お金持ちになりたくても貧乏から抜け出せない人に共通する特徴!?

お金持ちになりたくても貧乏から抜け出せない人に共通する特徴!?

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

「たくさん稼いでお金持ちになりたい!」と考える人は大勢いますが、現実は厳しいものがあり、「給料が低く、なかなか上がらない」と悩む人は少なくありません。

 

それではなぜ「給料が低く、なかなか上がらない」のでしょうか。

 

「そういう給与体系だから」

「昇進が難しいから」

「昇進しても給料が下がったから」

 

色々な回答が出てくるかと思います。

 

あなたもこのように考えたかもしれませんが、もっと根本的な理由があるようです。

 

Sponsored Link

 

貧乏から抜け出せない人に共通する特徴!?

泉忠司・著「バカとブスこそ金稼げ!」によると、お金持ちになれる人とそうでない人(本記事では、貧乏と呼びます)には、思考や行動そして環境まで、あらゆる面で違いがあるのだと言います。

 

そこで、貧乏から抜け出せない人にフォーカスして、共通する特徴を見ていきたいと思います。

 

特徴1:身近な人のアドバイスを聞いてしまう

人間は経済的に同じ階層の人が集まるもので、しかも同じ階層ゆえに思考も行動も似てくるのだと言います。

 

今まで同じような思考・行動をしてきたことによって、今現在経済的に同じ階層にいると言い換えることもできます。

 

確かに私の周りでも、大企業勤務、社長、起業家・・と経済的(職業・立場)にざっくり同じ階層にいる人が自然と集まり、やはり思考や行動は似ていると感じます。

 

ですので、「身近な人のアドバイスは聞いてはいけない」という姿勢は、なんだか見下している印象を受けますが、もしも貧乏な集まりの中にいるとしたら、そこで聞いても意味がないことは納得がいきます。

 

ただ、経済力と人間的な魅力はイコールではないことは念を押しておきます。

 

【関連記事】
勝ち組・負け組に対する考え方を変えてみると・・

 

特徴2:お金に対して「汚いもの」という意識を持っている

お金持ちは「お金が大好きだから稼ぎたい!」と素直に言うことができますが、貧乏な人は素直に言えない傾向があるようです。

 

なぜなら、お金持ちは「お金は提供した価値の対価」だと認識しているのに対し、

 

貧乏な人は「もっとお金が欲しい」と考えていながらも、どこかで「お金は汚いもの」という価値観を持っているからです。

 

一般的にも、人前で「お金が好き!」と言ったら、品がない人、変わった人だと思われる恐れがありますよね。

 

ほとんどの人が心の中で思っていながら、素直に口に出せないのです。

 

ですので、私達も「お金は提供した価値の対価」だと認識することによって、素直に「お金が好き」と言えるようになりたいものですね。

 

特徴3:世間一般のイメージに流されてしまう

多くの人は、「サラリーマン」と「経営者」を比べた時、サラリーマンの方が安定していると考えるものです。

 

サラリーマンは会社に守られており、毎月一定の給料がもらえるので、安定していることは間違いありません。

 

ただし、会社の倒産やリストラといった、自分の力ではどうすることもできない理由から、収入がゼロになる恐れがあることも事実です。

 

事実ですので、会社を離れた(離れざるを得ない)時のことを考えると、経営者の方が野生のたくましさがあると言えるでしょう。

 

そのため、「サラリーマン=安定」という世間一般のイメージをよく理解せずに受け入れるのではなく、真のリスクを見極めることが大切になってきます。

 

そして、見極めたリスクを回避するために、「サラリーマンでいながら給料以外の収入源を持つ」といった手を打っておくところが「お金持ちになる人」の特徴なのだと言います。
 

Sponsored Link



 

まとめ

いかがでしょうか?

 

貧乏から抜け出せない人は、

 

「身近な人のアドバイスを聞いてしまう」

「お金に対して「汚いもの」という意識を持っている」

「世間一般のイメージに流されてしまう」

 

といった特徴を持っていることが分かりました。

 

そして、これらの特徴に該当するものがありましたら、お金持ちの思考に切り替えることによって行動が変わり、お金持ちに一歩ずつ近づいていくということです。

 

特徴3の「世間一般のイメージに流されてしまう」に関して言えば、例えば「サラリーマン=安定」というイメージにとらわれることなく、真のリスクを見極めて、それを回避するために行動に移すことが大切でしたね。

 

ですので、この話を「そっか・・」で終わらせないためにも、実際に給料以外の収入源を持つために行動に移していくことをお勧めします。

 

「そっか」で終わってしまっては、いつもの生活に戻ってしまう恐れがありますので。

 

忙しい日々を送りながら行動に移すことは大変ですが、そこを踏ん張ることによって、あなたの未来が変わっていくのではないでしょうか。

 

ただ、そうは言っても「じゃあ、給料以外の収入源を持つにはどうすればいいの?」とお考えになると思います。

 

それについては、私がインターネットビジネスでお金を稼ぐ方法をメルマガで配信していますので、ご安心ください。

 

実際のところ、「少しずつでも生活を豊かにしていきたい!」「会社の倒産・リストラに備えたい!」と本気で考えている人から順番に行動に移しています。

 

ですので、あなたも「今現在の行動を変えることで未来が変わる」「あなたの身を守れるのはあなただけ」を強く意識して、行動に移していきましょう。

 

現在、私はそういった前向きな方、将来の不安に備えたい方に向けて、給料以外の収入源を持つ方法をメルマガで配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ