職場で完全に無能扱いされて辞めたくなったら

職場で完全に無能扱いされて辞めたくなったら

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

職場というものは、老若男女、様々な背景を持つ人が集まる場所。

 

その上利害関係があるので、合う合わないはもちろんのこと、蹴落とし合いも普通にあります。

 

このような状況ですから、性格が悪い人のターゲットにされてしまうと、たちまち無能扱いされてしまう恐れがあります。

 

そして無能扱いされてしまうと、職場での評価は上がりにくいので、モチベーション低下やミス連発といった負のスパイラルに陥りがち。

 

ここまできてしまうと、一度は「会社を辞めたい」と考えるものですが、この選択が正しいのか迷ってしまいますよね。

 

「つらいけど会社を辞めるのは逃げではないのか・・」

 

「無能扱いされて辞めるなんて情けない・・・」

 

Sponsored Link

 

職場、仕事を変えてもいい

これはあくまで私の見解ですが、職場で無能扱いされて辞めたいのであれば、職場や仕事を変えてもいいと思っています。

 

なぜなら、無能扱いされてしまったということは、職場や仕事が決定的に合っていない可能性がありますし、そこから巻き返すのは本当に大変だからです。

 

職場や仕事には合う合わないがある

職場や仕事には、相性や適性というものがあります。

 

そのため、相性が悪い職場で働いていたり、適性がない仕事を続けていても、本領発揮できないことが多いもの。

 

例えば、真面目で大人しい性格の方が体育会系上司のもとで働くケース。

 

他にも、黙々と確実に作業するのが得意な方が、コミュニケーション中心の仕事をするケースなどが挙げられるでしょう。

 

魚は水の中ではすいすい泳ぐことができますが、ひとたび地上に上がると何もできません。

 

こういったケースは完全にミスマッチですから、本領発揮することは難しく、そのため仕事の結果も出にくいです。

 

仕事の結果が出ないということは、一般的には上司からの評価も上がらないので、職場での評判も気になってきます。

 

仕事をする職場において、「イマイチな人」と思われているのですから、気になるのは当然のこと。

 

これだけでも精神的に参ってしまいますが、さらに性格が悪い人によって印象を操作される場合もあります。

 

具体的には、悪口や噂好きな性格の悪い人が

 

「あいつは何もできない」

 

「あいつは物覚えが悪い」

 

「あいつは使えない」

 

といったあることないことを吹聴し、周囲に「無能」な印象を強く植え付けていくのです。

 

たとえ仕事で結果が出ていないとしても、相性や上司の指導、努力の仕方といった様々な原因が考えられるので、別の職場や仕事では本領発揮できる可能性があります。

 

そのため、仮に今の仕事ではイマイチだとしても、無能でも何でもありません。

 

しかしここまでの状況になってしまうと、職場において「イマイチ」どころか「仕事ができない人」というレッテルを貼られているので、巻き返すのは困難を極めます。

 

ここから再度気持ちを奮い立たせること、そして一度下がった評価を上げることは本当に大変です。

 

そのため職場で無能扱いされているのであれば、思い切って職場を変えるのは有効策の一つだと私は思います。

 

あなたのよりよい未来のために、一度リセットするということです。

 

職場を変えるというのは、転職はもちろん異動も考えられます。

 

小さな会社での異動は、顔ぶれが変わらず意味がないかもしれません。

 

しかし、そこそこの規模で勤務地が変わるのであれば意味はあるでしょう。

 

勤務地が変われば、仕事内容や人間関係、職場の雰囲気も変わってくるはずですから。

 

評価についても、ゼロスタートとはいきませんが、ある程度まっさらで偏見のない状態で見てくれるかと思います。

 

そこでまたやれるだけやってみてからでも、転職を検討するのは遅くはありません。

 

この機会に自分を振り返る

そしてこの機会に、自分を振り返るということはやっておきたいところ。

 

自分を振り返るというのは、自分に合う職場、仕事を見極めることと、改善できる部分はないかを真剣に考えることです。

 

今の職場での経験から、どういった職場が合うのか、どういった仕事内容が合うのかは、ある程度見えてきているはず。

 

また、仕事のやり方においても、考え方、進め方、コミュニケーション、協調など、なんらかの課題が浮き彫りになっているでしょう。

 

それらを次の場所で活かすことによって、成功へとつなげていきます。

 

何事も初めからうまくいくわけがありません。

 

そのため誰でも失敗をしますが、そこから何かを学ぶことによって、失敗を失敗で終わらせないことが大切です。

 

Sponsored Link

 

会社に雇われずに自分で稼ぐ

ここまで職場で無能扱いされて辞めたくなった時には、異動や転職をするのは有効だという私の考え方についてお話ししました。

 

それともう一つ、インターネットを利用して自分で稼ぐという方法もお勧めですので、最後にそちらをご紹介します。

 

インターネットを利用して自分で稼ぐ方法というのは、例えば

 

ブログを作って広告を貼り、ブログの訪問者が広告をクリック、もしくはクリックした先で成約した際に報酬を受け取るビジネスが一つとして挙げられます。

 

いわゆる「広告収入」を得るということです。

 

この方法であれば、正しい手順を理解してひたすら努力を継続していけば、誰でも一定の成果を上げることは可能。

 

そのため、職場で辛い思いをしている方には、異動や転職という選択肢以外にも、会社に雇われずに自分で稼ぐという選択肢も持っておいて欲しいと思っています。

 

また、たとえ仕事が順調な方でも、体調不良やリストラ、倒産といったリスクは誰の身にも降りかかる恐れがありますから、余裕があるうちに力を付けておくことをお勧めします。

 

【関連記事】
アフィリエイトの全体像を把握する。稼ぐ仕組みはとてもシンプル。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ