上司が部下の愚痴ばかり言うのなら潰される前に・・

上司が部下の愚痴ばかり言うのなら潰される前に・・

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

部下が潰れてしまうと、「近頃の若者は根性がない」「そんなことでは社会でやっていけない」と言われがちです。

 

ですが、「問題は部下よりも上司にある」という見方が注目され始めているのです。

 

誰の目にも明らかなブラック上司ではなくとも、それに近いグレーな上司が多数存在し、部下を腐らせてしまうのだと。

 

例えば、上司が部下の愚痴ばかり言うのなら、その上司は「部下を潰す上司」かもしれません。

 

そこで今回は、本田有明著「上司になってはいけない人たち」(PHPビジネス新書)より、部下を潰す上司の特徴を見ていきたいと思います。

 

Sponsored Link

 

部下を潰す上司の特徴

1.部下を育てる意欲も能力もない(レベル1)

管理職になりたくないのに昇進してしまった、部下はいらないのに受け持つことになってしまった・・

 

こういった上司は部下を育てる意欲がなく、おまけに能力もなければ、遅かれ早かれ放置プレイされることになります。

 

私も新人放置された経験がありますが、直属の上司は部下(私)を育てる気がなかったので、資料を読み続ける日々が続き、精神的にキツい時もありました。

 

私と違って放置プレイによって育つ社員はいるのかもしれませんが、右も左も分からない新人時代は親身になって欲しいものですし、

 

仕事を取りに行こうにも限度があるので、潰してしまう一因になることは間違いないと思っています。

 

【関連記事】
仕事で新人放置されて辛い時の5つの対策法!?

 

2.会社や部下の文句ばかり(レベル2)

会社や上層部、部下の愚痴や文句ばかり言う上司は当たり前のように存在しますよね。

 

もちろん、公式の場での提言ではなく、本人がいないところで悪く言うだけに終止していることがほとんど。

 

ですので、「ここがこうだから、こうすれば良くなる」といった建設的な意見は夢のまた夢です。

 

そういった言葉は人の心に悪影響を及ぼすので、毎日のように強制的に耳に入ってくるようだと、部下は腐ってしまいます。

 

モチベーションは低下し、それが業績の低下に繋がり、ますます愚痴がエスカレートする悪循環に陥るのです。

 

3.気分で言うことが変わる(レベル2)

誰でも多少は気分によって言うことが変わるものですが、ハッキリと変わるようでは部下はついていけません

 

「そんなことは言っていない!」「間違っているのは君だ!」といった認識違いが発生することは目に見えています。

 

コミュニケーションの大切さは周知の事実なので、会社ではそれを促進していますが、話が噛み合わないのでは意味をなさないでしょう。

 

4.部下の意見や提言を無視する(レベル3)

役職が上がると「自分は凄いんだ。偉いんだ」という気持ちが芽生えてくるので、はなから部下の意見を取り入れる気がない上司が存在します。

 

特に自分の能力に自信がない上司ほど、権力を振りかざす「暴君」になる傾向があるようです。

 

私の元職場にも、部下の意見を「反抗」として捉え、潰しにかかる上司が一部存在しました。

 

当然ながら、ほとんどの部下は顔色をうかがいながらの無難な発言しかできなくなっていたので、誰にとっても良いことはなく、モチベーションはダダ下がり。

 

なにより部下の才能を摘み取ることの罪は重すぎます。

 

まだまだ経験が浅い部下だといっても、若手だからこその着眼点に基づく意見もあるはずなので、門前払いは非常にもったい無いです。

 

5.好き嫌いで部下を選別・排除する(レベル4)

「4.部下の意見や提言を無視する」が悪化したタイプです。

 

自分の好きな部下はとことん可愛がる反面、そうでない部下は評価を低くし、場合によっては排除することも。

 

それが招くのは、イエスマンばかりの環境であり、上司にとっては仕事をしやすいのかもしれませんが、長い目で見たら大きなリスクをはらんでいます。

 

「悪いところは悪い、ここはこうしたほうが良い」といった、本当の意味で会社の為を思った意見が出てこなくなりますので。

 

なお、排除された社員のモチベーションが風前の灯火になることは言うまでもありません。

 

【関連記事】
会社で理不尽な評価を受けて辞めたいあなたに

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

パワハラ、モラハラ、セクハラといったハラスメントは論外ですが、それでなくてもあなたの上司が「部下を潰す上司の特徴」のいずれかに該当するようでしたら注意が必要です。

 

サラリーマンとして成長できるかどうか疑問ですし、モチベーションの低下は避けられないので、仕事の結果や出世、さらには体調にまで悪影響を及ぼす恐れがありますので。

 

ですので、もっと上の上司に相談したり、異動願いを視野に入れると同時に、会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力を身につけることをお勧めします。

 

なぜなら、この力を身につければ、成長感の獲得やモチベーションアップ、さらには体調を崩してしまった時の備えにもなるからです。

 

このモチベーションが会社でも良い方向に働くことは間違いありません。

 

それでなくても現代は、日本経済の衰退にともない、日本を代表する大企業でも経営が傾くリスクが大きくなっています。

 

そのため、倒産・リストラはいつ誰の身に降りかかるか分からないので、多くのサラリーマンにとって、この力を身につけることは必須だと言っても言い過ぎではありません。

 

実際のところ、体調を崩してしまってから生活費に困ったり、突然リストラされてしまって頭が真っ白になる方がいますので、そうなる前に手を打つのが得策だと考えるサラリーマンが増えてきています。

 

ですので、あなたも将来のことをよく考えて、何かしらに危機感を覚えるようでしたら、どうか乗り遅れないようにしてくださいね。

 

現在、私はそういった将来の不安に備えて会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力を身につけたい方に向けたメルマガを配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ