事務職の仕事にやりがいがないと悩むあなたへ。やりがいのある仕事はどこにある?

事務職にやりがいがないと悩むあなたへ。やりがいのある仕事とは何か?

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

今現在の仕事にやりがいがない、仕事がつまらないという方は少なくないと思います。

 

「事務職の仕事は雑用が多い。それに同じことの繰り返しなので、やりがいがない・・」

「やりがいがないから、別の職種に就きたい。転職したい」

「もっとやりがいのある仕事はあるはずだ」

 

特に20代のこれからという方達に多いのではないでしょうか。

 

確かに、毎日地味な仕事の繰り返しでは、やりがいがないと感じるのは無理もないでしょう。

 

クリエイティブな仕事であったり、一見すると華やかな仕事を羨ましく思うこともあるかもしれません。

 

Sponsored Link

 

はじめから「やりがい」のある仕事はない

ですが、私としては、はじめから「やりがい」のある仕事はないと思っています。

 

なぜなら、多くの場合、「やりがい」というものは、苦労してつかみ取るものだと考えているからです。

 

例えば、不慣れな仕事で迷惑をかけながらも、最後までやり切った時に「やりがい」が見つかるといった形です。

 

「大変だったけど、諦めなくて良かった。成長できた気がする」

 

山登りに例えるのであれば、苦労して頂上に到達した時に得られる「達成感」や「綺麗な景色」がやりがいの一つだと言えるでしょう。

 

ですので、一般事務職にしても、営業といった総合職にしても、はじめからやりがいがあるのではなく、苦難を乗り越えてつかみ取るものだと考えています。

 

逆に言えば、苦難から逃げてしまうと、やりがいを見つけることは難しいということです。

 

そう考えていくと、「仕事にやりがいがない」とため息をつくことは少なくなり、「やりがいは自分でつかみ取るしかない」と前向きになれるのではないでしょうか。

 

そもそも「やりがいのある仕事」とは何か?

ここまで、「やりがいというものは、苦労してつかみ取るもの」だとお話ししました。

 

であれば、一般的に言われる「やりがいのある仕事」については、どのように解釈していけばよいのでしょうか。

 

「やりがいのある仕事」と言うと、「仕事自体にやりがいがある」というニュアンスであると思いますし、反対に「やりがいのない仕事」も存在することになるかと思います。

 

ですが、私は、「やりがい」はつかみ取るものなので、「やりがいのある仕事」「やりがいのない仕事」という概念はないと考えています。

 

そして、その代わりにあると考えているのが、「やりがいのある仕事の仕方」「やりがいのない仕事の仕方」というものです。

 

なぜなら、仕事の仕方によって、やりがいをつかみ取ることができるかどうかが決まってくるからです。

 

私が考える「やりがいのある仕事の仕方」とは、先ほどからお話ししている通り、課題に立ち向かい、乗り越えていく仕事の仕方です。

 

反対に「やりがいのない仕事の仕方」とは、課題を避ける仕事の仕方です。

 

つまり、あくまで私の中では、「やりがいがない」というのは、「やりがいのない仕事の仕方」をしているからであって、それはすなわち課題を避けているということです。

 

ですので、仕事にやりがいがないと悩んでいるあなたは、「やりがいのある仕事の仕方」をしていくとよいかと思います。

 

そうして自分の力でやりがいをつかみ取ることができれば、「やりがいは課題を乗り越えた先にある」ことを実感できるとともに、大きな達成感や成長感を得ることができます。

 

そしてそれは、次の仕事への弾みになることは間違いありません。

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

仕事にやりがいがない、仕事がつまらないと悩む方は少なくないと思いますので、そうした時には、

 

「やりがい」というものは、「やりがいのある仕事の仕方」をしてつかみ取るもの

 

だと考えてみてください。

 

そうすることによって、「やりがいのある仕事」を求めるのではなく、自分で「やりがい」をつかみ取るべく、今現在の仕事に集中することができるはずですから。

 

【関連記事】
総務の仕事内容にやりがいが持てない!?スキル不足で転職は難しいのか!?

あなたにおすすめの記事

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ