パンダアップデートとペンギンアップデートとは?結局は質の高い記事を提供すること。

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

今回は、Googleが行う「パンダアップデート」「ペンギンアップデート」についてご説明します。

 

Sponsored Link

 

Googleのアップデートとは

一般的に言われるアップデートとは、システムや情報を最新のものにすることです。

 

Googleの「パンダアップデート」と「ペンギンアップデート」も同じで、検索結果の順位を決めるアルゴリズムを最新のものにします。

 

Googleの目的は「ユーザーにとって価値が高いサイトを検索エンジンの上位に表示させること」ですので、アルゴリズムを更新することによって、ユーザーにとって価値が高いサイトだけを上位に表示させているのです。

 

パンダアップデートとは

パンダアップデートとは、一言でいうと、「ユーザーにとって価値が低いサイトの順位を下げる」アップデートです。

 

例えば、以下の特徴を持つサイトを「価値が低いサイト」と判断しています。

 

  • 内容が薄い
  • 独自性が低い
  • 重複記事が多い
  • 他人のサイトをコピー
  • 広告ばかり

このように、Googleが「価値が低いサイト」と判断しているサイトは、誰が見ても価値が低いと感じるサイトばかりです。

 

ユーザーは情報を求めて検索エンジンでキーワードを検索していますので、当然キーワードに沿った質の高い記事を求めています。

 

ですので、こういったサイトばかりが上位に表示されていたら、Googleを利用しなくなってしまいますよね。

 

それでは困るので、Googleはユーザーのためにも自社のためにも、誰が見ても価値が低いサイトの順位を下げることによって、価値が高いサイトだけを上位に表示させているのです。

 

ペンギンアップデートとは

ペンギンアップデートとは、一言でいうと、「不自然な被リンクのあるサイトの順位を下げる」アップデートです。

 

例えば、「不自然な被リンク」とは、以下の記事で「不自然な外部SEO対策」とお話ししました、

 

  • サテライトサイトからの被リンク
  • 被リンクサービスからの被リンク
  • 相互リンク

が挙げられます。

 

外部SEO対策の基礎知識と注意点

 

Googleは不自然さを嫌いますから、自作自演によって、あたかもユーザーの満足度が高いかのように装うサイトの順位を下げているのです。

 

反対に、自然な被リンクをもらっている(ユーザーからのお墨付きを得ている)サイトだけを上位に表示させているのです。

 

結局は記事の質

こういったアップデートがあると聞くと、少し気が張ってしまうかもしれません。

 

しかし、ユーザーにとって価値が高い記事を書いて、正々堂々と取り組んでいれば、特に気にする必要はありません。

 

なぜなら、Googleの目的は「ユーザーにとって価値が高いサイトを検索エンジンの上位に表示させること」なのですから。

 

そして、ユーザーにとって価値が高い記事を書くことは、内部SEO対策そのものですから、こちらの記事もあわせてご覧ください。

 

内部SEO対策の基礎知識と必ず押さえるべき2つのポイント

 

 

この記事が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

 

ご不明な点などございましたら、いつでもお問い合わせくださいね。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ