい表情になってしまうので、演技をしているという後ろめたさはありませんし、演技ではないので演技がバレるということもありません。

 

ただし、あまりに素直に感情を出すのはどうかと思うので、落ち込んだ表情を見せたり、涙を浮かべる程度が良いのではないでしょうか。

 

【関連記事】
仕事で失敗しても落ち込む必要はない。たとえ繰り返すとしても。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ