職場のストレスが限界を超える前に知るべき心の回復法!?

職場のストレスが限界を超える前に知るべき心の回復法!?

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

職場では、人間関係や労働条件、仕事内容、待遇といったストレスの種は尽きません。

 

そのため、世のサラリーマンはストレスと上手に付き合ったり、解消することによって前向きな気持ちを維持していることと思います。

 

ちなみに私の場合は、趣味のランニングで汗を流して心身の健康を維持しています。

 

ただ、どちらかと言うとストレスに弱いタイプですので、ランニング以外に実践できる対策はないものかと調べてみました。

 

Sponsored Link

 

職場のストレスが限界を超える前に知るべき心の回復法!?

調べたところ、意外な心理によって、ストレスから回復できることが分かりました。

 

“人生を楽しむ!がんばる女性の応援サイト”である「ノーツマルシェ」では、心理カウンセラーの高橋雅美氏による「心の回復力…ストレスに強くなる秘訣は意外な心理」が紹介されており、

 

ストレスを受けた時に辛くなるのは自然で、そこから回復する力が大事なのだと言います。

 

今まで私は、「ストレスを発散する」「ストレスに強くなる」ことに意識を傾けていたので、興味深く記事を拝読しました。

 

人に頼るのは甘え?

真面目な人や責任感が強い人ほど、「私が頑張らなければ」「もっと強くならなければ」と考えがちです。

 

そしてその考え方は、キャリアを積んで役職が上がるにつれて、より強まっていきます。

 

「管理職たるもの、強くいなければ・・」

「部下に弱みは見せられない!」

 

確かに、厳しい競争社会を生き抜く上では、そういった意識は大事だと思います。

 

それは自分の為でもあるし、一緒に仕事をしている全ての人への配慮でもあるでしょう。

 

ただ、高橋氏はそういった考え方をする人に、「頼れる人はいますか?」と質問するそうです。

 

人に頼れるかどうかが・・

そう質問する理由は、「人に頼れるかどうかが成功の鍵を握っている」と考えているからであり、それはポジティブ心理学の第一人者であるショーン・エイカーの「幸福優位 7つの法則」でも述べられています。

 

「人間関係からの支えは、「幸福の処方箋」「ストレスの解毒剤」であるだけでなく、仕事の成功に最も貢献するものである」

出典:ノーツマルシェ

 

支え合うことは、「幸せ」「ストレス発散」「仕事の成功」に大きく寄与するということです。

 

ですので、ストレスが限界を超える前に、「この人なら信頼できる」という人に頼らせてもらい、ストレスからの回復力を高めていきましょう。

 

それに、辛い時に頼れる人がいることは、普段から大きな心の支えになるはずです。

 

同じように、”日経BP社の人材開発支援サイト”である「ヒューマンキャピタルOnline」にも「人に頼らない人は、身も心も仕事も不調になりやすい」という記事が掲載されています。

 

人に頼らない人は、「心身の健康を損ない仕事も不調になりやすい」ということなので、ちょうど人に頼る人の真逆の状態ですね。

 

であれば、頼らない手はありません。

 

それでも責任感が強い人は、「人に頼ることは甘えだ」「恥ずかしいことだ」と考えるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

それに、一人でこなすことにこだわるあまり、無理しすぎて心身の健康を損なっては本末転倒なので、「どんどん頼る」くらいの気持ちを持っていきましょう。

 

やはり、どんなに優秀な人でも、全部一人でこなすことは難しいです。

 

むしろ、優秀な人ほど仲間を上手に頼って、仕事も人生も充実させていると言われますよね。

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

責任感が強い人ほど一人で抱え込みがちですので、人に頼ることを習慣づけていきましょう。

 

そうすることによって、「幸せ」「ストレス発散」「仕事の成功」の効果が期待できるのですから。

 

その代わり、一方的に頼るだけではなく、助けを求められたら力を貸してあげることを忘れてはなりません。

 

このように言っている私は人に頼りっぱなしなので、頼ってくれた時には精一杯恩返しするように心掛けています。

 

厳しいストレス社会において、こういったストレスからの回復法を知り、実践することはとても大事ですが、まだまだ手を打っておくべき問題があります。

 

問題とは、会社の倒産やリストラといった、自分の力ではどうすることもできない事情で収入を失うリスクです。

 

なぜなら、近年は日本経済の衰退に伴い、大企業勤務の正社員であっても一生安泰とは言えないからです。

 

ですので、「自分には関係ない」と思えているうちに手を打っておかなければ、いざという時に頭が真っ白になってしまう恐れがあります。

 

そして具体的な方法として、会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力を身につけることをお勧めします。

 

いくら優秀なサラリーマンであっても、自分で稼ぐ力をもっているとは限りませんので。

 

こういった話を聞いた時、過去にリストラを経験されている方や正社員でない方ほど、危機感を持ってこの力を身につける努力を始めています。

 

しかし反対に、大企業勤務、正社員、順調に出世している方ほど、どこか他人事のように考えていらっしゃる傾向があるようです。

 

いずれにしても、リスクはいつ誰の身に降りかかるか分からないので、明日は我が身の意識を持って、行動に移していくことをお勧めします。

 

現在、私はそういった将来の不安に備えて、会社に雇われずに自分でお金を稼ぐ力を身につけたい方に向けたメルマガを配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ