コピーライティングにおいて最も重要なリサーチについて

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

今回は、コピーライティングにおいて最も重要な「リサーチ(調査)についてご説明します。

 

Sponsored Link

 

リサーチの重要性

コピーライティングにおいて、最も重要な作業は「リサーチ」です。

 

売る商品が決まっている上で、どうやってコピーを書くかを決めるための調査です。

 

なぜなら、しっかりとリサーチをすることによって、ターゲットユーザーの心に響く(反応を取れる)コピーを書くことができるからです。

 

それはつまり、成約率が高くなることを意味します。

 

反対にリサーチをしなければ、どれだけコピーライティングのテクニックを駆使しても、ユーザーの心に響くコピーを書くことは難しいです。

 

セールスレターの成約率は、リサーチの段階で八割方決まると言われるほどですので、時間と労力を費やすべき作業です。

 

リサーチのポイント

コピーライティングにおけるリサーチは、「マーケット(市場)リサーチ」「自分の商品のリサーチ」に分けることができます。

 

そして、いずれも「相手の気持ちを理解すること」がポイントになってきます。

 

なぜなら、リサーチをすることによって、相手(ターゲットユーザー)の気持ちを真に理解してこそ、心に響くコピーを書くことができるからです。

 

例えば、あなたが一目惚れした異性にラブレターを書こうとしても、おそらく心に響くラブレターは書けないはずです。

 

なぜなら、相手のことを全く知らないので、どういった言葉が心に響くのか分からないからです。

 

それはネットビジネスも同じですので、しっかりとリサーチをすることでターゲットユーザーの気持ちを理解し、心に響くコピーを書いていきましょう。

 

Sponsored Link

 

リサーチの方法

それではいよいよ、リサーチの方法を具体的にご説明します。

 

マーケットリサーチ(4つ)

その1:物に聞く

「物に聞く」とは、あなたが売る商品に関連する情報を、色々なメディアでチェックするということです。

 

例えば、株関連の商品を売るのであれば、株関連の雑誌や株関連商品のネットレビューを見てください。

 

それによって、求められているものが分かってくるからです。

 

特に雑誌は、需要がある市場を知る上でも重要ですので、専門誌から特集を組んでいる雑誌まで、幅広く読んでください。

 

雑誌は広告費で成り立っているため、「広告を出している市場=需要がある市場」ということで、需要がある市場であることを確認できれば、後はコピーライティングの力で売ることができます。

 

その2:人に聞く

「人に聞く」とは、ターゲットとしている市場にいる人の話を聞くということです。

 

なぜなら、すでに市場にいる人の話を聞くことで、疑似体験できるからです。

 

あなたの身近な方はもちろんのこと、インターネット(SNS)を利用すれば、いくらでも話を聞くことはできるはずです。

 

例えば、株の初心者向けの商品を売るのであれば、株の初心者の方のお話しを聞くことで、普段の行動や考えていることを知ることができます。

 

その3:自分に聞く

「自分に聞く」とは、ターゲットユーザーと同じ体験をするということです。

 

実際に自分で体験することによって、ターゲットユーザーの気持ちの深い部分が分かってきます。

 

話を聞くだけでは分からないであろう「ターゲットユーザーが使う言葉」「ターゲットユーザーの心に響く言葉」といったところまで、感覚的に分かってくるのです。

 

例えば、株の初心者向けの商品を売るのであれば、株の初心者の方の勉強方法や実践方法を真似します。

 

リサーチの中でも特に大変な作業ですが、自分の体を使って得たデータは何よりも貴重ですので、一歩抜きん出ることができます。

 

その4:ユーザーに響く言葉を書き出す

「物」「人」「自分」に聞きましたら、今度は「ターゲットユーザーの心に響く言葉」を書き出します。

 

ターゲットユーザーと同じ体験をすることによって、ターゲットユーザーに近づいているので、今の自分に響く言葉がターゲットユーザーに響く言葉になっています。

 

そして、そのキーワードをセールスレターに盛り込むことによって、反応が取れるセールスレターが出来上がります。

 

自分の商品のリサーチ

「自分の商品のリサーチ」とは、自分の商品について知るためのリサーチです。

 

なぜなら、自分が提供している商品について、十分理解していないケースがあるからです。

 

ですので、例えば、商品を買ってくれたお客様に「買ってくれた理由」を尋ねることによって、自分の商品と他の商品の違い(ユニーク性)を見つけていきます。

 

ユニーク性を自覚できれば、自分の商品の魅力をハッキリと伝えることができるようになります。

 

まとめ

しっかりと「マーケット」と「自分の商品」をリサーチすることによって、ターゲットユーザーの心に響くコピーを書くことができるので、成約率は上がっていきます。

 

成約率が上がるということは、売り上げが上がるということです。

 

ですので、リサーチは大変な作業ではありますが、必ず取り組んでください。

 

 

この記事が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

 

ご不明な点などございましたら、いつでもお問い合わせくださいね。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ