仕事で失敗して自信喪失したあなたに贈る意外な対処法!?

仕事で失敗して自信喪失したあなたに贈る意外な対処法!

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

仕事で失敗してしまった時には、誰でも大なり小なり落ち込むものです。

 

ですが、落ち込んでいる場合ではないので、気持ちを切り替えてリカバリーし、再発防止策を検討していくものです。

 

しかし中には、上手く気持ちを切り替えることができず、仕事に支障が出るほどに自信喪失してしまうケースもあります。

 

Sponsored Link

 

自信喪失してしまう人は自信に根拠を求めがち!?

そして、そういったケースは、特に真面目な人に多く見られます。

 

なぜなら、真面目な人ほど自信が足りない傾向があるからです。

 

自信が足りない理由としては、例えば、

 

  • 自分を過小評価しがちである
  • 自信に根拠を求めがちである

といったものが考えられるでしょうか。

 

「自信に根拠を求めがち」というのは、自信を持つためには、きちんとした根拠がないと駄目だと思い込んでいるということです。

 

きちんとした根拠とは、極端に言えば、一流大学出身、一流企業勤務、出世コースに乗っている、魅力的なパートナーがいるといったものが考えられます。

 

一流企業に勤務していなければ、自信を持つ資格はないという考え方です。

 

確かに、一流企業に勤務しているということは、今まで努力してきた結果ですので、根拠のある自信を持つべきであると思っています。

 

ですが、そうでないからといって、自信を持つ資格はないということにはならないでしょう。

 

それに、自信に根拠を求め過ぎると、落ち込みを加速させてしまう恐れがあります。

 

なぜなら、「一流企業」といった根拠は、世間の評価によるものなので、上には上がいるからです。

 

ですので、一流企業に勤務していることを自信の根拠にし過ぎてしまう、つまり依存してしまうと、超一流企業に勤務している友人と比べた時に自信喪失してしまうのです。

 

であれば、根拠のある自信を持てるように努力することと併せて、根拠のない自信も持つべきだと思います。

 

根拠のない自信には根拠がないので、自分が信じている限り、その自信は崩れ去ることはありません。

 

根拠のない自信を持つこと

こう言っては何ですが、大きなことを成し遂げている人の中には、根拠のない自信を持っている人は少なくないと思っています。

 

正確に言うと、根拠のある自信と併せて、根拠のない自信も持っている人です。

 

もしそうであれば、そういった人は、自信を持つことの大切さを理解しているので、根拠のない自信も持つようにしていて、それが成功を後押ししているのだと考えることができます。

 

ハッキリ言って、自信を持っていると上手くいくことは多いですよね。

 

自信を持っていると、今現在の力を100%出し切ることができますし、周囲から見ても魅力的ですから。

 

こちらも極端な例ですが、自信がありそうな営業マンと、自信がなさそうな営業マンであれば、第一印象に関して言えば、前者の方が有利だと考えられます。

 

あまりに自信満々では、逆に胡散臭く見えますが、適度な自信を持っていると、発言に説得力が増す傾向がありますので。

 

これは仕事の例ですが、プライベートであっても、自信を持っていると上手くいく場面は多いはずです。

 

ですので、自信を持っていると、人生が上向きになると言えるのではないでしょうか。

 

そして、自信というのは、根拠がなくても問題ありません。

 

むしろ、根拠のない自信こそ持つべきです。

 

世間一般の価値観では、突出した根拠のない自信を持っている人は、「勘違いしている」と揶揄されがちですが、その「勘違い」こそが重要です。

 

勘違いしている限り、その自信は揺るぎないものとして、あなたを支えてくれますから。

 

ただし、勘違いといっても、自慢をしたり人を見下すなど、人を不快にさせる勘違いタイプにはならないように気をつけたいですね。

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

自信喪失してしまう人には、自信が不足しがちな真面目な人が多い傾向があります。

 

そして、自信が不足しがちな理由の一つとして考えられるのは、「真面目な人は自信に根拠を求めがち」だということです。

 

確かに、根拠のある自信は大切ですが、根拠のない自信だって持っても良いのです。

 

自信を持つことに必ずしも根拠は必要ないのです。

 

そして、根拠のない自信を味方につけて、成果を収めている人が大勢いることも事実です。

 

ですので、仕事で失敗して自信喪失してしまったあなたは、根拠のある自信を持てるように努力することと併せて、根拠のない自信を持つことを意識してみてください。

 

このように言っている私も、自信がないタイプですので、根拠のない自信を持つことを意識しています。

 

それでも自信満々というわけにはいきませんが、少しずつ自信が持てるようになっていることを実感しています。

 

そして、自信が持てるようになっていくと、自信喪失する機会は減りますし、たとえ自信喪失しても、わりとすぐに気持ちを切り替えることができると感じています。

 

ですので、この記事をご覧いただいたことをきっかけとして、あなたもこの対処法を試してみてください。

 

【関連記事】
マイナス思考を治したいあなたへ。マイナス思考が引き寄せるものとは!?

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ