「GDTの法則」で読み手の感情を大きく動かす!

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

人は「感情」で購入を決断するので、読み手の感情を大きく動かすことによって、セールスレターの成約率はアップしていきます。

 

そして、読み手の感情を大きく動かすためには、人間の欲求を刺激する必要があるので、人間の欲求に言及している「GDTの法則」についてご説明します。

 

Sponsored Link

 

GDTの法則

GDTの法則とは、人間が持つ9つの欲求を「Goal」「Desires」「Teasers」の3段階に分けたものです。

 

  1. Goal(目標)・・Time、Effort、Money
  2. Desires(欲望)・・Greed、Lust、Confort
  3. Teasers(本性)・・Scarcity、Curiousty、Controvesy

 

そして、「Goal」→「Desires」→「Teasers」の順に欲求レベルが強くなっていきます。

 

言い換えると、理性から本能に近づいていくということです。

 

読み手の感情を大きく動かすためには、これら9要素をできるだけたくさんセールスレターに盛り込む必要があります。

 

Goal(目標)

Goalとは、人間の3大目標です。

 

  • Time(時間)・・時間をかけたくない
  • Effort(努力)・・努力したくない
  • Money(お金)・・たくさんお金を稼ぎたい

 

人間は、努力もせず時間もかけずにお金を稼ぎたいと思っているということです。

 

これらの要素を盛り込んだコピーを書くとすれば、

 

「1日たった5分の簡単作業で、1週間後に100万円を稼ぐ方法とは?」

 

というものが考えられます。

 

ただ、Goalは、GDTの中ではもっとも感情を動かす幅が小さいので、Goalの要素だけでは不十分です。

 

Sponsored Link

 

Desires(欲望)

Desiresとは、人間の3大欲望です。

 

  • Greed(富、名声)・・富や名声が欲しい
  • Lust(美、性)・・美しくなりたい、異性にモテたい
  • Confort(快適性)・・悩みや心配がない状態でいたい

 

人間は、富や美、快適性を求めるということです。

 

これらの要素を盛り込んだコピーを書くとすれば、

 

「このスキルを身につければ、社会的な地位が得られ、一生お金と異性に困ることがない人生を送ることができます

 

というものが考えられます。

 

Teasers(本性)

Teasersとは、人間の3大本性です。

 

  • Scarcity(希少性)・・珍しい、限定
  • Curiousty(興味)・・興味をかきたてられる
  • Controvesy(反社会性)・・反社会的、問題がある

 

人間は、希少性や興味、反社会性といった要素に惹かれるということです。

 

これらの要素を盛り込んだコピーを書くとすれば、

 

「高校生がたった1週間で1,000万円稼いだ反則スレスレの投資法を、3日間限定で公開しています」

 

というものが考えられます。

 

Teasersは、人間の3大本性というだけあって、抗うことが難しい強烈な欲求となっています。

 

ただ、Teasersの要素ばかりを盛り込むと、怪しいセールスレターになってしまう恐れがあるので、バランスが大事です。

 

まとめ

GDTの法則の9要素をできるだけたくさんセールスレターに盛り込むことによって、読み手の感情を大きく動かすことができます。

 

特に、一番欲求レベルが強い「Teasers」と次に強い「Desires」を全て盛り込めば、感情は大きく動くので、高額な商品でも売れるようになります。

 

ですので、「Teasers」と「Desires」を中心に、あなたが販売する商品に合う要素を自然にたくさん盛り込んでいきましょう。

 

 

この記事が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

 

ご不明な点などございましたら、いつでもお問い合わせくださいね。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ