パワハラ上司を撃退する従業員と企業の挟み撃ち対策!?

パワハラ上司を撃退する従業員と企業の挟み撃ち対策!?
こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

最近では様々な「ハラスメント」が問題になっており、例えば職場の上司のパワハラに頭を悩ませている方は少なくないと思います。

 

実際、都道府県労働局等に設置した「総合労働相談コーナー」への「いじめ・嫌がらせ」に関する相談件数は年々増加しており、平成24年度には相談内容の1位になっていますので。

 

ですので、あなた自身、そしてあなたの大切な人を守るためにも、パワハラの実情とパワハラ上司を撃退する方法を知っておくことは必須だと思っています。

 

Sponsored Link

 

パワハラの定義

パワハラとはパワーハラスメントの略称で、「職場の権力を利用した嫌がらせ」を言います。

 

職場では、担当範囲と指揮系統をはっきりさせるために役職を与えているだけなので、それをもって圧力をかけることは許されるはずがありません。

 

パワハラを受けた経験がある人

職場でのパワハラの予防と解決に向けた情報発信を厚生労働省から委託されたあかるい職場応援団の調査によると、

 

過去3年間でパワハラを受けた経験がある人は回答者全体の25.3%、パワハラを見たり相談を受けたことがある人は28.2%、パワハラをしたり指摘されたことがある人は7.3%にも上ります。

 

実に4人に1人がパワハラを受けたことがあると回答しており、パワハラとの接点がある人は60.8%という悲しい現実がそこにはありました。

 

私の元職場では目立ったパワハラは無いと思っていましたが、人格を否定するような発言はあったので、今思えばパワハラだったのでしょう。

 

また、仕事の用事で友人に電話をかけた際、電話口から社員を罵倒する声が毎度のように聞こえてくるので、私の想像以上にパワハラが横行しているようです。

 

その友人は右から左に受け流すタイプなので、精神的に追い詰められたり体に影響が出ることはないそうですが、他の社員はそうもいかないので、中途入社して1週間足らずで退職されるケースもざらなのだそう。

 

【関連記事】
職場の先輩・上司を嫌いな理由ランキング!?

 

Sponsored Link

 

パワハラの内容

同じく「あかるい職場応援団」が調査した過去3年間に受けたパワハラ内容と比率は以下の通りです。

 

  • 第1位 精神的な攻撃(55.6%)
  • 第2位 過大な要求(28.7%)
  • 第3位 人間関係からの切り離し(24.7%)
  • 第4位 個の侵害(19.7%)
  • 第5位 過小な要求(18.3%)
  • 第6位 身体的な攻撃(4.3%)

 

第1位「精神的な攻撃」が55.6%、第2位「過大な要求」が28.7%、第3位「人間関係からの切り離し」が24.7%と続いており、精神障害を発病してしまい労災補償を受けるケースもあります。

 

「精神的な攻撃」は、大声での叱責、物を投げつける、ミスを大声で言う、人格を否定するなど一般的なパワハラのイメージに該当する内容だと思います。

 

パワハラをする人は日常的に行う事が多いので、被害者の精神的苦痛は想像を絶します。

 

業務に支障をきたしますし、体調に影響が出てしまえば業務どころではありません。

 

また、「過度な要求」としては、終業時間直前であったり、そうでなくても一人では無理な仕事量を毎回のように押し付けるという事例があります。

 

これに関しては「会社のためだ」「君の担当だ」ともっともらしい理由付けがしやすいですし、ある意味では正しいので少々厄介です。

 

パワハラのより具体的な内容はあかるい職場応援団をご参照ください。

 

パワハラが発生した職場の特徴

ここまで見てきたように、パワハラを受けた経験がある人は25.3%にも上り、精神的な攻撃が55.6%も占めているという状況があります。

 

とはいえ、パワハラがない快適な職場は沢山あるので、どんな職場環境がパワハラを発生させやすいのかを知っておきましょう。

 

実は、パワハラの相談がある職場にはこれらの共通点があるのだと言います。

 

  • 第1位 上司と部下のコミュニケーションが少ない(51.1%)
  • 第2位 正社員や正社員以外など様々な立場の従業員が一緒に働いている(21.9%)
  • 第3位 残業が多い/休みが取り難い(19.9%)
  • 第4位 失敗が許されない/失敗への許容度が低い(19.8%)

 

やはりコミュニケーションが少ないことは、お互いの性格や考え方を理解できないばかりか仕事の意思疎通も十分ではないので、問題が発生する原因になるということですね。

 

また、様々な立場の従業員が一緒にいると、「正社員の方が偉い、優秀」だと勘違いして横柄な態度を取る人が出てくることは容易に想像がつきます。

 

パワハラが職場や企業に与える影響は甚大で、職場の雰囲気が悪くなることは当然として、従業員の心の健康を害してしまうのですから、従業員と企業がそれぞれ対策を講じる必要があるでしょう。

 

パワハラ上司を撃退する方法

それでは、具体的にパワハラ上司を撃退(パワハラをやめさせる)するにはどうすれば良いのでしょうか?

 

従業員の対策

従業員としては、とにかく会社の中枢(人事等)に報告し、パワハラをやめるように指示してもらうことが大切だと思います。

 

そうすれば、人事から部署の責任者、そして問題の上司へと正規のルートを通って指導されるはずですので。

 

ただ、パワハラをするくらいの上司なので、しらばっくれる恐れがあります。

 

ですので、パワハラの状況(いつ、どこで、誰に、どんなことを)をきちんと整理し、可能なかぎり証拠を押さえておくべきです。

 

パワハラの目撃者がいたとしても、身の保身を考えて証言してくれない恐れがあるので、音声録音やメールなど動かぬ証拠が欲しいところです。

 

また、パワハラに反応すると増長させてしまうので、難しいかもしれませんが淡々と対応するべきだと思います。

 

悲しんだり、辛そうにしたり、怒ったりしても、よりパワハラが激しくなるだけだと考えられますので。

 

企業の対策

パワーハラスメントの予防・解決のための取組の効果」による、効果を実感した対策とその順位(5年以上実施時)は以下の通りです。

 

  • 第1位 管理職を対象にパワハラについての講演や研修会を実施した(83.9)
  • 第2位 一般社員を対象にパワハラについての講演や研修会を実施した(72.0)
  • 第3位 アンケート等で社内の実態把握を行った(68.8)
  • 第4位 職場におけるコミュニケーション活性化等に関する研修・講習等を実施した(68.1)
  • 第5位 トップの宣言、会社の方針に定めた(59.6)
  • 第6位 就業規則などの社内規定に盛り込んだ(56.2)
  • 第7位 ポスター・リーフレット等啓発資料を配布または掲示した(54.2)
  • 第8位 社内報などで話題として取り上げた(48.5)

 

パワハラについての講習や研修会は、対策意識を高めるのに効果的だということが分かりますね。

 

社内にパワハラを予防・解決する雰囲気が出来上がってしまえば、パワハラをする人はもちろん、見て見ぬふりをする人も減ることでしょう。

 

また、いずれの対策においても、実施期間が長いほど効果を実感する比率が高くなる傾向が見て取れます。

 

パワハラ上司を撃退しても・・

あなたの悩みの種だったパワハラ上司がパワハラをやめたとしても、今後パワハラ上司が現れないとも限りません。

 

また、パワハラ上司以外にも、様々なリスクが息を潜めていることをご存知でしょうか?

 

例えば、今後も日本経済の衰退が進むにつれて、誰もが知る超一流企業であっても突然倒産してしまうリスクが大きくなってきています。

 

また、すでに終身雇用制度は崩壊しつつありますが、今の若者が定年を迎える頃には、間違いなく過去のものになっていることでしょう。

 

ですので、今後は身を粉にして働いたとしても、安定・豊かな生活が保証されないことに多くの方が気づき、対策を打ち始めています。

 

現在、私はそういった社会の変化に対して対策を打ちたいと思っている方に向けたメルマガを配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ