総務の仕事内容にやりがいが持てない!?スキル不足で転職は難しいのか!?

総務の仕事内容にやりがいが持てない!?スキル不足で転職は難しいのか!?

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

仕事内容にやりがいが持てない・合わないと悩む方は少なくありません。

 

なぜなら、厚生労働省の調査「平成25年若年者雇用実態調査の概況」における初めて勤務した会社をやめた主な理由を見てみると、

 

労働時間・休日・休暇の条件がよくなかった 22.2%
人間関係がよくなかった 19.6%
仕事が自分に合わない 18.8%

出典:平成25年若年者雇用実態調査の概況

 

「仕事が自分に合わない」が第3位で18.8%を占めているのですから。

 

仕事内容にやりがいが持てない・合わないと、思うように結果が出ないことがあるので、ますますモチベーションが下がるという悪循環に陥りがちです。

 

ただ、やりがいに関して言えば、堀江貴文氏が言うように”自らの手で「つくる」もの”だと思っています。

やりがいとは「見つける」ものではなく、自らの手で「つくる」ものだ。そして、どんな仕事であっても、そこにやりがいを見いだすことはできるのだ。

出典:まだ東京で消耗してるの?

 

そこで今回は、私がサラリーマン時代に総務の後輩から相談を受けた

 

「総務の仕事にやりがいが持てない・・」

「総務は転職が難しそう・・」

 

について記事にしました。

 

総務の仕事内容にやりがいが持てないあなたのご参考になれば幸いです。

 

【関連記事】
仕事が続かない本当の原因と考えておくべき2つのこと!?

 

Sponsored Link

 

総務部とは

総務部とは、会社の事務業務および各部門の管理業務を担当する部門です。

 

総務の人気

総務の後輩は、総務の仕事内容について「誰でもできる仕事」「スキルアップしていない」と悩んでいましたが、一般的にはとても人気があるようです。

 

ソニー生命保険が2015年3月末に実施した「社会人1年目と2年目の意識調査2015」における

 

「現在、どの部署に配属されたいと思っているか」という質問に対する回答の第1位が「総務部」(20.7%)なのですから。

 

※対象:2015年4月に就職する、または就職して1年経つ20~29歳の男女1000人

 

最多は「総務部」(20.7%)だった。以下、「技術部」の16.9%、「人事部」の12.1%と続いた。

出典:JCAST 会社ウォッチ

 

調査結果では選んだ理由について触れていませんが、ネットには「楽」「安定」「マイペース」と想像する声が寄せられています。

 

確かに営業のようなノルマはないイメージがあるので、そうだとすれば精神的には楽なのかもしれません。

 

Sponsored Link

 

総務の仕事内容

総務部は、主に以下のような役割を担っています。

 

  1. 経営トップのサポート業務
  2. 他部門のサポート業務
  3. 全社通達
  4. 全社的活動の推進
総務の仕事内容にやりがいが持てない!?スキル不足で転職は難しいのか!?

出典:ML WEB

 

それだけではなく、「会社の顔」として外部との関係を良好に保つ役割も担っています。

 

具体的な仕事内容は、全社に関わる仕事、そして他部門がやらない仕事を一手に引き受けていると言えるでしょう。

 

  • 社内文書・備品・施設・環境・労務の管理
  • 防災・防犯対策
  • 社内行事
  • 社外関係

 

総務のやりがい

やりがいは作るものだとお話ししましたが、例えばどんなやりがいを作ることができるのでしょうか?

 

社員から感謝される

総務は全社に関わる仕事をしているので、毎日のように大事から雑用まで、様々な依頼が殺到します。

 

身近なところでは「廊下の蛍光灯が切れてるから変えて!」といった依頼が考えられます。

 

そうした時に素早く対応できれば感謝されるので、それにやりがいを感じることもできるでしょう。

 

また、全社員と接点があるので、全社員に顔と名前を覚えてもらえる可能性があります。

 

まだ管理職ではない社員が全社員から顔と名前を覚えてもらえることは、他の部署では難しいでしょう。

 

その上、依頼を受ける立場なので、誠実に対応すればポイントアップも望めます。

 

そういった意味で有利なポジションにいることが、やりがいに繋がることもあるでしょう。

 

会社の中枢

総務は経営トップのサポートをはじめ、会社の中枢としての役割を担っています。

 

総務の大きな仕事である「株主総会の準備」もその一つ。

 

ですので、直接経営に関わっていなくとも、会社の中枢を支えていることは間違いないので、そこにやりがいを感じることもできるでしょう。

 

出世コースかも!?

会社によっては、総務は出世コースの1つとされている場合があります。

 

他部署で高く評価されている人を幹部候補生として引き抜く、というのはよくある話です。

 

ですので、あなたがこの状況に該当していれば、「出世コースに乗っている!」「期待されている」ということが何よりのモチベーションになるはずです。

 

そうでなくても、経営陣のお眼鏡にかなっている可能性はあるので、経営陣の目の前で良い仕事をすれば、あなたの将来は明るいものになるはずです。

 

総務は転職が難しい?

さて、総務の後輩は「総務は転職が難しそう・・」というイメージを持っていましたが、どうなのでしょうか?

 

確かに「事務系」なので、技術部よりも専門スキルという点では物足りないイメージはありますが・・・

 

「スキルが身につかないと思う」という悩みに対する経済アナリスト・森永卓郎氏のアドバイスを見ていきましょう。

・特定の技術や華やかに見える職種ほど不安定

 

総務というのは素晴らしいスキルなんです。逆に、いろんな部署をゼネラリストとして経験してきて、その会社の管理職しかできない、というのが世間でいちばん通用しにくいスキルだと私は思いますよ。

 

転職市場から見ると、「総務がきちんとできます」というスキルを持っていることは、特定の技術しか持たない人よりも遙かに売りやすい。狭い技術を持ってる人ほど雇用は不安定なんです。

出典:リクナビNEXT

 

森永氏によれば、「総務がきちんとできる人は、特定の技術しか持たない人よりも売りやすい」と言います。

 

また、総務の事務・苦情処理といった仕事内容は地味な印象を与えますが、実はどの会社でも最も必要としているスキルだと付け加えています。

 

・お互いの利害の中で問題を調整できる力は貴重

 

1本の苦情の電話が入った時、最初にどう答えるかは、問題をその後とんでもなく大きくする可能性もあるし、逆にきちんと対応できれば、その場で収まっちゃう場合もある。

 

その場で収めるためには、明るく毅然と論理的で、しかも誠実に聞こえるよう、対処できなければならないわけです。

 

これを内部や外部ときちんとできる力が身につけば、サラリーマンとしてこれ以上のスキルはありません。まさにあなたの言う、どこでも通用するキャリアじゃないでしょうか。

出典:リクナビNEXT

 

森永氏のアドバイスをまとめると、総務は「スキルが身に付かない」「転職が難しい」どころか、どの会社でも通用するスキルを身に付けることができる良い環境だと言えそうです。

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

  • やりがいはつくるもの。
  • 例えば「社員から感謝される」「会社の中枢」「出世コースかも!?」というやりがい。
  • 総務がきちんとできることは立派なスキルで、どこの会社も必要としている。

 

総務の仕事内容は第三者の立場で見ると「雑用」「楽そう」というイメージもありますが、

 

その本質はやりがいに満ち、どこの会社からも必要とされるスキルを手に入れることができる環境と言うことが分かりました。

 

ですので、総務の仕事内容に誇りを持つべきですし、望む環境への転職も狙えるはずです。

 

いずれは倒産する

ここで、1点お話ししたいことがあります。

 

それは、日本経済の衰退にともない、誰もが知る超一流企業でも突然倒産するリスクが大きくなっているので、

 

これからの時代は、

 

「私の勤める会社もいずれは倒産するものだ」

 

という危機感を強く持って生きていく必要があるということです。

 

ただ、危機感を持つだけでは、いざ倒産してしまった時にパタリと収入がゼロになってしまいます。

 

そこで必要になるのは、会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力です。

 

ですので、総務の仕事内容にやりがいを持つことはもちろん、もう一歩踏み込んでその力を身に付ける努力を始めることをお勧めします。

 

現在、私はそういった将来の不安に備えて行動したいと思っている方に向けたメルマガを配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ