転職、独立、結婚など、人生で迷う時の判断基準のポイントとは!?

転職、独立、結婚など、人生で迷う時の判断基準のポイントとは!?

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

私達は日々、小さな決断から大きな決断まで、様々な決断を繰り返しています。

 

例えば、小さな決断としては「朝食は何にしよう」といったもの、大きな決断としては「転職、独立、結婚、離婚」といったものが考えられるでしょうか。

 

そして、大きな決断になればなるほど、

 

「何を判断基準にすればよいのか?」

「後々後悔するのではないか?」

 

といった形で、なかなか決断できなくなるのが普通だと思います。

 

そこで今回は、転職、独立、結婚など、人生で迷う時の判断基準のポイントの一つとして重要だと思っていることをご紹介します。

 

Sponsored Link

 

人生で迷う時の判断基準のポイント

当たり前のことですが、人生で迷った時の判断基準は、人によって変わります。

 

ですので、一概には言えませんが、

 

「~だから」したいのか?

「~なのに」したいのか?

 

のどちらに該当するのかは、重要な判断基準の一つであると思っています。

 

結論から言うと、

 

「~だから」したいのであれば、それはあなたにとっての不正解であり、「~なのに」したいのであれば、あなたにとっての正解である可能性が高い

 

と考えています。

 

例えば、あなたは転職をするか迷っているとします。

 

その時には、「~だから」転職したいのか?、それとも「~なのに」転職したいのか?のどちらに該当するのかを考えてみてください。

 

「今より給料が上がるから」「今より大きな会社だから」というのは、前者の「~だから」に該当します。

 

「今より給料が下がるのに」「今より小さな会社なのに」というのは、後者の「~なのに」に該当します。

 

もしもあなたが、今より給料が下がるのに転職したい、今より小さな会社なのに転職したいと考えているのでしたら、あなたにとっての正解である可能性が高いです。

 

なぜなら、「~なのに」やりたいことは、あなたが心からやりたいと思っていることなので、あなたの第一志望に向かっている状態だと言えるからです。

 

ですので、そういった道を選ぶことによって、満足度の高い人生を送ることができるでしょう。

 

人生の最後に「あの時やっておけばよかった」という後悔をすることはなくなるはずです。

 

しかし反対に、「~だから」やりたいのであれば、「~」という条件が満たされなくなった時に拠り所がなくなる恐れがあります。

 

ですので、そういった時は行動を控えた方がいいのかもしれません。

 

ここでは「転職」を例に挙げましたが、「結婚」に関しても同じことが言えます。

 

「優柔不断なところは嫌だけど、それでも好き」であれば、後悔しない結婚ができる可能性が高い。

 

反対に「給料が高いから好き」「自慢できるルックスだから好き」であれば、考え直した方がいいのかもしれません。

 

前者は内面に惹かれた愛、後者は条件に惹かれた愛といった感じがしますので。

 

とはいえ、判断基準は人それぞれですので、迷った時の判断基準の一つとして捉えていただけたらと思います。

 

すでに経験した人の話を聞く

ここまでお話しした通り、私は、「~なのにやりたい」という場合は行動することをお勧めしています。

 

そしてもう一つ、決断を迷う時には、「すでに経験した人の話を聞く」ということも是非行って欲しいと思っています。

 

なぜなら、何事にも言えますが、経験しているのとしていないのとでは、あまりにも大きな差があるからです。

 

転職活動の実際のところは、転職経験者にしか分かりません。

 

各種メディアであったり、友人知人からは色々な情報を得ることができますが、やはり生の声には劣ります。

 

極端に言えば、机上の空論です。

 

こうして聞くと当たり前のことなのですが、私達は意外と、その分野の未経験者・経験者を判断することなく、話を聞いているものです。

 

例えば、転職しようか迷っている時に、転職経験がない高学歴の知人、または転職経験がない有名企業勤務の知人に相談するといった形です。

 

確かに、学力が高かったり、仕事ができる人であれば、知識に裏付けられたアドバイスをしてもらえるかと思います。

 

ですが、経験に裏付けられたアドバイスではないので、実際的ではないものです。

 

ですので、転職しようか迷っているのでしたら転職経験がある人に、独立しようか迷っているのでしたら独立経験がある人に話を聞いてみてください。

 

きっと、あなたが知りたい生の情報をたくさん教えてくれるはずです。

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

転職、独立、結婚、離婚といった大きな決断をする時ほど、ああでもないこうでもないと迷い続けてしまうものです。

 

または、自分の決断に自信を持っていたとしても、周囲から少し反対されただけで、決断が揺らぐこともあります。

 

ですので、そうした時には、

 

「~だから」したいのか?

「~なのに」したいのか?

 

のどちらに該当するのかを考えてみてください。

 

「~なのに」したいのであれば、あなたが心から望んでいることであり、あなたにとっての正解である可能性が高いでしょう。

 

それと併せて、すでに経験した人の生の声も聞くようにしてみてください。

 

【関連記事】
世間体(フリーター、独身、結婚相手、離婚)を気にするのは無駄である

あなたにおすすめの記事

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ