否定的な人が近づいてきた時の対処法はたった1つ!

否定的な人が近づいてきた時の対処法はたった1つ!

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

否定的な人というのは、あるコミュニティに必ず一人は存在するものです。

 

そして、目標に向かって努力している人に近づいて、それを否定していきます。

 

「そんなことは不可能だ!」

「お前は何も分かっていない!」

「失敗したらどうするんだ!」

 

そうした時には、どのように対処していくのが良いのでしょうか。

 

Sponsored Link

 

読みたい場所へジャンプ

逃げるが勝ち

否定的な人が近づいてきた時には、とにかく逃げるべきだと思っています。

 

なぜなら、どうやっても人を変えることはできないからです。

 

自分の夢や目標は他人に否定されるものではないので、否定されたら気を悪くしますが、それを伝えても相手が変わることはありません。

 

それに、否定的な人は、自分の人生への不満を他人にぶつけているだけなので、まともに取り合う必要はないのです。

 

目標を達成できなかった、もしくは挑戦できなかった、といった我慢の人生を送ってきたので、他人にもそれを強制したいだけなのです。

 

「私は我慢してきたのだから、お前も我慢するのが当たり前だ」

 

そのため、特に自分よりも年下の将来ある若者が、目標に向かって努力をしている姿は、どうにも気に障るのです。

 

なんとかして足を引っ張りたいのです。

 

ですので、そんな人に付き合う必要は全くありません。

 

プライベートはもちろん、職場であっても、否定的な人が近づいてきたら、とにかく逃げてしまいましょう。

 

例えば、職場の同僚が否定的なタイプであれば、挨拶や仕事上のやり取りだけに留め、昼食や雑談には付き合いません。

 

休憩中に話しかけてくるようでしたら、用事があるかのように振る舞い、席を外してしまいましょう。

 

少し冷たい気もしますが、目標を達成するためには、否定的な人は毒でしかないので、自分の身は自分で守るしかありません。

 

否定的な人に付き合っていると、自分を高めていくための時間が奪われますし、知らず知らずのうちに目標に疑問を覚えてしまうことになりかねません。

 

それは相手の思うつぼであり、相手が決めた人生を歩かされようとしている状態です。

 

ですので、否定的な人が近づいてきた時には、とにかく逃げてしまいましょう。

 

「逃げる」と言うと、ネガティブなイメージがついてきますが、この場合は逃げるが勝ちです。

 

天気予報で台風が来ると分かっていれば、ほとんどの人は家でじっと台風が過ぎるのを待っているはずです。

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

否定的な人というのは、どのコミュニティにも一人は存在して、目標に向かって努力している人の足を引っ張ろうとします。

 

そして、自分が否定される対象になってしまった時には、気を悪くしたことを伝えるなどして、やめてもらおうとするのが普通です。

 

ですが、人を変えることはできないので、対処法はただ一つ、「逃げること」です。

 

プライベートであれば連絡に応じなければ良いですし、職場では仕事上のやり取りのみ事務的に対応していきます。

 

優しい人にとっては、少し心苦しい対処法かもしれませんが、他ならぬあなたの人生を生きていくためには、こういった自己防衛は大切です。

 

自分にとってマイナスにしかならない雑音は耳に入れてはいけません。

 

【関連記事】
会社の嫌な人がグイグイ来る時のシンプルな対処法!

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ