仕事で思うように結果が出ず気持ちが焦る時の対処法2選!

仕事で思うように結果が出ず気持ちが焦る時の対処法2選!

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

私達は幼少期から現在に至るまで、「競争」社会に身を置いています。

 

そういったこともあって、自分は自分だと思っていても、他人と比較して一喜一憂してしまいがちです。

 

例えば、仕事で思うように結果が出せず、同期や後輩に出世で遅れを取った場合には、気持ちばかり焦ってしまうこともあるでしょう。

 

ですが、いくら焦ったところでどうにもなりませんし、仕事は待ってくれないので、そういったマイナス感情を上手にコントロールしていくしかありません。

 

Sponsored Link

 

結果にこだわらない

そうした時には、「結果にこだわらない」という考え方が有効かと思います。

 

結果にこだわらないというのは、「人事を尽くして天命を待つ」のことわざのように、できる限りのことはやったのだから、後は余計なことは考えず、天から与えられた運命に任せるという考え方です。

 

なぜなら、いくら結果を出すために最善を尽くしても、結果をコントロールすることはできないからです。

 

過程はコントロールできますが、結果はコントロールできません。

 

例えば、会社の昇進試験において、過去の評価は高く、準備万端だったとしても、当日の試験の出来や他の社員との兼ね合いにより、昇進できないことは当然にあります。

 

であれば、結果に執着して焦ることは、無駄だとは思えてきませんか。

 

それに、今現在の自分にできる最善を尽くしたのであれば、自然と結果に対するこだわりを捨てることができるものです。

 

「最善を尽くしたのだから、どんな結果が出ようとも、受け入れよう」

 

そして、たとえ結果が出なかったとしても、次の目標を設定して、それを達成するための準備をたんたんと始めていけばよいのです。

 

大きく飛躍するために、今は大きくしゃがむ時

もう一つ、「大きく飛躍するために、今は大きくしゃがむ時」という考え方もお勧めします。

 

才気溢れる人や器用な人は、比較的短期間で結果を出していく傾向があるかと思います。

 

ですので、それとは対照的な不器用なタイプは、劣等感を覚えてしまいがちです。

 

ですが、不器用なタイプの人は、ある時を境に大きく飛躍することはよくある話です。

 

なぜなら、たとえゆっくりでも着実に力を蓄えていくので、しっかりとした土台ができていくからです。

 

しっかりとした土台ができていくので、そうそう揺らぐことはなく、次々に知識や経験を積み上げていくことができます。

 

何事にも言えますが、結果が出るまでには時間がかかるものです。

 

結局は地道な努力を積み上げた人が最強だと思っています。

 

人生は長いので、瞬発力があるタイプが最後に生き残るとは限りません。

 

ですので、今後大きく飛躍するために、今は大きくしゃがんでいる時なのだと考え、焦らず今すべきことに集中しましょう。

 

【関連記事】
後輩が出世して抜かれる辛さから抜け出す5つの回復法!?

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

今回は、仕事で思うように結果が出ず気持ちが焦る時の対処法として、以下の2つをご紹介しました。

 

  • 結果にこだわらない
  • 大きく飛躍するために、今は大きくしゃがむ時

結果をコントロールすることはできないので、コントロールできる準備段階で最善を尽くして、後は天から与えられた運命に任せましょう。

 

また、一般的に大きな結果が出るまでには時間がかかるものですので、今は力を蓄えている時期だと考えていくことも大切です。

 

人生は長いので、焦る必要などありません。

 

最後に笑っていられるように、焦らず淡々と今やるべきことだけに集中していきましょう。

あなたにおすすめの記事

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ