職場の飲み会が苦手で行きたくないあなたへ。前向きになれる考え方2選!

職場の飲み会が苦手で行きたくないあなたへ。前向きになれる考え方2選!

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

職場の飲み会に行きたくない人は少なくないと思います。

 

お酒が飲めない人や、大人数で騒ぐのが苦手な人はもちろんのこと、気を使わなければならないので無理もありません。

 

ですが、飲み会が多い職場では、ある程度参加しておかなければ、仕事に影響する恐れがあります。

 

ですので、しぶしぶ参加するものの、

 

「時間とお金の無駄だった」

「ストレスが溜まっただけだった」

「終始説教されて楽しくなかった」

 

と後悔してしまうものです。

 

そうなると、次回の飲み会がより憂鬱になるという悪循環に陥ってしまいがちです。

 

ですので、今回は、そうならないために、少しでも前向きな気持ちで飲み会に参加できる考え方を2つご紹介します。

 

Sponsored Link

 

どうせ参加するのなら前向きに

飲み会に行きたくないのには理由があるので、前向きになるのは簡単ではありません。

 

ですが、しぶしぶにしても参加するのでしたら、時間とお金をかけているので、なんとか前向きに考えていきたいですよね。

 

その1:1次会に集中する

職場の飲み会は、2次会、そして3次会へと続くことがありますが、

 

「1次会だけに参加して、そこに集中する」

 

と決めてしまいましょう。

 

なぜなら、2次会や3次会の心配をすることはなくなりますし、なにより実りのあるものにしようという気持ちが強くなるからです。

 

職場の飲み会に限らず、各種イベントでは「1次会だけに参加する」と決めておくと、そこに全力投球できるので、自分にとって必要な人と充実した時間を過ごせるものです。

 

しかし多くの人は、1次会よりも人数が減った2次会以降でチャンスをつかもうとしているようです。

 

少人数だからこそ深い話ができるだろうと。

 

しかしそれでは、今現在の1次会への集中力は低下してしまうので、飲み会に参加している回数や時間は多いものの、それほど実りは得られないです。

 

「まだ次があるから大丈夫」

「本番は2次会だ!」

 

ですので、必要最低限の付き合いをするために「1次会には参加する」として、そこで実りを得るために「1次会に集中する」と考えてみてください。

 

時間が限られている分、今現在に集中できるので、前向きな気持ちが溢れてくるはずです。
 

その2:できる人とできない人を見極める

「1次会だけに参加して、そこに集中する」と決めて参加したのであれば、今度は「できる人とできない人を見極める」という考え方を持ってみてください。

 

飲み会では、お酒が入るということもあって、普段は隠している本性が出てくるものなので、人を見極めるのに良い場所だと思っています。

 

そして、「できる人」と「できない人」を見極めたら、「できる人」の仕事ぶりや生き方を参考にして、自分を高めていきます。

 

ここで言う「できる人」とは、人のよいところに目を向けて、それを素直に賞賛できるタイプ、向上心が高いタイプの人です。

 

こういったタイプの人は、人を会社での立場で判断することなく、尊敬の眼差しを向けているので、良い部分は素直に賞賛し、自分に取り入れていきます。

 

それに、いい言葉を発しているので、自分に対して、そして周囲に対して良い影響を与えていきます。

 

一方で、「できない人」とは、人の欠点ばかりに目を向けて、会社や社員の悪口や噂話で盛り上がっているタイプの人です。

 

ネガティブな言葉ばかりを発しているので、自分自身はもちろん、周囲の人間の脳にも悪影響を与え、ますますできない人になっていくのです。

 

であれば、「できる人」からは多くを学び、「できない人」からは遠ざかるべきですので、飲み会でそこを見極めてしまいましょう。

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

お酒が飲めない人、大勢で騒ぐことが苦手な人、飲み会の時間とお金を別のことに使いたい人・・

 

飲み会に行きたくない理由は人それぞれです。

 

ですが、社会人である以上、必要最低限の付き合いはした方が良いので、今回お話ししました、

 

「1次会に集中する」

「できる人とできない人を見極める」

 

といった考え方をして、モチベーションを上げてみてください。

 

そうすることによって、確実に集中力が上がるので、飲み会の時間を充実させることができるはずです。

 

また、飲み会は人間の本性が出やすい場所でもあるので、あなたが目指すべき尊敬できる人物を探してみてください。

 

【関連記事】
人付き合いが苦手な人が職場で心がけるべきたった1つのこと

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ