劣等感の原因と意外な克服方法!劣等感があるから強くなれる!

劣等感の原因と意外な克服方法!劣等感があるから強くなれる!

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

劣等感というものは、誰しも多かれ少なかれ抱くことがあるものだと思います。

 

例えば、大学時代の友人よりも給料が低かったり、会社の同期よりも出世が遅れたり、友人よりも異性にモテなかったり・・

 

数え上げたらきりがないほど、他人と比べて劣等感を抱く場面は存在します。

 

ですが、劣等感の抱き方には個人差があり、中には強烈な劣等感を抱いて「自分はダメな人間なんだ」と思い込んでしまうケースもあります。

 

そして、そういった人の中には、そんな自分を変えるために努力している人が大勢いらっしゃいますが、なかなか上手くいかないのが現状のようです。

 

ですので、今回は、今まで劣等感を抱くことが多かった私なりの克服方法をご紹介します。

 

人生を前向きに生きるために大切なことですので、よろしければご覧ください。

 

Sponsored Link

 

劣等感の原因

劣等感を強める原因は、色々考えられますが、その一つとして「競争社会での敗北」が考えられます。

 

例えば、勉強が得意ではないA君がいたとします。

 

A君は、勉強は得意ではないので、中学時代の成績は学年最下位であり、先生からも同級生からもそういった目で見られていました。

 

そのため、A君は学年最下位という事実から強い敗北感を抱き、周囲の目もあって「敗北」を認めてしまいました。

 

このように、何かしらの分野で敗北感を抱き、それを認めることを繰り返すことが、劣等感を強める原因の一つだと考えられます。

 

そうなると、A君が中学を卒業してから、何かに取り組みたいと思ったとしても、無意識的に「どうせ僕には無理だよ・・」と考えてしまい、自分で行動をストップさせてしまう恐れがあります。

 

そしてそれが、ますます劣等感を強くすることになるのです。

 

確かに、A君は勉強が苦手ですが、何かのきっかけでできるようになる可能性はあるはずなので、本当に悲しいことです。

 

劣等感の克服方法

それを踏まえて、劣等感の克服方法を見ていきましょう。

 

言い換えると、「どうやって劣等感と付き合っていくか?」ということです。

 

劣等感と上手に付き合っていくことができれば、それで悩むことはなくなります。

 

それどころか、「劣等感があるからこそ頑張れる!」とさえ思えるようになるでしょう。

 

実際に、劣等感と上手に付き合い、成功してきた人は数えられないほど沢山います。

 

スコットランド生まれのアメリカの実業家であるアンドリュー・カーネギー(1835年-1919年)を例に挙げましょう。

 

アンドリュー・カーネギーは、カーネギー鉄鋼会社を創業して大金持ちになり、「鋼鉄王」と称されましたが、生まれは「貧しい家庭」でした。

 

そのため、学校に行くこともできず、少年時代から生活のために働く日々を送っていました。

 

ですので、普通の人間と同じように他の家庭と比較して、「貧しい」ことに強い劣等感を抱いていたのだと言います。

 

ですが、彼はそこで終わらず、その強烈な劣等感を味方につけていきました。

 

強烈な劣等感をバネにして、「大金持ちになる!」という強烈な願望を心に抱くようになったのです。

 

そうして一生懸命に働き、「鋼鉄王」と称されるまでに成功したのです。

 

そんな彼は、自身の経験から、「金持ちになるには、貧しい家に生まれることである」とさえ述べています。

 

劣等感を味方につけることができれば、大きく飛躍することが可能だということです。

 

ですので、私達が劣等感を克服するためには、劣等感を敵視するのではなく、「劣等感があるからこそ強くなれる!」と考え方を変えることが大切です。

 

是非とも、劣等感をチャンスに変えていきましょう。

 

【関連記事】
失敗が多い人生だと落ち込んでいるあなたへ

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

アンドリュー・カーネギーは偉大な方ですが、他人と比べて劣等感を抱いていたところは、普通の人間と同じです。

 

普通の人間と同じですが、彼はそこで終わらず、劣等感をバネにしたので、成功を収めることができました。

 

ですので、劣等感を抱くことは本当に辛いことですが、なんとかそれをバネにする方向に考え方を変えていけたらいいですね。

 

そして、そのためには、何らかの目標を設定することも大切です。

 

アンドリュー・カーネギーも、「劣等感をバネにする!」と前向きに考えただけではなく、具体的に「大金持ちになる!」という願望を抱き、そこに向かって努力したからこそ、実現できたのですから。

 

そして、もしもこれといった目標が見つからないのでしたら、私としては、自宅にいながらパソコン1台で取り組める「インターネットビジネス」で稼ぐという目標を設定されることをお勧めします。

 

なぜなら、インターネットビジネスに挑戦すると、普段の生活では得られない知識や経験が山程得られますし、何より自分の力で稼いでいるので、大きな自信を得ることができるからです。

 

大きな自信を得ることができれば、敗北経験は薄れるので、劣等感は薄れていきます。

 

それに、会社に雇われるのではなく自分で稼ぐ力は、先行き不透明な世の中を生き抜くためには必須だとも思っています。

 

会社に雇われていると当然のようにいただける給料とは別の収入源を得ることによる安心感は物凄いです。

 

とはいえ、あなたがインターネットビジネスに対して抱いているイメージは、「よく分からない」「胡散臭い」「本当に稼げるの?」といったものかもしれませんね。

 

ですが、インターネットビジネスとは、「インターネットを活用したビジネスモデルの総称」であり、「Google」、「ヤフー」、「楽天」といった大企業がインターネット広告等で大きな収益を得ている事業なのです。

 

そして、大枠としては同じことを個人が行うというだけですので、ご安心ください。

 

怪しいと感じてしまう本質的な理由は、インターネットビジネスについてよく知らないからです。

 

ですので、安心して「インターネットビジネスで稼ぐ」ことを目標として設定してください。

 

インターネットビジネスは事業ですので、はじめは副業としてスタートして、実際に稼ぐことができてから、「副業でいくのか」「本業にしていくのか」を決定するのが現実的です。

 

今現在、私はそういった劣等感を克服したいあなたに向けて、インターネットビジネスでお金を稼ぐ力を身につけるためのメルマガを配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ