人付き合いが苦手な人が職場で心がけるべきたった1つのこと

人付き合いが苦手な人が職場で心がけるべきたった1つのこと

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

生きていく上で、「人付き合い」は避けては通れません。

 

なので、人付き合いが苦手な人にとっては、深刻な問題になり得ます。

 

かくいう私も、個人主義的なところがありますし、不器用なタイプですので、人付き合いはハッキリ言って苦手です。

 

ですが、特に人生で長い時間を過ごす職場では、なるべく良い関係を構築していきたいものです。

 

そこで今回は、人付き合いが苦手な人が職場で心がけるべきたった1つのことについてお話しします。

 

Sponsored Link

 

職場で心がけるべきたった1つのこと

人付き合いが苦手な人が、少しでも職場の人間関係を良くしていくために心がけるべきことは色々考えられます。

 

考えられますが、この記事では、シンプルにたった1つに絞ってみました。

 

それは、「意外と気さくな人を目指す」ということです。

 

ここで言う気さくな人とは、人柄や態度がさっぱりして明るく、物事にこだわらない人のことです。

 

こう言われると、「もともと明るい人じゃないと難しい」とお考えになるかもしれませんが、それほど難しいことではないと思っています。

 

なぜなら、誰でもすぐにできる「にこやかに丁寧に対応する」ことによって、「意外と気さくな人」という印象を与えることができるからです。

 

私のように口数が少ない人間でも、仕事上声をかけてきた人に、にこやかに丁寧に対応することはできます。

 

たとえ分からないことを質問されたとしても、にこやかに丁寧に「分かりません。お役に立てなくてごめんなさい。」と答えることなら難しくはありません。

 

そうすることによって、あなたは周囲から「意外と気さくな人」だと思ってもらえるようになります。

 

一般的には、人付き合いが苦手な人に対する印象は「とっつきにくいな」というものですが、にこやかに丁寧に対応することによって、「でも、悪い人ではないんだな」とプラスに変わっていくのです。

 

反対に、あなたが声をかける場合も、にこやかに丁寧に声をかければ、相手にとっつきにくいと思われていた分、嬉しく思ってもらえるものです。

 

あなたが上司で、部下に声をかける場合であれば、なおさらです。

 

そして、にこやかに丁寧に対応することにより、印象がプラスに変わっていけば、当然人間関係も良くなっていきます。

 

ただ、人間関係が良くなっていくとはいっても、特別親しくなるまでには至らないかもしれませんが、それでも良いと思っています。

 

まだまだとっつきにくい部分があるとしても、「実際は意外と気さくな人」であると思ってもらえれば、職場で平穏な人間関係を築くことはできるはずですので。

 

もちろん、もともと気さくな人に比べると、気さくさのレベルが違いますが、それと比較する必要はありません。

 

人は人、あなたはあなたなのですから。

 

【関連記事】
職場の人間関係がこじれて無視される時の4つの対処法!?

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

人付き合いが苦手な人の中には、無理して人付き合いをする人がいるかもしれませんが、そこまでする必要はないと思っています。

 

なぜなら、人付き合いが苦手というのは、生まれ持った気質や、過去の経験によって形成されたものなので、変えることは難しいですし、「意外と気さくな人」を目指していけば良いと考えているからです。

 

たとえ、とっつきにくいと思われたとしても、「意外と気さくな人」であると思ってもらうことで挽回すれば良いのです。

 

もともとマイナス評価だったところ、意外なプラス面を発見したということで、評価は一転するはずです。

 

ですので、「人付き合いが苦手な自分」を受け入れてしまい、そこから無理なく「意外と気さくな人」を目指していきましょう。

 

ただ、人付き合いが苦手な人の場合、会社に所属するよりも、一人で働く方が向いているケースは少なくありません。

 

向いているということは、能力を発揮できるということです。

 

ですので、最後に、人付き合いが苦手なあなたに「新しい選択肢」をご紹介します。

 

新しい選択肢とは、会社に雇われずに自宅にいながらパソコン1台で稼ぐインターネットビジネスです。

 

インターネットビジネスに対するあなたのイメージは、

 

「インターネットビジネスって何?」
「インターネットビジネスって怪しそう・・」
「インターネットビジネスで稼げるの?」

 

といったネガティブなものかもしれません。

 

ですが、インターネットビジネスとは、「インターネットを活用したビジネスモデルの総称」ですので、怪しいどころか、多くの企業が参入しているビジネスなのです。

 

例えば、「Google」、「ヤフー」、「楽天」といった大企業がインターネット広告等で大きな収益を得ているのは周知の事実です。

 

そして、大枠としては同じことを個人が行うだけなのです。

 

自宅にいながらパソコン1台で稼げる時代が到来したことは、私達のように人付き合いが苦手な人にとっても渡りに船なので、少しずつ不安を解消しながらチャレンジされることをお勧めしています。

 

チャレンジするとはいっても、いきなり仕事を辞めるのではなく、今現在の仕事を続けながら稼ぐ力を身につけ、「このまま副業でいくのか」「本業にしていくのか」を決定するのが現実的です。

 

たとえ副業であっても、会社に雇われていると当たり前のようにいただける給料とは別の収入源を得ることは、先行き不透明な世の中を生き抜くためには必須です。

 

今現在、私は人付き合いが苦手なあなたに向けて、会社に雇われずにインターネットビジネスでお金を稼ぐ力を身につけるためのメルマガを配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ