職場での陰口を気にしない方法5選。

職場での陰口を気にしない方法5選。

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

その人のいない所で悪口を言う「陰口」は最低な行為です。

 

ですが、日常的に陰口を叩いている人は少なくないようです。

 

私のサラリーマン時代の職場でも、陰口を叩いている人は一定数おり、休憩時間から飲み会まで陰口のオンパレード。

 

それに対して同僚は軽蔑していましたが、陰口を言われないために迎合することもあってか、本人は気づいていないようでした。

 

それでは注意しようと考えても、注意したところで陰口をやめることはなく、「あの人にこんな酷いこと言われたんだけど~」とこちらに矛先が向く恐れもあるので、私達が変わっていくしかありません。

 

Sponsored Link

 

陰口を叩く心理とは

そもそも一体なぜ、陰口を叩いてしまうのでしょうか。

 

その理由は、陰口を叩く人は「劣等感が強い、プライドが高い、他人と比較する、暇、愛されたい・褒められたい欲求が満たされない、心が弱い」といった性質をもつからだと言われています。

 

そのため、陰口を叩くことによって、「自分の方が上だという気持ちが生じる」「自分が陰口を叩かれることを防ぐ」「職場の連帯感を高める」状況を作り出し、心の隙間を埋めているということです。

 

このことから、陰口を叩く人は「気の毒な人」だと言うことができるでしょう。

 

それに、「聞いていてストレスがたまる会話の内容」の第一位はぶっちぎりで「人の悪口、陰口」なので、陰口を叩く人は嫌われているものです。

総計の1位は「人の悪口、陰口」で59%、2位は「愚痴、不満」で50%、3位は「自慢」で45%でした。

出典:@nifty 何でも調査団

 

陰口を叩いている人の周りには、人が集まっているかもしれませんが、ただ陰口を言われたくないために迎合しているに過ぎません。

 

もっと言うと、脳は主語を理解できないので、他人の陰口を叩いていると、脳は「自分に対しての陰口」と判断するのだそう。

脳は主語を理解できないという性質を持っています。つまり、他人の悪口を言っていれば自分の脳にも悪影響があり、良い言葉を言っていれば、自分の脳にも良い影響があることが分かっています。

出典:アカデミーヒルズ

 

気の毒過ぎて同情すら覚えるほどですね。

 

そうはいっても、職場に陰口を叩く人がいるとうんざりしますし、陰口の対象になっている人は辛くて仕方がありません。

 

【関連記事】
職場の噂好きな人に対する2つの撃退法!?

 

職場での陰口を気にしない方法5選。

方法1:無視する

陰口を叩く人は、相手をどれだけ傷つけているか、自分が周囲からどう見られているかが分からない人です。

 

そのため、一種の病気にかかっていると考えて、無視すればOKです。

 

あなたは間違っても病気にかからないように(同じレベルにならないように)気をつけてください。

 

方法2:かわいそうな人だと思う

先にお話ししました通り、陰口を叩く人は心に問題があり、同僚から嫌われ、自分の脳を傷つけているかわいそうな人です。

 

ですので、「かわいそうな人」「ストレスが溜まっているんだな」「愛されていないんだな」「あなたとは精神年齢が違うんだよ」と心の中で思っておくことで、あなたが数段上にいる事実を強く認識できます。

 

方法3:理解者がいる

また、あなたに非がなく、言いがかり的に陰口を叩いているのであれば、「事実」を理解してくれる人はたくさんいるはずです。

 

そもそも人間は、全ての人に好かれることはないので、理解してくれる人がいれば十分だと思っています。

 

あなたも職場で、「なんでこんないい人が陰口を叩かれているんだろう?」と思ったことはありませんか?

 

善人過ぎても悪く言う人はいるのですから、気にするだけ損です。

 

方法4:職場だけの付き合い

他にも、「職場だけの付き合い」「お給料は我慢料」「動物だと考える」「反面教師にする」といった考え方も心が軽くなります。

 

私も散々陰口を叩かれてきましたし、嫌いな上司との関係に思い悩んだこともありましたが、その時は「心の中でニックネームを付ける」ことで心が軽くなりました。

 

ちなみに私は、「魔人ブウ」「ジャムおじさん」「ねずみ男」といったニックネームを付けました。

 

ですので、あなたもクスッと笑えるような、気にするのがバカバカしく思えるようなニックネームを付けてあげてください。

 

方法5:成長の糧に

陰口も時には「正当な不満」ということもあります。

 

ですので、陰口を叩くことはいけませんが、「確かにそうかもしれない」と思うところがあれば、あなたのためにも会社のためにも改善していくべきです。

 

そうすることで、陰口を叩く人は同じ場所に留まり続け、あなたはどんどん成長していくので、感謝の気持ちすら抱くようになるかもしれません。

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

日常的に陰口を叩く人は、その人の内部に問題があるので、間違っても自分を責めることはしないでください。

 

優しい人や真面目な人ほど、「私がいけないのかな・・」と思い込まされてしまいますので。

 

そして、5つの方法の中でお役に立てそうなものがあれば、少しずつでも実践してみてくださいね。

 

ただ、サラリーマンには、陰口以外にも大きなリスクが存在することを忘れてはなりません。

 

大きなリスクとしては、会社の倒産・リストラが考えられます。

 

現代は日本経済の衰退にともない、日本を代表する大企業でも突然経営が傾くリスクがどんどん大きくなっています。

 

そうなると、いざという時にはパタリと収入がゼロになる恐れがあるとは思いませんか。

 

このご時世、すぐにあなたに合う再就職に出会えるとは限りませんし、歳を重ねる毎に厳しくなってくるのは目に見えています。

 

ですので、そういったリスクに備えるために、会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力を身につける必要性が高まっているのです。

 

実際のところ、社会の変化を敏感に察知し、自分事として捉えている人ほど、この力を身につける努力を始めています。

 

しかし反対に、心のどこかに「私には関係ない」という気持ちを持っている人は、いまいちリアルに感じていない傾向があるようです。

 

いずれにせよ、サラリーマンには、倒産・リストラ・降格・左遷・・といったリスクがついて回ることは事実なので、明日は我が身の気持ちを持って、行動に移していくことをお勧めします。

 

現在、私はそういった将来の不安に備えて会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力を身につけたい方に向けたメルマガを配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ