仕事のプレッシャーが辛い、逃げたい時のケース別克服法!

仕事のプレッシャーが辛い、逃げたい時の克服法!

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

仕事にはプレッシャーがつきものであり、プレッシャーがあるからこそ張り合いが生まれる側面があります。

 

ただ、同僚や部下、後輩と比べられた時のプレッシャーは、張り合いが生まれるというよりも、精神的に堪えるものです。

 

ですので、人知れず追い込まれてしまうことがあり、ストレス容量の許容範囲を超えてしまうと、心身に不調をきたす恐れがあります。

 

「プレッシャーのせいでミスをしてしまう」

「プレッシャーが辛い、逃げたい」

「ストレスで眠れない」

「体がだるい、もう会社に行きたくない」

 

そこで今回は、周囲と比較されるプレッシャーが辛い時の克服法と題して、お話ししていきます。

 

Sponsored Link

 

ケース1:上司からプレッシャーをかけられる

まず、上司から周囲と比較されプレッシャーをかけられる時の克服法です。

 

自分の仕事が思うように進んでいない時に、上司から、

 

「同期の◯◯に比べて君は・・」

 

と言われましたら、とにかく気にしてはいけません。

 

気にしなければ、比較されることによるプレッシャーを感じませんので。

 

とはいえ、すぐさまそうできれば苦労はないので、上司がプレッシャーをかける理由を考えてみるもの良いかと思います。

 

上司がプレッシャーをかける理由の一つとして考えられるのは、競争心をあおるためです。

 

競争心をあおることによって、心を奮い立たせようとしているのです。

 

そしてこれは、上司の仕事の一つだと言えるので、そうやって考えると、少しは気が楽になるのではないでしょうか。

 

ただ、そうであっても、プレッシャーを感じることには変わりないということであれば、上司に声を掛けられるのは期待されているからであると、前向きに考えていきたいところです。

 

期待されているからこそ、たきつけられるのだと考え、自分の仕事に集中していきます。

 

実際のところ、期待されていない、もっと言うと諦めている人の競争心をあおることは少ないと思います。

 

ケース2:自分でプレッシャーをかけてしまう

次に、自分で周囲と比較してプレッシャーをかけてしまう時の克服法です。

 

上司からプレッシャーをかけられることはなくても、自分でプレッシャーをかけてしまうことがあります。

 

そしてその結果、プレッシャーに押し潰され、ストレスが溜まり、ミスを引き起こし、最悪の場合、心身に不調をきたす恐れがあります。

 

ですので、こういった時には、人は皆違っていて当たり前だと強く認識していくと良いです。

 

10人いれば10人とも、容姿や性格や能力、そして仕事の仕方まで違うのですから、仕事の進捗や結果が違うのは当たり前のことなのです。

 

仕事の進捗に関して言えば、瞬発力のあるタイプもいれば、追い上げタイプもいることでしょう。

 

ですから、周囲と比較しても意味はありません。

 

同僚や部下、後輩とは関係なく、今の自分にできることを一生懸命やること、昨日の自分よりも1ミリでも前進していくことが大切ではないでしょうか。

 

こういった心構えでいると、プレッシャーが和らぎますから、肩の力が抜けて良い結果に繋がるものです。

 

【関連記事】
比較すべきは昨日の自分。自分に焦点を合わせるということ。

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

仕事の出来を周囲と比較されることによるプレッシャーは堪えるので、上司からプレッシャーをかけられる時には、

 

  • 気にしない
  • 期待されている

自分でプレッシャーをかけてしまう時には、

 

  • 人は皆違っていて当たり前だと強く認識していく

と考えてみてください。

 

こういった克服法により少しでもプレッシャーから解放されれば、目の前の仕事、そして自分自身の成長にフォーカスできるので、自然と良い結果が得られるはずです。

 

ただし、それでも辛いようでしたら、会社に属するのではなく、自分のペースで取り組める仕事を探しておいた方が良いでしょう。

 

そうした時に私は、インターネットビジネスに取り組むことをお勧めしています。

 

インターネットビジネスというのは、インターネットを活用したビジネスモデルの総称であり、例えば、Googleの主力事業の一つであるインターネット広告事業が挙げられます。

 

インターネットビジネスに取り組むために必須となる環境は、パソコン1台とインターネット環境だけですので、一個人でも取り組むことができるのです。

 

そのため、自宅にいながら稼ぐことができるので、周囲と比較したり、比較されることはありません。

 

周囲と比較したり、比較されることはありませんので、仕事のプレッシャーで辛い方には用意して欲しい選択肢の一つだと思っています。

 

また、そうでなくても、これからは自分で稼ぐ力がますます必要になっていきます。

 

なぜなら、現代は終身雇用が当たり前だった時代とは違いますし、隠し事はどんどん明るみに出ていくので、予定外の事態に直面する恐れが多分にあるからです。

 

いくら大企業の正社員として活躍されていても、その状況が定年を迎えるまで続く保証はどこにもありません。

 

自分の身は自分で守るしかないのです。

 

ですので、この記事をご覧いただいているあなたは、この機会にインターネットビジネスの世界に飛び込まれることをお勧めします。

 

現実的には、会社勤めをしながらインターネットビジネスに取り組んで、実際に稼ぐ力が身に付いた時に、「このまま副業でいくのか」「本業としていくのか」を検討されるのがよいでしょう。

 

今現在、私はそういった仕事のプレッシャーが辛いあなたに向けて、インターネットビジネスでお金を稼ぐ力を身に付けるためのメルマガを配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

あなたにおすすめの記事

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ