新人が「あいつ使えない」と陰口を言われて落ち込んだら

新人が「あいつ使えない」と陰口を言われて落ち込んだら

 

「あいつ使えない」

 

なんともヒドい言葉ですね。

 

私の会社員時代の課長の口癖もこれでした。

 

スタスタと早足で歩きながら、「◯◯は使えね~な~」とボヤくのです。

 

これが新人の耳に入ったら、まず落ち込んでしまうでしょう。

 

そして落ち込んでしまうと、仕事の効率が落ちたり、ミスを引き起こす恐れもあります。

 

そのため、早い段階で自分なりの対処法を確立していく必要があるので、今回はおすすめの対処法を3つご紹介します

 

Sponsored Link

 

対処法1:新人の通過儀礼である

1つ目の対処法は、新人の通過儀礼であるととらえるもの。

 

つまり、新人なら誰でも通る道だと考えるということです。

 

あなただけではありません。

 

そもそも職場に限らず、陰口を言うのが好きな人はどこにでも存在します。

 

あなたの学生時代にも、陰口を言うことでストレスを解消していたり、結束を強めて保身に走る人はいませんでしたか?

 

そのため、老若男女、様々な背景を持つ人達が集まり、利害関係がある職場で陰口が発生するのはごく自然なこと。

 

そうした中で、分からないことだらけであり、不慣れなためミスをすることも少なくない新人がターゲットにされるのは、ある意味仕方がありません。

 

あなたがもし、人一倍優しい、大人しい性格であればなおさらです。

 

ですから、入社間もなく陰口を耳にしたとしても、

 

  • 新人の通過儀礼だ
  • 陰口を言う人はどこにでもいる

 

ととらえて、気にせず仕事だけに集中してしまいましょう。

 

対処法2:堂々としている

2つ目の対処法は、堂々とすることです。

 

先ほどお話しした通り、陰口を言う人は、人を選んで言っているところがあります。

 

言いやすい優しそうな人や大人しそうな人、新人などをメインターゲットにしてくるのです。

 

そのため、陰口に対して敏感になり、萎縮してしまっては相手の思うつぼ。

 

「こいつは陰口を言っても抵抗してこないやつだ!」

 

と思われ、エスカレートする恐れすらあります。

 

こんなことが続けば、萎縮してミスを連発するなど、仕事も上手くいくはずはありません。

 

上手くいくはずはありませんから、「言いたければ勝手に言ってろよ!」くらいな気持ちで堂々としていましょう。

 

堂々としている、涼しい顔をしているのであれば、それだけでターゲットにされにくくなります。

 

それに堂々とすることによって、本当に精神的にタフになり、気にならなくなるという効果も期待できます。

 

Sponsored Link

 

対処法3:仕事で結果を出す

3つ目の対処法は、仕事で結果を出すというもの。

 

職場に来ている理由はただ一つ、仕事をするためです。

 

そのため仕事が出来る人は必要とされるので、職場においての「強者」と言うことができます。

 

それでは反対に、陰口ばかりで結果を出せていない人は「弱者」と言えるでしょう。

 

であれば、新人時代になんと言われようと堂々としていて、数ヶ月後、数年後に結果を出すことだけに集中していればOKです。

 

大きな結果を出して「強者」となり、陰口ばかりの「弱者」を黙らせてあげましょう。

 

いくら陰口を言う人であっても、自分よりも明らかに仕事が出来る人、上司に評価されている人に対して言い続けることは簡単ではありません。

 

もっとも、あなたが結果を出してステージを上げていけば、陰口を言う暇な人のことなど気にならなくなりますが。

 

上に進んでいるあなたには、下でくすぶっている人など目に入りません。

 

まとめ

いかがでしょうか。

 

今回の記事では、「あいつ使えない」と陰口を言われた新人に対して、3つの対処法をご紹介しました。

 

  • 対処法1:新人の通過儀礼である
  • 対処法2:堂々としている
  • 対処法3:仕事で結果を出す

 

正直職場では足の引っ張り合いが横行するものなので、誰でも悪口、陰口は言われます。

 

なので新人なら何かしら言われているものです。

 

あなただけではありません。

 

そのため、仕事に対して誠実に向き合い、間違いがあれば素直に認め、日々成長していこうとしているのであれば、全く気にする必要はありません。

 

悪いことはしていないのですから堂々として、きちんと仕事で結果を出していきましょう。

 

【関連記事】
職場で悪口を聞きたくないあなたが取るべき8つの行動!?

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ