就職面接のために長所と短所を把握したいあなたへ

就職面接のために長所と短所を把握したいあなたへ

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

就職活動を行う際には、エントリーシートや面接のために、自分の長所と短所を把握しておく必要があります。

 

また、こういった機会に自分自身を改めて振り返ることは大切です。

 

ただ、いざ長所と短所を挙げようとしても、謙虚になってしまったり、自分に自信がない状態では、なかなか上手くいかないものです。

 

たとえ自分に自信があっても、自分を客観的に見ることは意外に難しいですよね。

 

Sponsored Link

 

第三者に尋ねる

そこで、長所と短所を把握したい時には、「第三者に尋ねる」ということを試して欲しいと思っています。

 

家族や友達、学校の仲間に「私の長所と短所って何?教えて!」と尋ねてみるのです。

 

いきなり尋ねると驚くかもしれませんが、就職活動のためであると説明すれば、ほとんどの人は協力してくれるはずです。

 

人の短所を挙げるのは心苦しいものですが、それでも家族や強い信頼関係を築いている仲間であれば、あなたのためを思って教えてくれるに違いありません。

 

こうして教えてもらった長所と短所は、客観的立場から見たものなので、面接官に伝えた時にも納得感があるはずです。

 

そのため、面接官に「なるほど、この人は自分のことをよく理解しているんだな」と思ってもらえることでしょう。

 

自分に自信が持てるようになる

この方法の良いところは、客観的に見た自分を把握できると同時に、自分に自信が持てるようになるということです。

 

先にお話しした通り、第三者から教えてもらった長所は、多くの人があなたに対して感じている長所なので、自信を持つ十分な根拠となります。

 

私としては、自信を持つために根拠は必ずしも必要ないと思っていますが、それでも根拠があると自信を持つことができます。

 

そして辛い時には、この根拠が自分を支えてくれます。

 

一方で、短所というものは、少し受け入れがたいものがあります。

 

受け入れがたいものがありますが、短所を知ることによって謙虚になれたり、その部分を改善していこうと思えます。

 

長所と同様、短所も自分では気づきにくいものですので、そこを正確に把握できることは非常に大きいです。

 

短所は時として他人に迷惑をかけてしまうので、ありがたいご指摘です。

 

ですので、就職面接のために長所と短所を把握したいあなたは、自分で考えてみることも大切ですが、是非「第三者に尋ねる」ということも試してみてください。

 

【関連記事】
就活の面接における「NG志望動機の例」5選!

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

自分の長所と短所を正確に把握することは難しいので、遠慮なく第三者を頼ってください。

 

そうすることによって、あなたの中に確実に存在している長所と短所を引き出すことができます。

 

そして、こうした客観的立場から見た声を聞くことによって、自分に自信を持てるようにもなるので、非常にお勧めです。

 

ただし、就職面接を無事クリアして、希望する会社に就職しても、それは一生の安泰を約束してくれるものではありません。

 

なぜなら、現代は終身雇用が当たり前だった時代とは違いますし、ストレスやプレッシャーが原因で体調を崩してしまう恐れもあるからです。

 

それに、現代はあらゆる情報がどんどん明るみに出て、拡散していくので、誰がいつ危機に直面するかは誰にも分かりません。

 

そして、そういった時に自分を守れるのは自分だけです。

 

他人は助けてくれません。助けることはできません。

 

そのため、就職活動中、もしくは就職した段階で、自分で稼ぐ力を身に付けておくことをお勧めします。

 

自分で稼ぐ力を身に付けておくというのは、具体的に言うと、インターネットビジネスに取り組むということです。

 

インターネットビジネスというのは、インターネットを活用したビジネスモデルの総称であり、例えば、インターネット広告事業が挙げられます。

 

おそらくあなたも利用したことがあるであろう、Yahoo! JAPANに掲載されている広告をイメージしてください。

 

Yahoo! JAPAN

 

こういった広告を自分が運営するサイトやブログに貼り、訪問者が広告をクリックした時、もしくは商品を購入した時に報酬を得られる仕組みです。

 

現代は、誰でもどこでもインターネットを利用できるので、一個人でも自宅や外出先で取り組むことができるのです。

 

ですので、就職活動中、もしくは仕事の合間を縫ってインターネットビジネスに取り組んでみてください。

 

そして、自分で稼ぐ力が身に付いた時に、「副業」「本業」を決定されるのが現実的かと思います。

 

先にお話しした通り、誰がいつ危機に直面するかは誰にも分からないので、明日自分が当事者にならないとも限りません。

 

そうした時でも、パソコン1台とインターネットで稼ぐ力を持っていると、精神的にも経済的にも安定していきます。

 

しかし反対に、会社の給料だけに頼っていると、ただただ動揺するばかりになってしまうので、他人事だと思えるうちに備えておくことが大切です。

 

今現在、私はそういった将来の不安を解消していきたいあなたに向けて、インターネットビジネスでお金を稼ぐ力を身に付けるためのメルマガを配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ