コピーライティングで乗り越えるべき4つの心理障壁「4つのNOT」とは

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

読み手には4つの心理障壁「4つのNOT」があるので、これを順番に乗り越えなければ、行動(商品を購入)してもらえません。

 

そこで必要になるのが、コピーライティングの力です。

 

コピーライティングの力によって、読み手の「4つのNOT」を乗り越えるのです。

 

そこで今回は、コピーライティングで乗り越えるべき4つの心理障壁「4つのNOT」についてご説明します。

 

Sponsored Link

 

4つの心理障壁「4つのNOT」とは

4つのNOTとは、「Not Open(ノットオープン)」「Not Read(ノットリード)」「Not Believe(ノットビリーブ)」「Not Act(ノットアクト)」のことです。

 

  1. Not Open・・開かない
  2. Not Read・・読まない
  3. Not Believe・・信じない
  4. Not Act・・行動しない

Not Open(開かない)

Not Openとは、読み手がメール(セールスレター)を開かないという壁です。

 

開かないとは、「気付かない」「興味がない」「そもそもメールが届いていない」という状況です。

 

開いてもらえなければ、一生懸命に読み手のためになる内容を書いていても、全てが無駄に終わってしまいます。

 

ですので、とにかく「Not Open」の壁を乗り越えなければ始まりません。

 

Sponsored Link

 

Not Read(読まない)

Not Readとは、読み手がメール(セールスレター)を読まないという壁です。

 

読まないとは、「読みたくない」「興味が湧かない」という状況です。

 

たとえ開いてもらえても、読んでもらえなければ、「Not Open」と同じで全てが無駄に終わってしまいます。

 

ですので、読み手がどうしても読みたくなる工夫をしていく必要があります。

 

そして、この「Not Read」が1番厚い壁ですので、この壁を乗り越えることに全精力を注ぎ込む必要があります。

 

Not Believe(信じない)

Not Believeとは、読み手がメール(セールスレター)を信じないという壁です。

 

信じないとは、「信用できない」「分からない」という状況です。

 

信じてもらえなければ行動してもらえませんので、コピーライティングのテクニックを駆使して、信頼残高を増やしていきます。

 

ここでしっかりと信頼関係を構築できれば、ファン(リピートしてくれる)になってもらうことも可能です。

 

Not Act(行動しない)

Not Actとは、読み手が行動しないという壁です。

 

行動しないとは、「購入しない」「決断できない」「面倒くさい」という状況です。

 

決断をするのには勇気がいりますし、お金や時間の問題もあります。

 

ですので、コピーライティングのテクニックを駆使して、背中を押してあげる必要があります。

 

まとめ

読み手には4つの心理障壁「4つのNOT」があるので、コピーライティングの力で「Not Open」から順番に乗り越えていきます。

 

そして、一番の難関は「Not Read」ですから、とにかく読んでもらうことに全精力を注ぎ込んでください。

 

読んでもらえさえすれば、「Not Believe」と「Not Act」の壁を乗り越えることは、それほど難しくはありません。

 

 

この記事が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

 

ご不明な点などございましたら、いつでもお問い合わせくださいね。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ