人付き合いが苦痛で仕事を辞めたくなったら

人付き合いが苦痛で仕事を辞めたくなったら

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

人と関わるのが苦手な人にとって、職場の付き合いは苦痛に感じることが多いもの。

 

そしてその気持ちが積もり積もると、仕事に行くのが嫌になったり、心身のバランスを崩してしまう恐れがあります。

 

しかしながら、一般的に「人付き合いが苦痛」という理由で仕事を辞めることに対するイメージはネガティブです。

 

  • 人付き合いが苦痛で会社に行きたくないのは甘えだ
  • 人付き合いが苦痛で会社を辞めるのは逃げだ
  • 転職しても、結局人付き合いはあるんだから

 

そこで今回は、人付き合いが苦痛という理由で仕事を辞めてもいいのか?人付き合いを苦痛に感じる人にお勧めの仕事は?

 

について記事にしていきます。

 

Sponsored Link

 

人付き合いが苦痛で仕事を辞めてもいい?

あなたは「人付き合いが苦痛」という理由で仕事を辞めることに罪悪感を覚えているのかもしれません。

 

そんなあなたには、リクナビNEXTの調査「退職理由のホンネランキングベスト10」を見ていただきたいと思います。

 

退職理由のホンネランキング

1位 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった 23%

2位 労働時間・環境が不満だった 14%

3位 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった 13%

4位 給与が低かった 12%

5位 仕事内容が面白くなかった 9%

6位 社長がワンマンだった 7%

7位 社風が合わなかった 6%

7位 会社の経営方針・経営状況が変化した 6%

7位 キャリアアップしたかった 6%

10位 昇進・評価が不満だった

出典:リクナビNEXT

人間関係に関する退職理由がずらりと並んでいることが見て取れますね。

 

「1位 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」「3位 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった」「6位 社長がワンマンだった」

 

そして、「7位 社風が合わなかった」も含めることができるでしょう。

 

特定の人物との関係に関する悩みではなくても、職場・社員のカラーに合わないということですので。

 

これら4つの理由を合計すると、実に49%にも上ります。

 

「3位 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった」に関して言えば、

 

  • 意地の悪い先輩がいる
  • 好き嫌いで態度を変える同僚がいる
  • なぜか態度がでかい後輩がいる
  • 職場に悪口・噂話が飛び交い、加わらないと仲間はずれにされる
  • 公私混同が激しい

 

といった状況が考えられます。

 

人付き合いが好きな人・得意な人にとっては、意地の悪い先輩を手のひらで転がしたり、上手に噂話に加わることができるのかもしれません。

 

しかし、真面目・誠実・不器用・前向きな人ほどこういった職場に違和感を覚え、苦痛を感じ、

 

時には「こんな社員では会社の将来に期待できない」と考えて会社を辞めていくようです。

 

【関連記事】
職場の先輩・上司を嫌いな理由ランキング!?

 

周囲に「人付き合い」を理由に会社を辞めた人はいない?

ここであなたは、

 

周囲に「人付き合い」を理由に会社を辞めた人はいない・・

 

と考えているかもしれません。

 

そう感じるのには、きちんとした理由があります。

 

先ほどと同じくリクナビNEXTの調査「退職理由のタテマエランキング」から分かるように、

 

退職理由のタテマエランキング

1位 キャリアアップしたかった 38%

2位 仕事内容が面白くなかった 17%

3位 労働時間・環境が不満だった 11%

3位 会社の経営方針・経営状況が変化した 11%

5位 給与が低かった 7%

6位 雇用形態に満足できなかった 4%

6位 勤務地が遠かった 4%

6位 仕事に対する責任がなく物足りなかった 4%

9位 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった 2%

9位 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった 2%

出典:リクナビNEXT

 

「キャリアアップしたかった」といった建前の退職理由を使用するケースがあるからです。

 

1位の「キャリアアップしたかった」という理由はある意味定番なので、あなたも耳にしたことがあるかもしれませんね。

 

確かにキャリアアップ転職をする人は大勢いますが、一方では「建前の退職理由」として使用されることもあるということです。

 

これを「退職理由のホンネランキング」とあわせて考えると、

 

人間関係の悩みを理由に退職したけれども、「キャリアアップしたかった」という建前の理由を使用している人がいると言えるでしょう。

 

転職活動の面接において、「人間関係の悩みで・・」というある意味ネガティブな退職理由を伝えるよりも、

 

「キャリアップしたくて!」という前向きな理由を伝える方が採用に一歩近づくと考えるのが自然ですよね。

 

ですので、あなたと同じように人付き合いを苦痛に感じ、実際に退職している人が少なくないことを知っておいてください。

 

人付き合いを苦痛に感じる人にお勧めの仕事

人付き合いを苦痛に感じるのであれば、なるべく人との接点が少ない仕事の方が向いていると考えられます。

 

であれば、営業・接客よりは事務・技術・工場、そして在宅ワークに行き着きます。

 

人付き合いが苦手な人は、真面目な性格の人が多いので、上司が見ていない在宅ワークでも、きちんと自分の仕事をすることができるはずです。

 

特に私がお勧めしたいのは、インターネットビジネスです。

 

近年はインターネット環境の発達・普及によって、インターネットはとても身近なものになりました。

 

ただ、インターネットビジネスと言われても、

 

  • インターネットビジネスって何?
  • インターネットビジネスなんていかにも怪しそう
  • インターネットビジネスで本当に稼げるの?

 

といったネガティブな印象を抱く人は少なくありませんが、実際はそんなことはありません。

 

なぜなら、誰もが知る「Google」、「ヤフー」、「楽天」といった大企業がインターネット広告等で大きな収益を得ており、

 

大枠としては同じことを個人が行うだけなのですから。

 

また、多くの人は新しくチャレンジすることに対してネガティブなので、そういった意味でも不安を覚えているのかと思います。

 

それは自然な感情ですが、人付き合いが苦痛な人にとって、インターネット社会の到来は渡りに船なので、

 

少しずつ不安や疑問を解消しながら、チャレンジされることをお勧めします。

 

Sponsored Link

 

今後必要になる力

いかがでしょうか?

 

人間関係の悩みを理由に仕事を辞めている人は多いので、それに対して罪悪感を覚える必要はないかと思っています。

 

あなたができることをやって、それでも苦痛に感じているのでしたら、体調を崩してしまう恐れもあるので、ご無理なさらないでください。

 

そういった時には、先ほどお話ししました通り、インターネットビジネスをお勧めしているのですが、ここでもう一つお話ししたいことがあります。

 

現代は経済の衰退にともない、超一流企業でも突然倒産するリスクがどんどん大きくなっているので、

 

会社に雇われている以上、

 

「私の勤めている会社もいつかは倒産するものだ」

 

という意識を強く持つと同時に、会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力が必要になってきているということです。

 

その力がなければ、いざ会社が倒産してしまった時に、一時的にしろ収入がゼロになってしまいます。

 

このご時世、すぐに再就職先が見つかるとは限りませんので。

 

そして、ここで言う会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力の1つとして考えられるのがインターネットビジネスなのです。

 

実際、このような社会の変化を敏感に察知し、密かに対策を打ち始めているサラリーマンや、独立して生計を立てる人が増えてきています。

 

「私の会社は一流企業だから関係ない。私は優秀だから関係ない。」

 

といった考え方が一番危険ですので、自分事として捉えていただくことをお勧めします。

 

現在、私はそういった将来の不安に備えて会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力を身につけたい方に向けたメルマガを配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ