人見知り・無口な人に向いてる仕事10選と新たな選択肢!?

人見知り・無口な人に向いてる仕事10選と新たな選択肢!?

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

人見知りな人や無口な人は、多くの人と接する仕事は避けたいもの。

 

お客様と直接関わる接客や営業はもってのほかで、できるだけ同僚とも関わらずに済む仕事を選びたいですよね。

 

Sponsored Link

 

人見知り向け職業ランキングトップ10(米国)

できるだけ人と関わずに済む仕事をお探しでしたら、

 

アメリカの求人情報サイト「CareerCast」が発表した「内向的な人向け職業10傑」に目を通してみてください。

 

1位 天文学者
2位 地球科学者
3位 ソーシャルメディアマネージャー
4位 映像編集者
5位 裁判記録係
6位 公文書保管人
7位 工業機械修理
8位 医療事務
9位 金融窓口サービス
10位 動物に関する仕事

※キャリアキャストの社長が経験をベースに独断で選んだもの

出典:バズプラスニュース

 

あくまでもアメリカのランキングなので、日本では馴染みのない仕事もありますが、

 

人見知りな人には学者や専門職、事務職、理系の仕事が向いている傾向は見て取れます。

 

以下、ランクインした理由をピックアップして見ていきましょう。

 

1位 天文学者

ひたすら研究に没頭する仕事。

 

5位 裁判記録係

起こったことを淡々と記録する仕事。

 

6位 公文書保管人

家のように気楽に過ごせる仕事場。

 

10位 動物に関する仕事

動物と接する時間が長い分、人と接する時間は短い。

 

これに対してネットには、「突っ込みどころが多い!」といった声が多く寄せられているので、賛同者はそれほど多くなさそうです。

専門職すぎるんですがそれは・・、しかも学者なんて給料めちゃ不安定でしょ

動物もスタッフという人間に関わるし、これ全て関わるじゃんw

出典:J-CAST 会社ウォッチ

 

とはいえ、どれも人との接点が少なめで、かつ自分の世界に没頭できる仕事だとは言えるでしょう。

 

【関連記事】
職場で孤立して辞めたい時に講じるべき5つの対策!?

 

日本ではどんな仕事が考えられるのか?

アメリカ以上に日本での人見知りな人・無口な人向きの仕事が知りたいので、

 

2014年にキャリアコンパス(DODA)が発表した「真面目な人が多い職種トップ20」を見ていきましょう。

 

人見知りな人は真面目な人でもあるケースが多いので、参考になる部分があるかと思います。

 

94職種のビジネスパーソンを対象に「職場に多い社員のタイプ」について調査した結果、「真面目な人が多い」と回答した人が多い職種ほど上位にランクインしています。

 

真面目な人が多い職種トップ20

1位 運用(ファンドマネジャー/ディーラー/アナリスト) … 87.5%
2位 不動産企画/プロパティマネジメント … 85.7%
3位 測量/積算 … 84.2%
4位 生産管理 … 80.6%
5位 投資銀行業務 … 80.0%
6位 プロジェクトマネジャー … 79.2%
7位 財務 … 78.9%
8位 クリエイティブディレクター/アートディレクター … 77.8%
9位 社内SE … 77.4%
10位 薬剤師 … 75.0%
10位 広報/IR … 75.0%
10位 バックオフィス/ミドルオフィス … 75.0%
13位 金融事務 … 74.4%
13位 マーケティング … 73.8%
13位 知的財産/特許 … 73.3%
16位 品質管理/品質保証 … 73.1%
17位 設計(ビル/マンション/商業施設) … 72.2%
17位 SE・プログラマ … 72.0%
19位 組み込み/制御設計 … 71.0%
20位 人事 … 70.6%

出典:キャリアコンパス

 

第1位は「運用(ファンドマネジャー/ディーラー/アナリスト)」で、この職場の87.5%の人が「真面目な人が多い」と回答しています。

 

確かに「ファンドマネジャー/ディーラー/アナリスト」は、真面目で優秀でないと勤まらないイメージがあるので納得がいきます。

 

続けて第2位は「不動産企画/プロパティマネジメント 」(85.7%)、第3位は「測量/積算」(84.2%)、第4位は「生産管理」(80.6%)という結果から、

 

真面目・正確・精密といった資質が求められる専門性の高い職業がランクインしている傾向が見て取れます。

 

それと同時に、ある程度自分の世界に没頭できる仕事、不特定多数のお客様と接することがない仕事とも言えそうです。

 

その他、とあるQ&Aサイトに「できる限り人と関わらずに働ける仕事に就きたい」という相談が寄せられた際には、

 

「ハイヤーの運転手」「農業」「通関士」「個人事業主」といった仕事が紹介されました。

「会社の役員1人を送り迎えするハイヤーの運転手」

「農業」

「通関士」

「クリエイティブ関係の個人事業主」

出典:J-CAST 会社ウォッチ

 

こちらも難易度高めの仕事が並んでいますが、人見知り向きではあると思うので、頭の片隅に入れておくと良いでしょう。

 

Sponsored Link

 

人見知り・無口な人に新たな選択肢を

ここでもう一つ、あなたに新たな選択肢を紹介させてください。

 

新たな選択肢とは会社に雇われずに自分でお金を稼ぐこと、より具体的には自宅にいながらインターネットでお金を稼ぐ仕事です。

 

この仕事であれば、基本的にはネット上で完結することができますので。

 

ちょっと寂しく感じる環境ではありますが、人見知りの悩みが深刻な人には適した環境の一つだと思っています。

 

そうでなくても、会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力というのは、世のサラリーマンに必要な力になってきています

 

なぜなら日本経済の衰退にともない、誰もが知る超一流企業でも突然倒産してしまうリスクがどんどん大きくなっているからです。

 

ですので、いざという時にその力がなければパタリと収入がゼロになり、路頭に迷う恐れがあります。

 

実際、このような社会の変化を敏感に察知し、密かに対策を打ち始めているサラリーマンや、独立して生計を立てる人が増えてきています。

 

現在、私はそういった人見知り向けの仕事を探している方、将来の不安に備えたい方に向けたメルマガを配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ