SEO対策(内部SEO対策、外部SEO対策)を総括!Googleの目的を理解すること。

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

ここまで、SEO対策・外部SEO対策・内部SEO対策についてご説明しましたので、今回はそれらを総括します。

 

まだこれらの記事をご覧になっていないあなたは、あわせてご覧ください。

 

SEO(検索エンジン最適化)の基礎知識と一番のSEO対策

外部SEO対策の基礎知識と注意点

内部SEO対策の基礎知識と必ず押さえるべき2つのポイント

 

Sponsored Link

 

SEO対策の変わらない本質

SEO対策とは、「検索エンジンで特定のキーワードを検索した時に、あなたのサイトを検索結果の上位に表示させるための施策」です。

 

そして、その本質は、「ユーザーにとって価値がある記事を提供し、ユーザーにとって心地良いサイト環境を作ること」です。

 

なぜなら、Googleの目的は「ユーザーにとって価値があるサイトを検索エンジンの上位に表示させること」なのですから。

 

内部SEO対策に注力する

SEO対策の本質は「ユーザーにとって価値がある記事を提供し、ユーザーにとって心地良いサイト環境を作ること」だとお話ししました。

 

そして、これは内部SEO対策そのものであり、内部SEO対策に注力することが外部SEO対策にもなります。

 

ですので、

 

内部SEO対策 : 外部SEO対策 = 99 : 1

 

くらいの気持ちで、内部SEO対策だけに集中していただければOKです。

 

Sponsored Link

 

内部SEO対策のポイント

内部SEO対策のポイントは、「キーワード選定」「サイトの質」の2つです。

 

しっかりとキーワードを選定することによって、あなたのサイトが検索エンジンの上位に表示されるので、ユーザーの目に留まります。

 

そして、そこで質の高いサイトを提供することによって、満足していただくことができます。

 

ユーザーに満足していただけると、「サイト滞在時間と一人当たりのページビュー数」が伸びていきますし、ユーザーのサイトからリンクを張ってもらえる(外部SEO対策)ことがあります

 

Googleはそれらを高く評価しますので、あなたのサイトはより上位に表示されるようになります。

 

まとめ

Googleの目的は「ユーザーにとって価値があるサイトを検索エンジンの上位に表示させること」であり、それはこの先も変わらないでしょう。

 

ですので、そこをしっかり理解して、内部SEO対策を講じれば、あなたのサイトは検索エンジンの上位に表示されます。

 

SEO対策とは、このようにシンプルなのです。

 

 

この記事が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

 

ご不明な点などございましたら、いつでもお問い合わせくださいね。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ