仕事のモチベーションを高く保てない原因は職場環境にあるかも

仕事のモチベーションを高く保てない原因は職場環境にあるかも

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

モチベーションを高く保つことができれば、サラリーマン人生はとても充実したものになってきます。

 

しかしながら、社員・職場の雰囲気・労働環境・給料・仕事内容といった様々な要因が絡んでくるので、思うように保てないこともあります。

 

例えば、多くの方が実感している通り、職場の雰囲気が悪ければモチベーションはだだ下がりです。

 

そこで今回は、海外のビジネス情報サイト「Inc.」を参考にBizLadyが紹介している「モチベーションが下がりまくる職場の特徴5つ」を一緒に見ていきましょう。

 

Sponsored Link

 

モチベーションが下がりまくる職場の特徴5つ

特徴1:ネガティブすぎる人物がいる

ネガティブは「マイナス思考」「消極的」といった意味で使われることが多い言葉ですが、ここでは「否定的」という意味で捉えてください。

 

あなたの職場にもいませんか?

 

会社や社員を否定するだけ否定して、解決策を提案しないネガティブな人が。

 

こういった人がいると職場の空気が悪くなるのに、本人はそれに気づいていないのでとても厄介です。

 

【関連記事】
職場の先輩・上司を嫌いな理由ランキング!?

 

特徴2:成長しない職場

時代の変化に対応しながら日々成長していく会社であれば、社員の成長機会も多くなってくるので、自然とモチベーションが上がるものです。

 

しかし反対に、過去に成功した手法に固執している会社はいずれ取り残されてしまい、成長機会も少なくなってくるので、モチベーションを高く保つのは難しくなるでしょう。

 

「結局は本人次第!」という意見もあるかと思いますが、それでも会社の成長感が社員に与える影響は大きなものだと考えています。

 

特徴3:時間を無駄にする

あなたも「なんでこんなことに時間を使っているんだろう?」と思ったことはありませんか?

 

例えば、存在意義がよく分からない会議。

 

存在意義がよく分からないので会議のゴールが見えず、だらだらと時間ばかりを浪費する上、決定事項も不明瞭

 

「この会議で何を決めたいの?」

「会議のための会議になってないか?」

 

これでは参加する社員のモチベーションが上がるはずはなく、空気も悪くなってしまいます。

 

人生と同じく仕事でも与えられた時間に限りがあることを強く認識していかなければなりません。

 

Sponsored Link

 

特徴4:コミュニケーションがない

コミュニケーションがなければ、日々の業務が円滑に進みません。

 

きちんと情報が伝わらないことによって認識違いが発生し、しかも確認機会も少なくなるので、間違えたまま進んで取り返しのつかないことになる恐れがあります。

 

そうならないためには、常日頃からコミュニケーションを取り、いつでも気軽に話ができる関係を築いておくことが必要になってきます。

 

そうすることで職場の雰囲気も良くなるので、モチベーションは自然と上がってくるでしょう。

 

今はなんでもメールや内線電話で済ませてしまうという話も聞くので、

 

便利なツールを使いつつも重要なポイントでは直接コミュニケーションを取っていきたいですね。

 

特徴5:リーダーが悪い

「組織はリーダーの器以上に大きくならない」と言われる通り、リーダーが悪いと組織、そして社員にも悪影響を及ぼします

 

ただ、組織のトップはそうそう変わるものではないので、各職場のリーダー、そして一社員がリーダーシップを身につける必要が出てきます。

 

そうすることで、モチベーションはもちろん、会社の業績も上向きになることが期待できます。

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

あなたにやる気があり、かつモチベーションを上げる努力をしても、こういった職場にいると自然とモチベーションが下がってしまいます。

 

だからと言って、職場の雰囲気を一個人が改善するのはかなり難しいもの。

 

ですので、そういった場合は会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力を身につけておくことをお勧めします。

 

近年は日本経済の衰退にともない、日本を代表する企業でさえ経営危機に直面している状況なので、

 

職場の雰囲気に問題があるのなら他人事ではありません。

 

そして、いざ倒産してしまった時にその力がなければ、パタリと収入がゼロになり路頭に迷ってしまう恐れがあります。

 

このご時世、すぐにあなたの希望に合い、能力を活かせる職場に出会えるとは限りませんので。

 

実際、このような社会の変化に危機感を覚え、密かにその力を身につけているサラリーマンや、そこから独立起業する人も増えてきています。

 

「私が勤める会社は大手企業だから関係ない」

「私は仕事で結果を出しているから関係ない」

 

という考え方が一番危険ですので、「明日は我が身」の意識を強く持ち、行動に移していくことをお勧めします。

 

現在、私はそういった社会の先を見据えて会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力を身につけたい方に向けたメルマガを配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ