GoogleAdSenseの所有サイトを認証して広告を表示する方法

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

今回は「GoogleAdSenseの所有サイトを認証して広告を表示する方法」についてご説明します。

 

Sponsored Link

 

所有サイトを認証する

GoogleAdsenseには、あなたのサイトでのみあなたの広告コードの使用を許可する(サイトの認証)オプション機能があります。

 

そして、このオプション機能を有効にすることは、アドセンス狩り対策になります。

 

アドセンス狩りとは

アドセンス狩りとは、悪意のある第三者があなたのアドセンスアカウントを停止に追い込むことを言います。

 

そして、その手法は、主に2つあると言われています。

 

  1. 不正クリック
  2. 禁止コンテンツに広告コードを転載する
不正クリック

「不正クリック」とは、あなたのブログの訪問者が、悪意を持ってアドセンス広告を何回もクリックすることによって、あなたのアドセンスアカウントを停止に追い込むことを言います。

 

広告主はクリック回数に応じて広告料を支払っていますので、不正にクリックされては、無駄に広告料を支払うことになってしまいます。

 

ですので、Googleとしてはアカウントを停止するといった厳しい措置をとらざるをえないのです。

 

たとえブログの運営者に非がないとしても。

 

禁止コンテンツに広告コードを転載する

「禁止コンテンツに広告コードを転載する」とは、あなたのブログの訪問者が、悪意を持ってアドセンスの広告コードを取得し、そのコードを禁止コンテンツに貼ることによって、あなたのアドセンスアカウントを停止に追い込むことを言います。

 

禁止コンテンツ

 

実は、広告コードは、ブログのソースコードを表示する際に一緒に表示されるため、誰でも簡単に調べることができるのです。

 

 

このように、アドセンスアカウントは常に危険にさらされているものですから、「所有サイトを認証する」ことで、「禁止コンテンツに広告コードを転載する」の対策を打ちましょう。

 

※現状、「不正クリック」を防止することはできません。不正クリックを察知(クリック率が異状に高い)した段階でGoogleに報告し、悪意のある第三者の仕業であることを示していくことになります。

 

無効なクリックの連絡フォーム

 

所有サイトを認証する方法

1. GoogleAdsenseの管理画面にログインしてください。

 

2. [歯車アイコン]→[設定]をクリックしてください。

 

GoogleAdSenseの所有サイトを認証して広告を表示する方法

 

3. [アカウント]→[サイト管理]をクリックしてください。

 

GoogleAdSenseの所有サイトを認証して広告を表示する方法

 

4. [サイト管理]画面が表示されましたら、赤枠部分にGoogleAdSenseを使用しているブログのドメイン(◯◯.com)を入力し、[サイトを追加]ボタンをクリックしてください。

 

GoogleAdSenseの所有サイトを認証して広告を表示する方法

 

※[所有サイト]・・[所有サイト]リストに登録されているサイトが表示されます。

 

※[未申請]・・過去7日間にサイト運営者IDを使用して広告を配信しているものの、[所有サイト]リストに登録されていないサイトが表示されます。

 

5.  [所有サイト]に追加しましたら、 [自分のサイトのみ自分の広告コードの使用が許可されています]にチェックを入れて(サイトの認証)ください。

 

GoogleAdSenseの所有サイトを認証して広告を表示する方法

 

ここにチェックを入れることで、[所有サイト]に追加したサイトでのみ広告コードの使用が許可され、収益が得られます。

 

[所有サイト]に追加していないサイトに広告コードを貼った場合でも、広告は表示されますが、収益は得られません。

 

Sponsored Link

 

まとめ

アドセンスの規約を遵守しているのに、悪意のある第三者のせいでアドセンスアカウントが停止されてはたまったものではありません。

 

ですので、今後もブログを作成しアドセンス広告を貼る場合は、同じ手順で[所有サイト]に追加・認証してください。

 

 

この記事が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

 

ご不明な点などございましたら、いつでもお問い合わせくださいね。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ