仕事で失敗しても落ち込む必要はない。たとえ繰り返すとしても。

仕事で失敗して落ち込む必要はない。たとえ繰り返すとしても。

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

仕事で失敗してしまった時に落ち込むのは、ごく普通のことです。

 

特に、真面目で責任感が強い人ほど、その傾向が見られるようです。

 

「私ばかり失敗していて、自分で自分が嫌になる」

「正しく反省したつもりなのに、また失敗を繰り返してしまった」

「また皆に迷惑をかけてしまった」

 

そして、真面目さゆえに、不必要に自分を追い込んでしまうのです。

 

Sponsored Link

 

仕事で失敗しても落ち込む必要はない

仕事で失敗した時に落ち込むのは仕方がありません。

 

ですが、そこをあえて「仕事で失敗しても落ち込む必要はない」と言いたいです。

 

なぜなら、このように言っている私自身、とても落ち込みやすいタイプでしたが、落ち込み続けた結果、「何度でもやり直せばいい」という結論に至ったからです。

 

例えば、私は年の初めに目標を立てるのですが、少し前までは、目標の立て方すら分かっていなかったので、達成できないことがままありました。

 

そして、その度に「情けないな~」と落ち込んでいたものです。

 

確かに情けないのですが、落ち込んでいても何も良いことはありませんでした。

 

ですので、ある時からは、「失敗してもやり直せばいい」と考えるようになったのです。

 

ある意味開き直りかもしれませんが、きちんと反省し、自分なりに失敗の原因を分析したのであれば、それでいいと思うのです。

 

【関連記事】
目標設定の大切さ。結果目標と行動目標とは。

 

失敗してもやり直せばいい

「失敗してもやり直せばいい」

 

本心からそう思えるだけで、失敗することが怖くなくなります。

 

つまり、挑戦することが怖くなくなります。

 

ですので、失敗した時に落ち込みがちなあなたは、「失敗してもやり直せばいい」と考えるようにしてみてください。

 

決して少なくない人が、以前の私のように、たった数回失敗しただけで深く落ち込んで諦めてしまいます。

 

まるで挑戦する資格を失ったかのように。

 

ですが、実際は、数回失敗したところで何にもなりません。

 

たった数回、上手くいかなかったという事実があるだけです。

 

ですので、たとえ5回失敗したとしても、6回目に挑戦すれば良いのです。

 

それで失敗しても、7回目に挑戦することはできます。

 

そう考えると、失敗する度に落ち込むことが、馬鹿馬鹿しく思えてきませんか。

 

Sponsored Link

 

過程を評価するということ

また、失敗した時に落ち込んでしまう人は、結果ばかりを評価して、過程を評価していない傾向があります。

 

例えば、先の私の例で言うと、「目標を達成できなかった = 失敗」と考えてしまうということです。

 

確かに、目標を達成できなかったので、成功ではありません。

 

成功ではありませんが、きちんと反省して、努力を継続しているのであれば、その「過程」については評価しても良いはずです。

 

仕事では「結果」しか評価されないとしても、あなた自身が「過程」を評価してあげれば良いのです。

 

そして、努力を継続することによって、紆余曲折しながらも成功に近づいているはずですから、いつかは良い結果が得られるはずです。

 

かの有名な、アメリカの発明家で起業家のトーマス・エジソンでさえも、成功と同じ、あるいはそれ以上に失敗を繰り返しているのですから、私達が失敗を繰り返すのは当然のことなのです。

私は失敗したことがない。

ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。

ですので、エジソンのように、何度でも挑戦し続けましょう。

 

【関連記事】
マイナス思考を治したいあなたへ。マイナス思考が引き寄せるものとは!?

あなたにおすすめの記事

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ