信頼を得るためには、ある一つのことを徹底すればいい

信頼を得るためには、ある一つのことを徹底すればいい

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

「信頼」というものは、あらゆる人間関係において非常に大切なものです。

 

ですので、私達は日々、人から信頼される振る舞いを意識していますが、自分では当たり前に行っていることによって、信頼を失ってしまうことは珍しくありません。

 

そして、信頼を失うのは一瞬であり、失った信頼を取り戻すのは一生がかりなので、もう心から信頼してもらうことは難しいでしょう。

 

仕事関係で信頼を失ってしまったら致命的です。

 

Sponsored Link

 

読みたい場所へジャンプ

陰口を言わないと決める

そうならないために、私が徹底すべきだと思っていることは、「陰口を言わない」といことです。

 

当たり前のことですが、陰口というのは、対象者がいないところで悪口を言う程度の低い行為です。

 

そして、そういった人は、あらゆるグループで陰口を言うものなので、そのコミュニティでの信頼は地に落ちていきます。

 

誰が人のことを悪く言う人を信頼するでしょうか。

 

この人は私のことも悪く言っているに違いない、もしかしたら会社のことも・・と思われているものです。

 

それに、陰口を言うためには相手が必要なので、必然的に群れることになり、人生の大部分を陰口を言うことで終えていくことになります。

 

自分を磨くという意識に乏しく、その時間もないので、成長していくことはありません。

 

それに対して陰口を言わない人は、それだけで信頼に値するものです。

 

そして、群れることがないので、一人の時間を確保して、どんどん成長していきます。

 

たとえ不満があっても、陰口を言う代わりに、そのエネルギーを行動力に変えていきます。

 

ですので、「陰口を言わない」と決めて徹底することによって、5年後、10年後には、他の人よりもひとまわり大きな人格と能力が身に付いているものです。

 

これこそが、誰からも信頼される人望が厚い人です。

 

また、こうして人望が厚い人になっていくと、あらゆる場面でチャンスに恵まれるようになります。

 

例えば、あるプロジェクトのリーダーを選ぶ際、ほぼ同じ能力を持っている2人が候補に挙がったのであれば、人望が厚い人に任せるのが普通ですよね。

 

仕事に限らず、プライベートでも、そういった人望が厚い人の周りには、図らずも魅力的な人が集まって、押し上げてくれるものです。

 

このように「陰口を言わない」だけで、人生が大きく上向きになっていくのです。

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

現代はストレス社会と言われるように、ストレス要因が満載ですが、そこで陰口を言ってしまったら、人格と信頼は地に落ちてしまいます。

 

ですので、たとえ同僚が陰口を言っていても、自分が陰口の対象になってしまっても、

 

「私は陰口を言わない」

 

と決めて、徹底していきたいですね。

 

他にも、信頼を得るためには、「仕事が正確で早い」「約束を守る」といったことがいくらでも考えられますが、やはり一番大事なことは人格ではないでしょうか。

 

【関連記事】
後輩に慕われる先輩の4つの特徴から見る生き残り術!?

あなたにおすすめの記事

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ