職場で意地悪な人にあらぬ噂を立てられた時の本質的対処法!

職場で意地悪な人にあらぬ噂を立てられた時の本質的対処法!

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

世の中には意地悪な人、噂好きな人が一定数いるので、職場であらぬ噂を立てられることは珍しくありません。

 

「火のないところに煙は立たぬ」ということわざがありますが、実際には火がなくても簡単に煙が立っているので、本当に困ったものです。

 

そこで今回は、私が考える「職場で意地悪な人にあらぬ噂を立てられた時の本質的対処法」についてお話ししていきます。

 

Sponsored Link

 

あえて噂はそのままにしておく

誰でも噂を立てられるのは嫌ですし、ましてや職場であれば、なんとかして噂を消したいと考えるものです。

 

噂の発信源を突き止めて、噂を訂正してもらおうとするかもしれません。

 

ですが、そうした時には、あえて噂はそのままにしておくべきだというのが私の考え方です。

 

なぜなら、噂を立てるのをやめさせるということは、「相手を変えようとすること」なのですから。

 

一見すると、悪いのは相手なのですから、この場合は相手を変えようとすることは正しい行動のように思えます。

 

正しい行動のように思えますが、人はそれぞれ考え方が違いますし、基本的に他人を変えることはできません。

 

ですので、相手を変えようとしても叶わないので、余計に苦しむことになってしまいます。

 

であれば、人は人、自分は自分と割り切って、考え方が違うことを受け入れてしまったほうが楽ではないでしょうか。

 

「あなたの中ではそうなんでしょうね」と考えておきましょう。

 

相手を変えようとするのではなく、自分を変えていく

ただ、噂と相手はそのままにしておく代わりに、自分自身は変えていくべきだと考えています。

 

自分自身を変えていくとはどういうことかと言うと、どんな噂話を立てられても、微動だにしない自分になっていくということです。

 

例えば、仕事やプライベートで成功体験を積んで自信をつけていったり、誰でも噂を立てられるものだという事実に目を向けていきます。

 

たとえ些細な事であっても、成功体験を積み重ねることや、他人、そして自分への約束を守ることによって、確実に自信はついていきます。

 

また、どんなに人格者でも、魅力的な人でも、噂を立てられるものなので、それを気にすることには意味がありません。

 

噂を立てるような品がなく、かつ暇な人に付き合う必要はないのです。

 

そして、こうした努力を続けていくと、図らずも職場の仲間からの信頼を集めることにもなるので、誰も噂など信じない状態になっているはずです。

 

【関連記事】
会社の人間関係がうまくいかないあなたへ。批判的な人を攻略するポイントとは!?

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

どこの職場にも一人は、意地悪な人、噂を立てる人がいるものです。

 

そして、いざ自分の噂を立てられてしまうと、なんとか噂を止めたり、周囲に真実を知ってもらいたいと思うものです。

 

特に生活がかかっている職場では、当然のことです。

 

ですが、考え方は人それぞれですし、相手を変えることはできないので、噂はそのままにしておいた方が良いと思うのです。

 

その代わりに、自分自身を変えていく、つまり成長していくことによって、揺るぎない自信を身につけていきます。

 

私が考える本質的な対処法とは、噂など気にならないほどに自信を身につけていくこと、そして、人は人、自分は自分と一線を引くことです。

 

また、噂を立てる人は他人に強い興味があるものですが、一般的には、他人は他人に真剣に関心を持っていません。

 

普通の人の一番の関心事は”自分”なのですから。

 

実際のところ、あなたが職場の同僚の噂を耳にしたとしても、それほど気に留めないはずです。

 

むしろ、噂などバカバカしいと一蹴するのではないでしょうか。

 

ですので、そこも踏まえておくと、より気が楽になり、自分の仕事だけに集中することができるかと思います。

 

ただし、噂が悪質であれば上司に相談するべきですし、そのせいで精神的、身体的に参ってしまうようでしたら、会社に雇われずに自分で稼ぐという選択肢も視野に入れてもらえたらと思います。

 

あなたにおすすめの記事

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ