正社員が仕事を辞めたい理由が「人間関係」は甘えなのか

正社員が仕事を辞めたい理由が「人間関係」は甘えなのか

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

人間関係の悩みはどこにいってもついて回り、職場の人間関係が悪いと辞めたくなることもあります。

 

ただ、特に正社員の場合は「もったいない」という気持ちが強くなるので、なかなか結論が出せないものです。

 

  • このご時世なので、正社員を辞めるのはもったいない。
  • 人間関係を理由に辞めるのは甘えなのかも。
  • 転職しても人間関係の苦労はあるだろうし。

 

そういった時に後悔しない選択ができるように、世のサラリーマンが仕事を辞めた理由や、正社員のメリットについて記事にしました。

 

Sponsored Link

 

仕事を辞めた理由

人間関係を理由に仕事を辞めるのは「甘え」「堪え性がない」という風潮がありますが、本当にそうなのでしょうか?

 

その疑問を解き明かすため、リクナビNEXTが実施した調査「退職理由の本音ランキング ベスト10」を見ていくと、

 

退職理由のホンネランキング

1位 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった 23%

2位 労働時間・環境が不満だった 14%

3位 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった 13%

4位 給与が低かった 12%

5位 仕事内容が面白くなかった 9%

6位 社長がワンマンだった 7%

7位 社風が合わなかった 6%

7位 会社の経営方針・経営状況が変化した 6%

7位 キャリアアップしたかった 6%

10位 昇進・評価が不満だった 4%

出典:リクナビNEXT

 

退職理由の多くが人間関係であることが見て取れます。

 

「1位 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」「3位 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった」「6位 社長がワンマンだった」

 

「1位 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」に関して言えば、

 

  • 自分の考えが全て正しいと思っている
  • 全て精神論でなんとかしようとする
  • 自分の失敗を部下に押し付ける
  • 部下の成果を自分の手柄にする
  • 機嫌が悪いと怒鳴り散らす

 

といったことから気持ちよく働けずに退職を決意するケースが多いです。

 

現実には「キャリアアップしたい」といった前向きな退職理由を聞くことがありますが、

 

以下の「退職理由のタテマエランキング」を見ると分かるように、建前として使っているケースもあるので、

 

退職理由のタテマエランキング

1位 キャリアアップしたかった 38%

2位 仕事内容が面白くなかった 17%

3位 労働時間・環境が不満だった 11%

3位 会社の経営方針・経営状況が変化した 11%

5位 給与が低かった 7%

6位 雇用形態に満足できなかった 4%

6位 勤務地が遠かった 4%

6位 仕事に対する責任がなく物足りなかった 4%

9位 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった 2%

9位 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった 2%

出典:リクナビNEXT

 

私達が見聞きしている以上に人間関係で悩んでいる人が多いと言えるでしょう。

 

また、人間関係で仕事を辞めたいと言うと、「甘えているだけ」「堪え性がない」といったイメージが先行するので、

 

いかにも本人だけに問題があるかのように思われがちですが、人間関係とは相手がいて始めて成立するものです。

 

ですので、悩みの種である相手(上司・先輩・同僚)に大きな問題があるケースもあるでしょう。

 

例えば、近年すっかり定着した「パワハラ」「モラハラ」「セクハラ」をする社員は少なからず存在しますし、

 

そこまでいかなくても「高圧的」「意地悪」な社員はどこにでもいるのですから。

 

そして、真面目・優しい・不器用な社員が標的になりやすい傾向があり、その性格ゆえに一人で思い悩んでしまうことも少なくありません。

 

そうした場合、どちらに問題があるのかは一目瞭然ですよね。

 

【関連記事】
職場の先輩・上司を嫌いな理由ランキング!?

 

正社員のメリット

ここまで見てきた通り、人間関係を理由に仕事を辞めるのは普通のことなので、それに対して思い悩む必要はないかと思います。

 

ただ、正社員には様々なメリットがあり、転職した時に正社員として採用される保証はないので、

 

それを踏まえた上で、辞めるべきかを考えてみてください。

 

ここでは、正社員のメリットをいくつかピックアップしていきます。

 

給料

厚生労働省の「平成26年賃金構造基本統計調査 結果の概況」を見ても、

 

正社員と正社員以外とでは給料額と伸び率が大きく異なることが分かります。

 

20代前半ではそれほど差はありませんが、30代から50代にかけて大きく差が開いていきます。

 

 

女性も男性ほどではありませんが確実に差が出ており、逆転することはありません。

 

 

 

【関連記事】
フリーターで将来が不安なあなたに知って欲しい意外な活路!?

 

福利厚生・社会保険・退職金

ついつい当たり前になってしまいがちですが、

 

福利厚生(住宅、健康、能力開発)、社会保険(健康保険、厚生年金保険)、退職金

 

をはじめとする恩恵を受けていることを忘れてはいけません。

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

人間関係を理由に仕事を辞めたいのは甘えではなく普通のことですが、正社員には多くのメリットがあるので、それを踏まえて納得のいく選択をしていただけたらと思います。

 

ただし、人間関係の悩みがあまりにも深刻で、毎朝のように会社に行きたくないと考えていたり、体調を崩してしまうようであれば、

 

私は会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力を身につけることをお勧めします。

 

転職活動をするにも多くの人と関わり上手くいかないこともあるので、体調を崩している状態では負担が大きいですし、転職先でも人間関係の悩みを抱える恐れがあるからです。

 

思いやりのある優しい人ほど人間関係の悩みを抱えがちで、それゆえに転職先でも同じ悩みを抱えやすくなってしまっています。

 

そうでなくても現代は日本経済の衰退にともない、誰もが知る超一流企業でも突然倒産してしまうリスクがどんどん大きくなっています。

 

いざ倒産してしまった時に自分でお金を稼ぐ力がなければ、一時的にしろ収入がゼロになる恐れがあります。

 

ですので、人間関係の悩みを抱えて体調を崩してしまっているあなたも、出世街道をひた走っているサラリーマンも、

 

私が勤めている会社もいつかは倒産するものだ

 

という意識を強く持つと同時に、会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力を身につけておく必要があるのです。

 

実際、このような社会の変化を敏感に察知して、密かに対策を打ち始めているサラリーマンや、独立して生計を立てる人が増えてきています。

 

現在、私はそういった将来の不安に備えて会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力を身につけたい方に向けたメルマガを配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ