職場の上司のえこひいきでストレス満開のあなたに

職場の上司のえこひいきでストレス満開のあなたに

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

あなたの職場には、お気に入り社員の肩をもつえこひいき上司はいませんか?

 

  • お気に入り社員だけ態度・話し方・指導が甘い
  • 同じ結果を出しているのにお気に入り社員だけ評価が高い

 

あまりにえこひいきが過ぎると、同僚はストレスが溜まりますし、仕事に支障をきたす恐れもあります。

 

しかしながら、他人を変えることは不可能なので、あなたの受け取り方を変えていくしかありません。

 

Sponsored Link

 

対策1:えこひいきを受け入れる

人間には合う合わない・好き嫌いがあるので、相手によって態度を変えるのは普通のことです。

 

それでも仕事には私情を挟むべきではありませんが、現実はえこひいきだらけ・・

 

ですので、えこひいき上司はもちろん、お気に入り社員、さらには態度に差をつけられている自分にまでイライラしてしまうもの。

 

イライラしてしまうのは自然なことですが、あなたにとって良いことはありません。

 

であれば、人間とはそういうものだと受け入れる方が、よっぽど心の平穏を保つことができます。

 

そうしているうちに、えこひいき上司が異動するかもしれませんよ。

 

数年間を一区切りとして異動させる会社は少なくないので、一生の付き合いではないと割り切ることも有効です。

 

対策2:えこひいきされる側になる

受け入れるだけでなく、えこひいきされる側になるという方法もあります。

 

お気に入り社員は不公平でも何でも高く評価される傾向があるので、

 

あなたもえこひいきされれば、出世をはじめあらゆる場面で特をするのは明らかです。

 

ですので、えこひいきされている理由を理解し、取り入れていきましょう。

 

お気に入り社員にはどんな特徴があり、えこひいき上司とどんな関係を築いているのでしょうか?

 

  • 上司を褒めちぎっている
  • 上司にとって都合のよいイエスマンである
  • 気を利かせている
  • 職場のムードメーカーである
  • 公私ともに良い関係を築いている
  • 上司の好きなタイプの人間である

 

こういった要素によって上司に「嬉しい」「使える」「信頼できる」と思わせ、その結果えこひいきされていると考えられそうです。

 

ただ、お気に入り社員は戦略的に気に入られているケースが多いので、

 

ある意味では「腹黒さ」がないと徹しきれないかもしれません。

 

それでも、「気を利かせる」「可愛げのある言動」「たまにお世辞を言う」といった簡単なことなら実行しやすいので、

 

それらを積み上げてあなたに対する印象を良くしていきましょう。

 

【関連記事】
会社で理不尽な評価を受けて辞めたいあなたに

 

Sponsored Link

 

対策3:圧倒的な結果を出す

お気に入り社員は上司に取り入るのがうまいことは間違いありませんが、きちんと結果を出しているケースも少なくありません。

 

であれば、あなたがそれ以上の圧倒的な結果を出せば、あなたに注目せざるを得ないでしょう。

 

だからといって、態度の改善や高評価に直結するとは言えませんが、あなたにとってプラスになることは間違いありません。

 

スキルはアップし、同僚からの評価も上がるのですから。

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

えこひいき上司はどこの職場にもいるので、あなたが変わることによって上手にしのいでいきましょう。

 

ただ、お気に入り社員に甘い反面、あなたに辛く当たるケースもあり、そうなるとストレスで体調を崩してしまうこともあります。

 

そうした場合には、その職場で一生耐え続けるのではなく、

 

会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力を身につける

 

ことをお勧めします。

 

なにより大事なことはあなたの心身の健康ですし、会社に雇われるというのはお金を得る一手段に過ぎないのですから。

 

そうでなくても現代は、経済の衰退にともない、誰もが知る超一流企業でも突然倒産してしまうリスクがどんどん大きくなっています。

 

ですので、サラリーマンである以上、

 

「私が勤めている会社もいつかは倒産するものだ」

 

という意識を強く持つと同時に、会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力を身につけておく必要があります。

 

その力がなければ、いざ倒産してしまった時に、一時的にしろ収入がゼロになってしまいます。

 

このご時世なので、すぐに再就職先が見つかるとは限りませんので。

 

実際、このような社会の変化を敏感に察知し、密かに対策を打ち始めているサラリーマンや、独立して生計を立てる人が増えてきています。

 

「私の会社は一流企業だから大丈夫。私は評価されているから大丈夫。」

 

という考え方が一番危険ですので、自分事として捉えることをお勧めします。

 

現在、私はそういった将来の不安に備えて会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力を身につけたい方に向けたメルマガを配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ