面接で緊張して頭が真っ白になり上手く話せないあなたへ

面接で緊張して頭が真っ白になり上手く話せないあなたへ

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

面接では誰でも緊張するものですが、中には頭が真っ白になってしまい、上手く話せない人もいるかと思います。

 

このように言っている私も、とても緊張しやすいタイプですので、面接に限らず人前では緊張することが多く、そんな自分が嫌になってしまったこともありました。

 

ですが、ある本を読んだことをきっかけとして、緊張することに対する考え方を変えてみたところ、緊張を良い方向に持っていけるようになりました。

 

ですので、今回は、面接で緊張して頭が真っ白になり上手く話せないあなたのために、どのように考え方を変えていったのかをお話ししたいと思います。

 

Sponsored Link

 

緊張することに対する考え方を変える

面接といった人前に出ると緊張しすぎてしまう人は、緊張することに対してネガティブなイメージを持っている傾向があります。

 

確かに、どちらかと言うと、ネガティブなイメージが先行しがちかもしれません。

 

ですが、そもそも人間が人前で緊張するのはごく自然なことです。

 

おかしなことでも、恥ずかしいことでもありません。

 

それに、緊張しているということは、精一杯頑張っている証拠です。

 

実際にあなたが緊張するような場面を思い浮かべてみてください。

 

今回のテーマである面接をはじめとして、ほとんどが精一杯頑張っている場面ではありませんか?

 

どうでもいいと思っている場面で緊張することは少ないはずです。

 

ですので、緊張することに対してネガティブなイメージを抱いたり、緊張している自分を責めるべきではありません。

 

むしろ、精一杯頑張っている自分を褒めてあげましょう。

 

面接で大事なことは・・

先ほどお話しした通り、緊張しすぎてしまう人は、緊張することに対してネガティブなイメージを持っている傾向があります。

 

例えば、「緊張することは恥ずかしいことだ」「気が小さい人だと思われてしまう」「馬鹿にされてしまう」といった具合です。

 

私も緊張しやすいタイプですので、よく分かります。

 

確かに、人によっては、緊張しやすい人を下に見るかもしれませんが、それを気にする必要はありません。

 

繰り返しますが、人前で緊張することは当たり前であり、精一杯頑張っている証拠だからです。

 

それに、そういった人はごく一部に限られているというのが実際のところです。

 

例えば、面接で緊張して頭が真っ白になってしまったからといって、それを馬鹿にする面接官などほとんどいないでしょう。

 

新卒の就活生に関して言えば、緊張していることは、「真面目だ」「誠実だ」といったプラス評価に繋がることすらあると思っています。

 

就活生が面接で緊張するのは当たり前であり、その状況下において、どう面接に臨むかを見られているはずです。

 

そのため、面接官に評価されるポイントは、堂々としているかどうかというよりも、緊張との向き合い方や、自分の言葉で話しているかどうかであるはずです。

 

ですので、緊張している自分を受け入れてしまい、自分の経験に基づく自分の考え方を自分の言葉で伝えていくことに集中しましょう。

 

とにかく自分の言葉で話すことが大切です。

 

一生懸命に自分の言葉で話すことができれば、きっと面接官の記憶に残るので、たとえ緊張しすぎていても、合格できる可能性は十分にあると考えられます。

 

反対に、いくら緊張しないタイプであっても、面接での受け答えがマニュアル通りであったり、丸暗記しているようでは面接官の記憶に残りません。

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

面接で緊張して頭が真っ白になり上手く話せないあなたは、緊張することに対する考え方を、

 

  • 人間が人前で緊張するのはごく自然なこと
  • 精一杯頑張っている証拠

と変えてみてください。

 

その上で、面接で大事なことは、自分の言葉で話すことだということを強く認識していきましょう。

 

自分の言葉で一生懸命に話すことができれば、マニュアル通りに話している就活生とは違って、面接官の記憶に残るはずですから。

 

面接以外で言うと、例えば、結婚式のスピーチも同じことが言えるでしょう。

 

心に残るスピーチとは、マニュアル通りのスピーチではなく、緊張しながらも一生懸命に自分の言葉で話すスピーチであるものです。

 

いくら上手に話していても、マニュアル通りでは人の心に響くものがありません。

 

そう考えると、緊張してもいいから、一生懸命に自分の言葉で話していこう!と思えてきませんか。

 

【関連記事】
就活で内定がもらえないあなたに強く認識して欲しいたった1つのこと!

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ