40代転職の厳しい現実と成功をつかむ方法とは!?

40代転職の厳しい現実と成功をつかむ方法とは!?

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

日本が不景気になって久しく、新卒の学生でさえ大変な努力と苦労の末に内定を獲得している状況が続いています。

 

また、ハローワークによると、再就職するまでに3人に1人は1年以上かかると言います。

 

なので、40代の転職ともなると年齢フィルターがあるなど、より厳しい状況にあることは間違いないでしょう。

 

Sponsored Link

 

40代の転職理由

それでも40代で転職を決意した人は、よっぽどの事情があるはずです。

 

例えば、私の元職場では、仕事に脂が乗っている40代社員に「関係会社に出向してもらう人事」がしばしば見受けられました。

 

大変失礼な話なのですが、出向先によって完全な出世コースと、その反対のコースに分かれていることは紛れもない事実でした。

 

後者に該当した場合でも、引き続き頑張ることが望ましいと思いますが、「なぜ自分だけ」「戻る場所がない」「取り残される」というマイナスの考えがぐるぐると頭をよぎってしまいます。

 

それによるモチベーションの低下を乗り越えるのは想像以上に大変なので、給料が下がることが決定打になり、転職に踏み切った方を4名ほど見てきました。

 

20年以上誠実に勤務した会社から「必要ではない」と判断されたと考えてしまうと、やりきれない気持ちになるのは当然です。

 

この事例以外にも、倒産やリストラなど、転職理由は枚挙にいとまがありません。

 

  • 会社が倒産した(経営危機)
  • リストラされた(リストラ対象、希望退職の募集)
  • 著しい減給
  • 心身ともに疲弊している
  • さらなるキャリアアップや新天地への挑戦

 

【関連記事】
人生に疲れた30代・40代が輝きを取り戻す最適な方法!?

 

ネガティブな理由からポジティブな理由まで様々ですね。それでは、40代転職の厳しい現実について掘り下げて見ていきましょう。

 

40代転職の厳しい現実

年齢フィルター

いわゆる年齢フィルターがあるので、もともと選択肢が狭くなっていると言えるでしょう。

 

40代の転職となると、転職先に貢献できる期間は20年あるかどうかです。会社としては長きにわたって貢献してくれる人材が欲しいので、求めるスキルや人柄を持っている転職者の中で、より若い人材を採用したいと考えるのが自然です。

 

豊富な経験と高度なスキル

ある程度の地位を得ているとなると、仕事のやり方に自信があり、それが身に付いていることでしょう。

 

会社にとって新しい環境に柔軟に対応してもらえるかは重要なので、自分の型を確立している40代よりは、より柔軟な若い人の方が望ましいと考えるのが自然です。

 

それでも40代を採用する理由は、豊富な経験と高度なスキルを求めているからに他なりません。その会社が所持していない即戦力となるスキルは、若い人にはない魅力的なものだと判断してくれるはずです。

 

採用すれば教育することなくスキルを享受できますし、それが新しい風となって会社の発展に寄与してくれると考えるからです。

 

また、経験豊富な40代には、管理職としての経験と能力が求められる場合があるので、管理職に就いて実績を残していたのであれば、大きなアピールポイントになることでしょう。

 

メンタル負荷

一生懸命に転職活動を行っても、1社として内定をもらえなかったとしたら、メンタル面での辛さは相当ずっしりとのしかかることでしょう。

 

先の例で言うと、出向したことで「会社から必要とされていないのか?」と考え始め、さらに転職活動も上手くいかない時期には「社会に必要とされていないのか?」と考えを飛躍させてしまったとしても不思議ではありません。

 

誠実に働き、知識や技術を身に付け、評価してもらうなど積み上げてきたものが音を立てて崩れる感覚でしょうか。

 

Sponsored Link

 

成功をつかむ方法

厳しい現実に焦点をあてていたので、少し暗い気持ちになってしまいましたが、それを踏まえて転職で成功をつかむ方法を考えてみました。

 

成功するには、豊富な経験と高度なスキルがあるに越したことはありませんが、誠実な人柄や情熱、そして粘り強さも重要なポイントになってくると思います。

 

大変な転職活動において、これらの姿勢を見てもらえば、「一緒に働きたい」「誠実に働いてくれそうだ」「打たれ強そうだ」と感じてもらえる可能性があるからです。

 

また、転職活動全般においても、転職サイト(転職エージェント)や求人フリーペーパー、ハローワークだけではなく、求人を出していなくても希望に合う会社があれば直接応募する勢いがあるといいですね。

 

あなたの情熱と胆力は面接官に魅力的に映りますし、より多くの情報を入手することにもなりますので。

 

会社が倒産してもお金を稼ぎ続ける力

さて、ここであなたに改めてお話ししたいことが1つあります。

 

それは、これからの時代は日本経済の衰退にともない、誰もが知る超一流企業であっても、突然倒産するリスクが大きくなっているということです。

 

ですので、あなたが転職した会社も定年まで安泰とは言えず、

 

「いつかは倒産するものだ」

 

という意識を強く持って生きていく必要があるのです。

 

そうした時に必要になるのは、会社が倒産してもお金を稼ぎ続ける力です。

 

その力がなければ、いざ倒産してしまった時に収入がゼロになり、路頭に迷う恐れがあります。

 

したがって、転職を成功させるだけではなく、もう一歩踏み込んで、会社が倒産してもお金を稼ぎ続ける力を身に付けておくことをお勧めします。

 

現在、私はそういった社会の変化に対応して会社に雇われずに稼ぐ力を身に付けたい方に向けたメルマガを配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

あなたにおすすめの記事

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ