職場の人間関係がどうしても合わない時の4つの考え方!?

職場の人間関係がどうしても合わない時の4つの考え方!?
こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

職場、学校、ママ友・・生きていく上で人間関係と無縁ではいられません。

 

楽しみを共有したり励まし合ったりと良い面は多いのですが、上手くいかないとお互いを傷つけてしまう諸刃の剣ですよね。

 

しかも、人生の中で重要かつ多くの時間を過ごす職場での人間関係が合わないと気が滅入ってしまいます。

 

実際、厚生労働省の調査「平成25年若年者雇用実態調査の概況」によると、初めて勤務した会社をやめた主な理由の第2位が「人間関係」なので、

 

労働時間・休日・休暇の条件がよくなかった 22.2%

人間関係がよくなかった 19.6%

仕事が自分に合わない 18.8%

出典:平成25年若年者雇用実態調査の概況

 

多くの人にとっての悩みの種であることは間違いありません。

 

私も器用なタイプではなく、誤解されながらも少しずつ関係を構築するタイプですので、人間関係には苦労してきたと思っています。

 

【関連記事】
職場に馴染めないから辞めたい人に考えて欲しい5つの原因!

 

なので、私の経験から得た4つの考え方があなたのお役に立てるかもしれないと思いました。

 

Sponsored Link

 

人間関係が合わないとは?

まず、「人間関係が合わない」の意味するところは、基本は「自分に合わせてくれない」だと思っています。

 

自分に合わせてくれない相手に対して、「付き合いづらい」「自分勝手」「合わない」という印象を抱くということです。

 

職場においては、「会社(社風)」「社員(同僚、先輩、上司)」など様々な「合わない」があると思いますが、どれも根底にあるのは「合わせてくれない」だと思います。

 

もしそうだとすれば、私たちはどう考えるべきなのでしょうか?

 

4つの考え方

気にしない

あなたが合わないと感じているのであれば、相手もそう感じている恐れがあります。

 

また、そうでなくても、気にしすぎると相手に伝わってしまうので、人間関係の悪化に繋がりかねません。

 

なので、合わないということは気にせず、「仕事を遂行する仲間」とだけ考えた方が良いでしょう。

 

相手を変えようとしない

合わないと相手に問題があるかのように考える人は少なくないと思います。

 

問題があるとまでは思っていなくても、無意識的に相手に変わって欲しいと望んでいることもあります。

 

しかし、人の考えや行動を変えることは並大抵のことではありませんし、そもそもその人の自由なので、相手を変えようとしてはいけません

 

自分も相手も辛くなるだけです。

 

自分を変える

ただ、相手は変わらなくても、自分はすぐに変わることができます

 

ですので、「合わないというだけで、相手の人格を一方的に決めつけていないか?」を今一度考えてみるとよいかもしれません。

 

人間は長所と短所がありますし、見方やケースによっては短所が長所になることも多分にあるからです。

 

また、合わないと相手の悪いところばかり目についてしまいますが、反対に良いところを探すように意識すると、意外に共感できる部分があるかもしれません。

 

その他、誤解を恐れずに言えば反面教師と考えて自己成長に繋げることもできるはずです。

 

深く関わらない

「じっくり話せば分かるはず」だと無理に接点を増やしたり、機嫌を取ろうとしても良いことはありません。無理をしていることは相手にも伝わりますので。

 

なので、話す機会があれば、相手が気持ちよく話ができるように相槌を打ち、かつ仕事の話だけに留めることが大切だと思います。

 

「人間関係が合わない」を「自分に合わせてくれない」だと解釈しているとはいえ、相性というものは存在しますので。

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

4つの考え方の中でお役に立てるものがあれば幸いです。

 

ただ、職場の人間関係が合わないことが原因で、心身の健康を損なうようであれば、その場で一生耐え続けるのではなく、会社に雇われずにお金を稼ぐ力を身に付けることをお勧めします。

 

何より大切なことはあなたの心身の健康ですし、会社に雇われるというのはお金を稼ぐ一手段にすぎないのですから。

 

それでなくてもこれからの時代は、日本経済の衰退にともない、誰もが知る超一流企業でも倒産のリスクが大きくなってきています。

 

そして、いざ倒産した時にあなたに必要になるのは、お金を稼ぎ続ける力です。

 

その力がなければ、パタリと収入がゼロになり、路頭に迷う恐れがあります。

 

こういった状況ですので、体調を崩してしまっている方はもちろん、その他のサラリーマンも

 

「自分の身は自分で守る」

 

という意識が今まで以上に必要になってきています。

 

現在、私はそういった将来の不安に備えて会社に雇われずにお金を稼ぐ力を身に付けたい方に向けたメルマガを配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ