嫌な上司が異動してきた時の3つの心構えと対策法!?

嫌な上司が異動してきた時の3つの心構えと対策法!?

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

毎日通う職場では気持ちよく過ごしたいものですが、なかなかそうもいきませんよね。

 

例えば、部下にとって上司の存在はあまりにも大きいので、嫌な上司だった場合はストレスの元凶になってしまいます。

 

参考までに私がサラリーマン時代に「嫌な上司」だと感じたことをピックアップしましたが、あなたの周りにいる嫌な上司に該当するものはありますか?

 

  • 感情に任せて怒鳴り散らす
  • 人を見て態度を変える
  • 考え方が違う部下を「敵」とみなす
  • 仕事中・飲み会問わず部下の悪口を言う
  • 思い込みが激しい

 

【関連記事】
パワハラ上司を撃退する従業員と企業の挟み撃ち対策!?

 

文章にすると改めて酷いと思いますが、実際に私が見てきた上司達です。

 

そういった上司が異動してきたらたまったものではありませんよね。

 

今現在は職場に嫌な上司がいないとしても、長いサラリーマン人生の中ではリスクをはらんでいるので、心構えと対策法を用意しておきましょう。

 

Sponsored Link

 

嫌な上司が異動してきた時の3つの心構え

心構えその1:完璧な上司(人間)はいない

まず大事なのは、そもそも完璧な上司(人間)はいないということです。

 

もちろん私も完璧とは程遠い存在ですし、そう考えておくと他人の言動に寛容になれるということが実体験から言えます。

 

お互い様なのです。

 

また、人間には長所と短所があり、見る人(場合)によっては短所が長所になることも珍しくありません。

 

例えば、穏やかな人に対して、「優しい人だな」と感じる人もいれば、「元気が無い人だな」と感じる人もいるということです。

 

ですので、上司の一面を見て「こういう人間だ」と決めつけるのではなく、多角的に見ることも大事ですね。

 

心構えその2:上司は選べない

会社に雇われている以上、上司は選べません

 

好きな上司であろうと嫌な上司であろうと、人事異動の辞令に従って異動してくるだけです。

 

そう考えると、良い意味でのあきらめ感というか、嫌だという感情を手放せる気がしませんか?

 

もちろん、どこの会社でも同じことなので「上司が嫌過ぎる!」という理由だけで転職しても、転職先でそれ以上の上司と遭遇する恐れは多分にあります。

 

心構えその3:いずれは別れがくる

どんな上司であろうと早かれ遅かれ別れが来ます。どちらかが異動することはもちろん、定年退職や転職ということも考えられるでしょう。

 

実際に異動してきているので、また異動する可能性は十分にあるのです。

 

私のサラリーマン時代を振り返っても、「3年」というのが上司が入れ替わる一つのタイミングでしたので。

 

なので、人生のある一定期間だけ、たまたま業務を遂行するために一緒になったとだけ考えておけば、気が楽になり、寛容にもなれると思っています。

 

嫌な上司が異動してきた時の3つの対策法

とはいえ、嫌な上司である以上、達観しているだけでは精神的に追いつめられてしまう恐れがあります。

 

ですので、きっちり自分なりの対策法を考えておきましょう。

 

私の拙いサラリーマン経験から3つの対策法をピックアップしましたので、あなたの参考になれば幸いです。

 

対策法その1:受け入れて学びを得る

「嫌な上司」という目で見てしまうとフィルターがかかってしまうので、まずは存在を受け入れることが大事だと思っています。

 

それと同時に、良い所を探す努力反面教師にする気持ちも大事です。

 

良い所が全く無い人はいませんし、問題から得られる学びは大きいですので。

 

「嫌だ」ということを「自分と価値観が違う人」だと前向きに捉えることができれば、自分にないものを吸収して成長することができるでしょう。

 

それを仕事に生かして、上司の上を目指せばよいのです。

 

対策法その2:ニュートラルな姿勢で向き合う

嫌だと思っていると、それが表情や言動になって上司に伝わってしまうので、良好な関係を築くことは難しくなります。

 

かといって、無理におべっかを使っても違和感しかありませんので、感情を無にしてニュートラルな姿勢で向き合うべきです。

 

そうすれば、嫌な上司の一挙手一投足を意識の外に追いやることができ、仕事上の必要なやり取りだけに集中することができます。

 

あまりに理不尽なことで責められたとしても、

 

「最低な上司だな!この人の下では働けない」

 

などと感情的になってはいけません。上司に反抗したとしても、良いことは一つもありませんので。

 

対策法その3:かわいそうな人だと思う

あなたが嫌な上司だと感じているのなら、他の社員も同様に感じていることが多いはず。

 

言い換えれば、慕われていない上司だということです。

 

せっかく昇進して上司になったのに、部下達から嫌われたまま会社生活を終えてしまう・・

 

個人的には、こんなにかわいそうなことはないと思っているので、寛容になるどころか同情すら覚えます。

 

Sponsored Link

 

お金を得るのにストレスはつきもの?

これまで見てきた3つの心構えと3つの対策法は、あなたのお役に立てそうでしょうか?

 

嫌な上司が異動してきたとしても、「良い学びの機会」「また異動する」と前向きかつ気楽に考えておきたいものですね。

 

 

ただ、ここで一つ質問させてください。

 

あなたは何のために仕事をしているのでしょうか?

 

 

中には自己成長や社会貢献に重きを置いている人もいるかと思いますが、ほとんどの人は「お金を得るため」ではないでしょうか?

 

それでは、お金を得るためには上司のストレスはつきものなのでしょうか?

 

いいえ、違います。会社に雇われていれば避けられませんが、会社に雇われるというのはお金を得る手段の一つなのですから。

 

ですので、どうしても嫌な上司や同僚との人間関係が上手くいかず、毎日のように仕事に行きたくないと考えたり、体調を崩してしまうようであれば、

 

それに一生耐え続けるのではなく、会社に雇われずにお金を稼ぐ力を身に付けることをお勧めします。

 

あなたは今まで会社に雇われる勉強だけをしてきたので、はじめは戸惑うかもしれません。

 

戸惑うかもしれませんが、あなたはその勉強を長期間継続してきたので、会社に雇われずにお金を稼ぐ力を身に付けるために3ヵ月ほど努力することは、無駄にはならないと思いませんか?

 

現在、私はそういった会社に雇われずにお金を稼ぐ力を身に付けたい方に向けたメルマガを配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ