25歳のニート女性に考えて欲しい就活以外の2つの選択肢!?

25歳のニート女性に考えて欲しい就活以外の2つの選択肢!?

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

この記事をご覧いただいているあなたは、非常に前向きな女性なのだと思います。

 

事情があってニートだけれども、なんとか就活して「自立したい」と考えているはずですので。

ニートとは、就学、就労、職業訓練のいずれも行っていないことを意味する用語であり、日本では、15~34歳までの非労働力人口のうち、通学しておらず、家事を行っていない「若年無業者」を指している。

出典:wikipedia

 

他にも、「両親に安心してもらいたい」「世間体が気になる」など、様々な要因があなたを突き動かしていることと思います。

 

もちろん、就活して社会経験を積むことは素晴らしいのですが、その前に考えて欲しいことがあります。

 

それは、ニートになった原因です。

 

例えば、

 

  • 就職活動に失敗して進路が決まらなかった
  • 就職したけれども、ブラック企業だった
  • 就職したけれども、体調を崩してしまった
  • 就職したけれども、会社に馴染めなかった

 

など、人の数だけ原因があることでしょう。

 

【関連記事】
就職活動に失敗した時に知っておきたい意外な進路!?

 

そして、就職した会社が「長時間労働」「パワハラ」「賃金の未払い」等が常態化したブラック企業だったというケースはありますが、コミュニケーションが苦手など本人の性格が原因となるケースもあるはずです。

 

そうした場合、再度同じ問題に直面する恐れがあるので、あなたにとって就活することが最適な選択肢ではないのかもしれません。

 

 

とはいえ、生活していくためには収入を得る必要があるので、就活以外の2つの選択肢を紹介させてください。

 

Sponsored Link

 

結婚することで求められる存在に

25歳は言うまでもなく若いので、婚活市場での需要がとても高いはずです。

 

その上、あなたのようにニートから脱出するために就活を考えている前向きな女性であれば、引っ張りだこではないでしょうか?

 

会社で働いていても、結婚を機に寿退社されることは一般的ですし、専業主婦になれば世間体を気にする必要はなくなるでしょう。

 

それに、旦那さんやお子さんから必要とされますし、ご両親も喜んでくれるに違いありません。

 

中には「逃げ」だと考える真面目な女性もいらっしゃるかもしれませんが、私はそんなことはないと思っています。

 

働くことは、自立・自己成長・社会貢献といった意味で大切なことですが、それを(十分に)経験していないことに負い目を感じる必要はないという考え方です。

 

専業主婦も立派なお仕事なので、専業主婦として一生懸命に旦那さんを支え、お子さんに愛を伝えてあげれば良いのです。

 

Sponsored Link



 

ネットビジネスで自由にお金を稼ぐ

結婚は考えていない、もしくは社会経験を積みたいという女性は、やはり就活して生活費を稼ぐ必要が出てくると思います。

 

ただ、就活以外にも、ネットビジネスで稼ぐという選択肢が存在することをご存知でしょうか?

 

ネットビジネスと言われても、

 

  • ネットビジネスなんて想像できない・・
  • ネットビジネスっていかにも怪しそう!
  • ネットビジネスで本当に稼げるの?

 

とネガティブな印象を抱く人は少なくないと思いますが、全くそんなことはありません。

 

誰もが知っている「Google」、「ヤフー」、「楽天」といった大企業がインターネット広告等で大きな収益を獲得しているのですから。

 

つまり、規模は違えど同じことを一個人が行うということです。インターネット環境の普及がそれを可能にしました。

 

しかも、インターネット環境さえあれば開始できるので、コミュニケーションが苦手な方や人間関係のトラブルにこりごりな方、体調が優れない方には最適なのです。

 

また、就職したとしても、誰もが知る超一流企業でも突然倒産するリスクが大きくなっている以上、

 

「私が勤めている会社も、いつかは倒産するものだ」

 

という意識を強くもつとともに、会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力(ネットビジネス)を身につけておくことをお勧めします。

 

でなければ、いざ倒産してしまった時にパタリと収入がゼロになる恐れがあります。

 

現在、私はそういったネットビジネスで自由にお金を稼ぐ力を身につけたい方に向けたメルマガで配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ