コピーライティングの概要と重要性!人の心を動かすということ

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

あなたは「コピーライティング」という言葉を耳にしたことはありますか?

 

コピーライティングは、ネットビジネスに取り組む上で最も重要なスキルですので、しっかり勉強していきましょう。

 

Sponsored Link

 

コピーライティングの概要

コピーライティングとは、一般的には「商品を売り込むための文章を作成するスキル」ですが、「商品の魅力を100%伝えきるスキル」と言い換えることもできます。

 

そして、コピーライティングの目的は、「文章の力で人の心を動かして、商品を購入してもらうこと」です。

 

ネットビジネスでは、ユーザーに提供するコンテンツのほとんどは文章(ブログ記事、メールマガジン等)ですので、コピーライティングは最重要スキルの一つなのです。

 

それにも関わらず、コピーライティングの勉強を後回しにされる方は少なくありません。

 

その理由は「本業が忙しいので、記事を書くだけで精一杯」など様々ですが、根本にあるのは「コピーライティングの重要性を十分に理解していない」ことだと感じています。

 

コピーライティングの重要性を十分に理解していれば、勉強せずにはいられないはずですので。

 

コピーライティングの重要性

売上に直結する

先ほどお話しした通り、コピーライティングの目的は「文章の力で人の心を動かして、商品を購入してもらうこと」ことです。

 

ですので、コピーライティングスキルによって成約率は大きく変わり、それに伴って売上も大きく変わります。

 

売上は、「客数 × 成約率 × 客単価」で計算しますから、

 

例えば、客数が100人、客単価が1,000円だった場合、

 

成約率1% → 売上1,000円

100人 × 1% × 1,000円  =  1,000円

 

成約率1.5% → 売上1,500円

100人 × 1.5% × 1,000円 = 1,500円

 

といった形で、成約率に伴って売り上げは大きく変わっていきます。

 

コピーライティングスキルを高めることによって、成約率が高まるので、売上も上がっていく・・・

 

これでもコピーライティングの勉強を後回しにできるでしょうか?

 

商品の魅力を伝えきる

商品、サービス、そして人間に対しても言えますが、その魅力をきちんと伝えなければ、理解してもらうのは難しいです。

 

例えば、自宅近所に美味しいカツカレーを提供してくれるカレー屋さんがあるのですが、店頭看板に「カツカレー」という文字と「カツカレー」の写真しか書いてありません。

 

確かに「カツカレー」が売りであることは分かりますし、写真によりイメージは湧きますが、商品の魅力を十分に伝えきれているかどうかは疑問です。

 

ですので、例えば、

 

「◯◯産の揚げたてカツと熱々カレーのハーモニー!おふくろの味風カツカレー(1日30食限定) が400円! お早めに」

 

と書き換えれば、以前よりはお客様の心が揺れ動くと考えられます。

 

このように文章を変えるだけで、カレー屋は新規顧客を獲得でき、お客様は美味しいカツカレーを堪能することができるのです。

 

これはまさに、文章の力で人の心を動かして、商品を購入してもらったわけですが、お客様が必要としないものを無理に売り込んだわけではありません。

 

お客様のためになる商品の魅力を100%伝えきることで、お客様と商品を繋いだのです。

 

また、コピーライティングスキルは、普段の会話でも使用できますので、本質を体得すれば、ごく自然にあなたの魅力を同僚や上司に伝えることが可能になります。

 

DRMとの相性が良い

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは、「あなたの商品に興味があるお客様を引き寄せ、商品を売る方法」であり、「集客→教育(信頼)→販売」の流れで行います。

 

  • 集客・・ブログ記事 等
  • 教育・・メールマガジン 等
  • 販売・・セールスレター 等

そして、DRMとコピーライティングの相性は抜群です。

 

なぜなら、DRMの「集客」「教育」「販売」のどの段階でも文章を使用するからです。

 

文章で「集客」し、文章で「教育」し、文章で「販売」するのです。

 

ですので、お客様の心に響くコピーを1度書いてしまえば、ほぼ自動で「集客」「教育」「販売」を行い、収益が発生する仕組みを作り上げることも可能です。

 

しかし反対に、コピーライティングスキルがなければ、DRMは散々な結果に終わってしまいます・・

 

Sponsored Link

 

コピーライティングのスキルを身に付ける方法

ここまでお話ししました「コピーライティングの重要性」をご理解いただけたでしょうか?

 

そうなると次は、「どうやってスキルを身に付ければいいの?」という疑問が生じるかと思います。

 

コピーライティングのスキルを身に付ける方法は、ひたすらインプットとアウトプットをすることです。

 

インプットとは、例えば、書籍や情報商材で、心理学・社会学・文章術について学ぶことです。

 

人の心はどういった時に動くのかを理解し、人の心を動かす文章術を学ぶのです。

 

そしてアウトプットとは、例えば、コピーライティングスキルが高い方のコピーを書き写すことです。

 

一見するとただの書き写しですが、それによって文章構成や言い回し、書き手の気持ちが理解できるようになります。

 

インプットも大事ですが、特にアウトプットが大事ですので、お手本となるコピーを見つけたら、「人の心を動かす」ことを意識しながら、ひたすら書き写してください。

 

まとめ

先ほどお話しした通り、コピーライティングスキル次第で成約率は大きく変わり、それに伴って売上も大きく変わります。

 

ですので、本気でネットビジネスに取り組むのであれば、スキルを身に付け、磨き続ける必要があります。

 

そしてその先には、自動で大きな収益が発生する世界も存在しますので、あなたもこの記事をきっかけに、コピーライティングの世界に飛び込んでみてください。

 

 

この記事が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

 

ご不明な点などございましたら、いつでもお問い合わせくださいね。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ