Googleアドセンスへの申し込みはWordPress(独自ドメイン)一択!

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

2016年3月頃を境に、無料ブログ(厳密に言えば、パス(サブディレクトリ)やサブドメイン)でGoogleアドセンスに申し込むことはできなくなりました。

 

ですので、2016年3月以降は、Googleアドセンスへの申し込みはWordPress(独自ドメイン)一択になったと考えてください。

 

Sponsored Link

 

独自ドメインとは

独自ドメインとは、この世でただ一つあなただけのドメインです。

 

独自ドメイン形式のURLは、以下の通りです。

 

http://example.com/

 

「example」の部分は、お好きな文字列を指定して、「com」の部分は、使用できるドメインの種類から選びます。

 

スタードメインで独自ドメインを取得する方法

 

無料ブログでの申し込みはできなくなった

2016年3月頃を境に、無料ブログ(厳密に言えば、パス(サブディレクトリ)やサブドメイン)でGoogleアドセンスに申し込むことはできなくなりました。

 

ですので、申し込み時の入力画面の[ウェブサイト](URL)欄に、パス(サブディレクトリ)やサブドメインを入力すると、以下の通りエラーになります。

 

Googleアドセンスへの申し込みはWorPress一択!

 

パス(サブディレクトリ)とは

パス(サブディレクトリ)形式のURLは、以下の通りです。

 

http://example.com/path/

 

※「http://example.com/」を元(ルートドメイン)とした場合。

 

サブドメインとは

サブドメイン形式のURLは、以下の通りです。

 

http://subdomain.example.com/

 

※「http://example.com/」を元(ルートドメイン)とした場合。

 

例えば、無料ブログであるSeesaaブログを利用した場合、以下の形式のURLが割り振られますが、

 

http://subdomain.seesaa.net/

 

これは「seesaa.net」のサブドメインなので、申し込み時にNGとされます。

 

Sponsored Link

 

申し込みはWordPress一択!

ですので、Googleアドセンスへの申し込みはWordPress(独自ドメイン)一択と考えて、はじめから、

 

  1. サーバーを契約する
  2. 独自ドメインを取得する
  3. (サーバーと独自ドメインをひも付ける)
  4. WordPressを構築する

の手順でWordPressを構築していきましょう。

 

WordPress(ワードプレス)の構築方法から初期設定、操作方法までの一連の流れ

 

サーバー契約や独自ドメイン取得などで、1ヶ月あたり1,000円程度かかりますが、無料ブログで申し込みできた時も、遅かれ早かれWordpressにステップアップしていくので、それほど状況は変わっていません。

 

ちなみに、海外では以前からこういった状態だったようなので、その流れが日本にも来ているのだと考えられます。

 

申し込み用ドメインと本番用ドメインは分ける?

それでは、WordPressを構築していこうとなった時、

 

申し込み用ドメインと本番用ドメインは分けるの?

 

という疑問が生じるかと思います。

 

どちらが正解ということはありませんが、私は分けることをお勧めします。

 

※申し込み用ドメインと本番用ドメインを分けるのであれば、申し込み用ドメインは、キャンペーンなどで安くなっているドメインを取得しましょう。

 

理由1:練習するため

Googleアドセンスに申し込む時点では、ブログやWordPressに関しては初心者の方が多いかと思います。

 

ですので、まずは申し込み用ドメインと割り切って、記事の書き方やWordPressの操作に慣れてから、本番ドメインを取得する方が良いと考えています。

 

理由2:ブログの内容が決まっていないため

Googleアドセンスに申し込む時点では、「ブログの題材」が決まっていない方が多いかと思います。

 

そのため、日記や備忘録といった記事を10記事ほど書いて、申し込むことをお勧めしています。

 

そして、その場合は、申し込み前に書いた記事の内容と、Googleアドセンスの承認を得てから決めた「ブログの題材」に違いが出てきます。

 

つまり、記事の内容に一貫性がない状態であり、これはユーザーから見ても検索エンジンから見てもマイナスなので、申し込み用ドメインと本番用ドメインを分けることをお勧めします。

 

まとめ

何事にも言えますが、サービスというものは、時代の変化に対応するためであったり、ユーザーの利便性を向上させるために、日々形を変えていきます。

 

例えば、Googleアドセンスの申し込み手続き一つとっても、

 

  • 2015年11月頃を境に、Googleアドセンスの申し込み手続きが変わった。
  • 2016年3月頃を境に、無料ブログ(厳密に言えば、パス(サブディレクトリ)やサブドメイン)でGoogleアドセンスに申し込むことはできなくなった。

といった形で変わっています。

 

ですので、こういった変化は頭を悩ませる要因になり得ますが、変化することは当たり前だと考えて、柔軟に対応していきましょう。

 

Googleアドセンスへの申し込み方法!承認を得るために必要な作業とは?

 

 

この記事が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

 

ご不明な点などございましたら、いつでもお問い合わせくださいね。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ