就活で内定がもらえないあなたに強く認識して欲しいたった1つのこと!

就活で内定がもらえないあなたに強く認識して欲しいたった1つのこと!

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

就活で書類選考は通過しているものの、面接となると不合格になってしまう人は少なくないと思います。

 

そして、その際には、不合格だった面接を振り返り、改善していくことになりますが、不合格の理由は教えてもらえないことが多いので、どこをどう改善していけばよいのか分からない状態に陥ってしまいがちです。

 

「なぜ内定がもらえないのか?」

「他の就活生と何が違うのか?」

「どこに問題があるのだろうか?」

 

そこで今回は、そういった時に強く認識して欲しいことを1つお話しします。

 

Sponsored Link

 

就活で内定がもらえないあなたに強く認識して欲しいたった1つのこと!

強く認識して欲しいこととは、「いかにして面接官の記憶に残るか」ということです。

 

面接で不合格になった時には、ビジネスマナー、表情、声、態度、受け答えなど、面接での自分を振り返ることと思います。

 

実際に、こういった部分が合格基準に達していなかった恐れがあるので、非常に大切なことです。

 

ただ、それと併せて、「自分は面接官の記憶に残っただろうか?」「どうすれば面接官の記憶に残るのだろうか?」と考えることも大切だと思っています。

 

なぜなら、そもそも面接官の記憶に残らないようでは、内定をもらえる可能性は低くなると考えられるからです。

 

たとえ高学歴の持ち主であっても、端正なビジュアルの持ち主であっても、記憶に残らなければ内定はもらえないという考え方です。

 

記憶に残らないということは、例えば、就活ハウツー本やインターネット上の就活情報をそのまま使い、他の就活生との差別化を図れていない状態です。

 

他の就活生と同じように、面接官に評価されそうな、ポジティブな就活生、真面目で素直な就活生を演じている状態です。

 

確かに、就活ハウツー本を読んで勉強したり、ポジティブに振る舞うことは大切ですが、自分の経験に基づいた自分の言葉、態度で臨まなければ、他の就活生と同じ人間に見えてしまうのです。

 

これでは、記憶に残りませんし、採用する決め手もないと考えられます。

 

このことを心の底から実感するためには、あなたが面接官だとした時の事を考えてみるとよいかと思います。

 

あなたが面接官の立場だった時に採用したいと思うのは、何かしら記憶に残った就活生ではないでしょうか。

 

記憶に残る就活生とは

それでは、記憶に残る就活生とは、どういった就活生なのでしょうか。

 

私が考える記憶に残る就活生とは、先ほどお話しした通り、自分の経験に基づいて自分の言葉で話し、自分の態度で臨んでいる就活生です。

 

一言でいうと、他人の真似ではなく、自分というものを持っている就活生です。

 

さらに言えば、「記憶に残る」というのは、良い印象として記憶に残るばかりではないと思っています。

 

例えば、態度や発言に問題があるということではなく、強烈な個性を持っているという理由から記憶に残るのもよいのではないかということです。

 

強烈な個性を持っていると、一部の人からは敬遠されながらも、一部の人を強烈に惹きつけるものです。

 

癖があると言った方が適切かもしれません。

 

例えが適切かどうかは分かりませんが、人気芸能人の多くは、いわゆるファンとアンチが一定数存在すると言われています。

 

その理由の一つとして考えられるのは、その人気芸能人が強烈な個性を持っているということです。

 

そもそも万人受けする人はいませんし、強烈な個性を持っているので、そこに強烈に惹かれる人もいれば、絶対に受け付けない人もでてくるのです。

 

そしてそれこそが、人気者の条件の一つだと思っています。

 

ですので、社会人として必要なビジネスマナーといったものはきちんと押さえた上で、良くも悪くも「面接官の記憶に残る」ということを強く認識することによって、内定がもらえる可能性が高まると考えています。

 

ただ、面接官の記憶に残ることばかりに意識を向けていると、単なる我が強い人だと思われる恐れがあります。

 

そしてそれは、特に素直さが求められる新卒採用では敬遠されるので注意が必要です。

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

面接で不合格になった時には、ビジネスマナーや受け答えといった部分を見直していくのが一般的かと思います

 

それは大切なことですが、それと併せて、「いかにして面接官の記憶に残るか」を意識していくことも重要だと考えています。

 

なぜなら、マニュアル通りの優等生的な対応をしていると、他の就活生と代わり映えしないので、面接官に忘れ去られてしまうからです。

 

ですので、自分の経験に基づいた自分の言葉、態度で臨むことによって、就活用に作り上げた自分ではなく、「自分という人間」をしっかりと見せることを意識していきたいですね。

 

そうすることによって、「この人は他の就活生とは違うな」「なんとなく頭に残っているな」といった形で目に留めてもらえる可能性が高まります。

 

ただし、特に新卒採用では、素直さが大事になってくるので、我が強い雰囲気が出てしまうとよくないと思います。

 

ですので、自分というものを持っていながらも、柔軟な姿勢を示していくといったように、バランスをとることも大事だと思います。

 

【関連記事】
面接で不採用の雰囲気を感じた人が知っておくべき7つのNGポイント!?

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ