仕事中の雑談が苦手で、毎日苦痛なあなたへ

仕事中の雑談が苦手で、毎日苦痛なあなたへ

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

職場では、休憩時間や一段落する時間帯に雑談が始まるものですよね。

 

とりとめのない話ですが、そこでコミュニケーションを取ることによって、仲間意識を強めていくことは大切です。

 

雑談に加わらないだけで、「協調性がない!」と悪く言われる恐れもありますしね。

 

しかしながら、「どうでもいいことは話したくない」「話題が見つからない」「結局悪口に発展するから苦痛」という方は少なくありません。

 

Sponsored Link

 

仕事中の雑談が苦手で、毎日苦痛なあなたへ

聞き役に徹する

雑談が苦手だからと言って、はっきりと輪から外れると、孤立してしまったり、敵視される恐れがあります。

 

ですので、輪に入って「聞き役に徹する」のが無難な手です。

 

人は話を聞いて欲しいものなので、きちんと聞いている姿勢を見せれば、それだけで好印象を抱いてくれるでしょう。

 

うなずくことで話を引き出し、あいづちを打つことで一体感を作ることができます。

 

その中で意見を求められたら、場の雰囲気に同調しておけば間違いありません。

 

あくまで雑談なので、気楽に考えていきましょう。

 

雑談といえど有益な情報が出てくることはあるので、そういったところに楽しみを見出すのも良いかと思います。

 

ただ、人の悪口といったネガティブな話題になったら、「そうなんだ~」「よく分からないな~」と賛同も否定もしないでおきましょう。

 

賛同したように受け取られると、あなたが悪口を言っていたことにされかねませんし、否定すれば一気に敵視される恐れがありますので。

 

【関連記事】
苦手な同僚を味方に変えてしまう付き合い方とは!?

 

信念を貫く

雑談は楽しい話からはじまっても、悪口に発展することは珍しくありません。

 

悲しいことに悪口は盛り上がるものですし、仲間意識を強めるにはもってこいですので。

 

職場限りの偽りの一体感を覚えるということですね。

 

しかし当然ながら、悪口は対象になる人を傷つけてしまうだけでなく、悪口を言う人の脳や評判も傷つけるなど、ほとんどマイナスにしか作用しないので、言うべきではありません。

 

そして悪口を言う人は、人の心の痛みが分からないばかりか、自分軸がないために他人と比較したり、迎合することが多いものです。

 

反対に悪口が嫌いな人は、生来の優しさや傷ついた経験から人の心の痛みが分かりますし、自分軸を持っているので集団に流されることがない印象を受けます。

 

ですので、雑談から悪口に発展するようであれば、

 

「こんな会話に加わるくらいなら、輪から外れてもいいや」

 

と信念を貫き通すことも、一つの手だと考えています。

 

実際のところ、輪から外れるとグループから敵視される恐れがあるので、簡単ではないかもしれませんが、

 

そういったリスクよりも、「悪口を言うのは人として最低だ」「私は絶対に間違っていない」といった信念を貫きたいのであれば、無理に輪に入る必要はないでしょう。

 

それによって敵視されたとしても、今まで通り挨拶などのマナーや、仕事での協力・コミュニケーションを大事にして、堂々としていれば良いのです。

 

そしてその代わりに、あなたと同じ感覚を持つ人と親しい関係を築いていきましょう。

 

職場環境に問題ありなら

どこの職場にも悪口を言う人はいますが、

 

「毎日のように雑談から悪口に発展する」

「悪口もコミュニケーションのうち」

「悪口を言わない人は信用できない」

「悪口を言われる人が悪い」

 

といった雰囲気があるのでしたら、かなり問題がありそうです。

 

常識的な感覚を持っていれば、悪口を言うことはもちろん、聞くことにも苦痛を覚えるはずですので。

 

つまり、悪口をなんとも思わない人達が多く集まっている職場だということです。

 

人の悪口を言うことで、相対的に自分の価値を高く見せたい人、おとしめる人、うさ晴らしする人、自分が悪口を言われないために悪口に加わる人・・

 

そんな人達と一緒にいたら、気が滅入るものです。

 

ですので、もしも職場に悪口が蔓延しているのでしたら、雑談が嫌いというよりも、悪口ばかりの同僚と一緒にいたくないだけなのかもしれません。

 

そして悪口が蔓延している職場には、仕事人としての覚悟や責任感が欠けている傾向があるので、あらゆる面での成長は期待薄です。

 

もっと言うと、体調を崩してしまう恐れがあるので、例えば「もっと意識が高い職場」「(あなたが女性であれば)男性が多い職場」に転職することも一つの手です。

 

なぜなら、どこの職場にも悪口を言う人はいますが、わりと誰でも受け入れる会社ほどその傾向が強いと言われているので、切磋琢磨できる環境に身を置くことによって、悪口から遠ざかる可能性があるからです。

 

また、あなたが女性で「女性が多い職場」にいる場合、「男性が多い職場」に転職することによって、仕事中に女性ならではの雑談をする機会が減る可能性があります。

 

【関連記事】
職場で悪口を聞きたくないあなたが取るべき8つの行動!?

 

Sponsored Link



 

まとめ

いかがでしょうか?

 

人と話すことが好きではない人や、心を無にして上手く合わせることができない人、悪口が嫌いな人にとって雑談は苦痛になる事があります。

 

ただ、職場の人間や雰囲気を変えることはできないので、あなたが考え方や行動を変えていくしかありません。

 

ですので、今回ご紹介した「聞き役に徹する」「信念を貫く」「職場環境に問題ありなら」の中で役に立ちそうなものがあれば、是非実践していただけたらと思います。

 

もしもあなたが「職場環境に問題ありなら」でお話しした環境にいるのでしたら、すでに頭の片隅で転職を考え、それと同時に「個人でできる仕事」を視野に入れているのかもしれません。

 

そんなあなたに私は、インターネットビジネスをお勧めします。

 

なぜなら、この仕事はパソコン1台とインターネット環境さえあれば開始できるので、基本的に人と顔を合わせて仕事をすることはないからです。

 

もちろん、ビジネスの展開方法や段階によっては、顔を合わせることはありますが、会社のような”形式的なお付き合い”とは無縁だと言えるでしょう。

 

ただ、インターネットビジネスと言われても、

 

「インターネットビジネスって何?」
「インターネットビジネスってちょっと怪しい響き・・」
「インターネットビジネスで稼げるの?」

 

といったネガティブな印象を抱く人は少なくありませんが、全くそんなことはありません。

 

なぜなら、誰もが知る「Google」、「ヤフー」、「楽天」といった大企業がインターネット広告等で大きな収益を得ているのは周知の事実ですが、大枠としては同じことを個人が行うだけなのですから。

 

また、多くの人は新しくチャレンジすることに対してネガティブなので、それが不安感を強めてしまうこともあります。

 

とはいえ、仕事中の雑談が苦手な方にとって、インターネット社会の到来は渡りに船なので、ゆっくりでも疑問や不安を解消しながらチャレンジされることをお勧めします。

 

今現在の仕事を続けながら、インターネットビジネスで稼ぐ力を身につけ、軌道に乗ってきたところで、「このままのスタイルでいくのか」「本業にしていくのか」を決定するのが現実的だと考えています。

 

本業にしないまでも、給料以外の収入源を得ることは、不安定な世の中を生き抜くための必須スキルになってきていますので、総合的に考えて判断していただけたらと思います。

 

現在、私は個人でできる仕事を真剣に探しているあなたに向けて、会社に雇われずにインターネットビジネスでお金を稼ぐ力を身につけるためのメルマガを配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ