職場の後輩が偉そうなのでイライラするあなたへ

職場の後輩が偉そうなのでイライラするあなたへ

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

周囲から「偉そうな人・・」と思われている人は、どこにでも存在しますよね。

 

それが職場の上司や先輩であれば飲み込めるものですが、後輩となるとイライラするのが普通です。

 

「なんで後輩が偉そうなんだ?」

「その自信はどこから来るのか?」

「私はなめられているのか?」

 

ですが、イライラする気持ちを抑えて、先輩として後輩を指導していく方向に頭を切り替えましょう。

 

Sponsored Link

 

職場の後輩が偉そうなのでイライラするあなたへ

先輩として後輩を指導する

上司やリーダーに指導をお願いするのも一つの手ですが、まずは先輩であるあなたが後輩を指導しましょう。

 

先輩と後輩は役職は同じですが、先輩には豊富な経験があり、職場からはいずれリーダーになる人材として後輩の教育も求められていますので。

 

あなたが昇進した時には「部下」を持つことになりますが、あなたと相性が合う部下、素直な部下ばかりではありません。

 

社内で一癖も二癖もあると噂される部下を受け持つことも考えられます。

 

ですので、その時のためにリーダーとしての実力を磨く良い機会だと捉えることによって、偉そうな後輩の指導は実り多い経験になるはずです。

 

そして指導する際には、後輩を悪者にするのではなく、「仕事をスムーズに進行させるため」「後輩のため」という気持ちが伝わるように、優しくも厳しく指導してあげることが大切です。

 

先輩であろうと後輩であろうと、最終的には”人と人”なので、あなたの気持ち、そしてあなた自身に魅力を感じてくれれば、きっと態度を改めてくれるはずです。

 

リーダーとしての資質がある所を存分に見せてあげましょう。

 

しかし中には、相当クセの強い後輩もいるので、一向に態度を改めないようであれば、上司に報告して指導をお願いすることになります。

 

いくらクセの強い後輩でも、上司の指導であれば職場での立場を心配して言うことを聞くでしょう。

 

その時は、上司にお願いしたからといって気を抜くのではなく、指導の仕方をじっくり勉強することで、あなたの糧になるはずです。

 

また、後輩に指導するのであれば、あなた自身もビジネスマナーがしっかり身についているかを今一度振り返ることも大切です。

 

完璧にできていることでも、慣れると疎かになりがちですので。

 

指導する側ができていなければ説得力を持ちませんし、後輩は上司や先輩をよく見ているものです。

 

【関連記事】
苦手な同僚を味方に変えてしまう付き合い方とは!?

 

正論であれば取り入れる

後輩の態度は偉そうだとしても、意見が間違っていることにはなりません。

 

その点には本当に注意が必要だと思います。

 

人間は同じ意見を聞いたとしても、言う人や言い方によって、受け取り方が大きく変わってしまうからです。

 

例えば職場でも、お気に入りの部下が発言すると「さすがだな!」「よく分かってるな!」と言いますが、嫌いな部下が同じ発言をしても、無反応だったり否定的に受け取る上司を何人も見てきました。

 

上司も一人の人間なので、ある意味では仕方がないと思っています。

 

ただ、そういったことを認識しておかないと、何が正しいのかが分からなくなったり、本当に会社のためになる意見を流してしまう恐れがあるので注意が必要です。

 

また、後輩の立場からすると、まるで意見を聞いてもらえないことは、モチベーションダウンに繋がる恐れがあります。

 

ですので、態度の良し悪しや好き嫌いと意見は別であることを今一度認識し、誰の意見でも正論だと思えば、素直に取り入れていく姿勢が大切です。

 

Sponsored Link



 

まとめ

いかがでしょうか?

 

人に「偉そう」だと感じさせてしまう態度は、人として社会人として問題があるので、先輩としてきっちり指導し、それでも改善されないのであれば、上司にお願いしましょう。

 

ただ、態度はどうあれ、意見が正論あれば会社にとってプラスになる可能性があるので、そこは冷静に見極めていきたいですね。

 

年齢や役職、好き嫌いと、着眼点や意見の質はイコールではないのですから。

 

こういった人間関係の問題は、サラリーマンにとっても大きな悩みの種ですが、まだまだ大きな問題があることを忘れてはなりません。

 

大きな問題の一つとして考えられるのは、会社の倒産・リストラといった、自分の力ではどうすることもできない事情で収入を失うことです。

 

実際、給料以外の収入源を持っているサラリーマンは多くないので、「定年まで面倒を見てくれる」と思い込んでいると、いざという時に頭が真っ白になってしまう恐れがあります。

 

そうならないためには、「自分には関係のないことだ」と考えられるうちに、会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力を身につけ、給料以外の収入源を得る必要があります。

 

そうは言っても、人間は危機に直面しない限り、いまいちピンとこないもの。

 

その証拠に「会社の経営が危ないことを心配している人」や「リストラの気配を感じ始めた人」ほど、行動を起こしている傾向があります。

 

ですので、あなたも「明日は我が身」の気持ちを持って、対策を打っておくことをお勧めします。

 

現在、私はそういった将来の不安に備えて、会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力を身につけたい方に向けたメルマガを配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ