ネットビジネスに対するイメージと実態。「怪しい」と感じる本質的な理由。

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

ネットビジネスについてよく知らない方は、ネットビジネスに対してマイナスのイメージを持っていることが多いと思います。

 

そのため、そういったマイナスイメージが先行して、興味があっても一歩を踏み出せない方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、ネットビジネスの実態は「怪しい」とは対極にある素晴らしいものですので、とてももったいないことだと感じています。

 

Sponsored Link

 

ネットビジネスに対するイメージ

あなたはネットビジネスに対して、こういったイメージを持っているかもしれません。

 

  • 怪しい、胡散臭い・・
  • ネットワークビジネスのこと?
  • 騙されないよ!
  • 楽して稼げるとかいうあれ?
  • 稼げるなんて嘘でしょ!
  • 損するんじゃないの?
  • ニートがやるものなんじゃないの?
  • パソコンやネット初心者でもできるの?

 

なぜなら、これらは私がネットビジネスを始める前に持っていたイメージであり、身近な人の声も大体同じだからです。

 

この業界で派手に活躍されている方に対する漠然としたイメージも影響していました。

 

ですが、ネットビジネスについて調べれば調べるほど、魅力的だと感じるようになり、実際に取り組むことで確信に変わりました。

 

ネットビジネスの実態

私がネットビジネスに取り組んできて抱いたイメージを、誇張はせず正直にお話しします。

 

  1. 「ネットビジネス = 怪しい」ではない
  2. スーパービジネスマン養成業界
  3. 継続力が鍵
  4. 相手の立場に立って考える

 

その1:「ネットビジネス = 怪しい」ではない

ネットビジネスに対して「怪しい」というイメージを持っている方が多い理由の一つとして考えられるのは、「知らないから」だと思っています。

 

私達は知らないことに対して「怪しい」「不安」といったネガティブなイメージを持つ傾向があるからです。

 

しかし、一度実態を知ってしまうと、「そうなんだ!」と一気に霧が晴れるケースがほとんどです。

 

例えば人間関係においても、「話したことがない無愛想な人」に対しては、無意識的にネガティブなイメージを持ってしまいがちです。

 

ですが、何かのきっかけで会話することがあり、その人の性格を知ってしまえば、「こういう人なのか」「思ったよりいい人だな」と感じるものです。

 

ですので、あなたがこの記事を読み終わった時、ネットビジネスに対するイメージが一変するような内容にしていきたいと思います。

 

そのため、まずはネットビジネスに取り組んでいる企業について知っていただきましょう。

 

ネットビジネスには「個人がこっそり取り組んでいる」というイメージがあり、それも怪しさを増している一因となっています。

 

ですが実際は、こういった説明不要の大企業が取り組み、大きな収益を上げているビジネスなのです。

 

  • Google
  • ヤフー
  • 楽天
  • amazon
  • ディー・エヌ・エー

 

Google

検索エンジン、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、オンライン広告

 

ヤフー

検索エンジンをはじめとするポータルサイトの運営

 

楽天

ネットショッピング等のインターネットサービス運営

 

amazon

ECサイト、Webサービス運営

 

ディー・エヌ・エー

オークション、ショッピングサイト、およびモバイル向けポータルサイトの企画・運営

 

 

ネットビジネスとは、”インターネットビジネス”の略であり、インターネットを活用したビジネスモデルの総称ですので、インターネット関連の事業を展開されている企業は、「ネットビジネスに取り組んでいる」ということです。

 

この事実を踏まえると、「ネットビジネス=怪しい」という公式が成り立たないことがお分かりいただけたかと思います。

 

「大阪人=◯◯」「B型=△△」というのと同じくらい無理があります。

 

ネットビジネスの概要と魅力とは!?

 

その2:スーパービジネスマン養成業界

ネットビジネス業界では、リアルビジネスでは知る人が少ない手法(SEO集客、フロントエンド・バックエンド構造 etc)を当然のように個人で学び、実践しています

 

そしてその手法は、リアルビジネスにも通じる、というか全てのビジネスの本質です。

 

そのため、「ネットビジネスで学んだ手法を応用することによって、リアルビジネスのほとんどの事業で結果を出すことが可能」「ネットビジネス業界は”スーパービジネスマン養成業界”」と言われることも。

 

「ネットビジネスを突き詰めることが、リアルビジネスで結果を出していくための最短ルートの一つ」と言い換えることもできるでしょう。

 

その3:継続力が鍵

とはいえ、稼ぐためには「努力を継続する」ことが必須です。

 

ネットビジネスに対して「楽して稼げる」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、実際は真面目にコツコツ努力を継続することが求められます。

 

なぜなら、いくら正しい方法を実践していても、(基本的には)すぐに結果が出るものではないからです。

 

ブログを運営し、そこに広告を貼って収益を得るビジネスを例にあげましょう。

 

収益を得るためには、ブログが検索エンジン(Google、Yahoo! 等)の上位に表示されている必要があります。

 

そして上位に表示されるためには、検索エンジンから「記事の質」「記事数」「ブログ運営期間」といった要素を高く評価されなければなりません。

 

ですので、この場合はいかに検索エンジンに評価されるまで諦めずに継続できるか、が結果を出すための鍵の一つなのです。

 

正しい方向に向かって努力を続ければ、ある時を境に稼げる時期がきますので、それを一度経験すると「ネットビジネスを諦める」ことがなくなってきます。

 

その4:相手の立場に立って考える

ネットビジネスは、ビジネスの内容や段階(ステージ)によりますが、人とやり取りせずにインターネットだけで完結することが可能です。

 

先ほどお話ししましたブログ運営についてもそう言えます。

 

ですので、ネットビジネスについてよく知らない方は、”無機質な作業”というイメージを持ってしまいがちですが、実際は“相手の立場に立って考えながらの作業”なのです。

 

なぜなら、ブログを運営しているということは、ブログを訪問して記事を読んでくれる方がいらっしゃるからです。

 

ブログを訪問してくださる方は、なんらかの情報を求めているはずですので、「役に立つ!」「楽しい☆」と感じてもらわなければなりません。

 

そのためには、ブログの訪問者の立場に立って考えながら記事を書いていく必要があります。

 

その結果として、ブログの訪問者にご満足いただければ、「記事をじっくり読み込んでいる」といった要素が検索エンジンから評価され、上位に表示されることになります。

 

ですので、「すぐに稼ぎたい!」と自分の事ばかり考えるのではなく、ユーザーにご満足いただける記事を提供することが大事です。

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

この記事を読んでいただく前と後で、ネットビジネスに対するイメージが少しでも良くなっていたら嬉しいです。

 

また、先ほどお話ししました通り、ネットビジネスには「継続力」が求められますので、日本人向きなビジネスではないかとも思っています。

 

なぜなら、日本人には真面目にコツコツ型タイプが大勢いらっしゃるからです。

 

会社勤めをしていると、真面目にコツコツ努力を継続している人が、必ずしも評価されるわけではありませんよね。

 

いろいろな意味での要領の良さ、強かさが必要になってきますので。

 

それに対してネットビジネスであれば、正しい方向に向かって努力を継続することで、結果の大小や結果の出る時期は異なりますが、会社勤めでは味わえない達成感や結果を得ることが可能になってきます。

 

ですので、ネットビジネスにご興味をお持ちのあなたには、ネットビジネスについての正しい情報を知っていただくことでイメージを一新し、チャレンジして欲しいと思います。

 

 

この記事が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

 

ご不明な点などございましたら、いつでもお問い合わせくださいね。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ