仕事が続かない本当の原因と考えておくべき2つのこと!?

仕事が続かない本当の原因と考えておくべき2つのこと!?

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

誰でも何かしら仕事に対する不満を抱えながら仕事を続けています。

 

ただ、わりとすぐに辞めてしまう人もいますよね。

 

そういった人のことを周囲は「根性がない!」「逃げだ!」と決めつけ、そう言われることで本人は「私はダメな人間なんだ・・」と責め続ける傾向があります。

 

しかし、実際にはダメな人間であるはずはなく、仕事が続かないのは本当の原因に目を向けていないだけではないでしょうか?

 

Sponsored Link

 

仕事が続かない本当の原因

本当の原因に目を向ける

仕事が続かない人は自分のことを「ダメな人間だ」と責め続ける傾向があります。

 

そうした時には短所ばかりに目が行き、本当の原因に目を向けていない恐れがあります。

 

だからこそ、同じ失敗を何度も繰り返していると言えるでしょう。

 

参考までに厚生労働省の調査「平成25年若年者雇用実態調査の概況」における初めて勤務した会社をやめた主な理由を見てみると、

 

労働時間・休日・休暇の条件がよくなかった 22.2%
人間関係がよくなかった 19.6%
仕事が自分に合わない 18.8%

出典:平成25年若年者雇用実態調査の概況

 

「労働条件」「人間関係」「仕事内容」といった定番の退職理由がずらりと並んでいます。

 

ですので、あなたの仕事が続かない原因も、このいずれかに該当するのかもしれません。

 

冷静になって辞めた原因をじっくり考え、失敗を次に活かすことを意識してください。

 

  • 労働条件に納得していましたか?
  • 人間関係に問題はありませんでしたか?
  • 仕事内容は自分に合っていましたか?

 

【関連記事】
職場の人間関係がどうしても合わない時の4つの考え方!?

 

仕事が自分に合わない場合

ここでは、仕事が続かない原因が、第3位の「仕事が自分に合わない」という場合についてお話しします。

 

第3位ということで、多くの新卒社員が仕事のミスマッチに深く悩んでいることが分かりますね。

 

そこで必要になるのは、自分の長所(好き)と短所(嫌い)を明確にすること。

 

毎回のように仕事内容を変えている人は、長所と短所を把握できていないと言えるでしょう。

 

過去の自分を振り返れば、「継続力がある」「パソコン作業が得意」「マイペース」「競争が苦手」「対人関係に自信がない」といった長所・短所がどんどん出てくるはずです。

 

そして次は、長所・短所と今まで就いた仕事内容を照らし合わせて、マッチ・ミスマッチについて考えてみてください。

 

そうすることで、次からは自分に合った仕事内容を選ぶことができますので。

 

不得意なものは不得意

人はしばしば「頑張れ!」「もっとできるぞ!」「我慢が足りない!」といった曖昧な精神論で叱咤激励しますが、不得意なものは不得意なので、努力しても限界があります。

 

例えば、人と接することが得意なAさんと、引っ込み思案なBさんがいたとします。

 

この2人が「営業」の仕事をした場合、結果ははじめから見えていますよね?

 

Bさんも営業に慣れますが、もともと資質があるAさんとはスタートラインも成長度も圧倒的に違います

 

もちろん、どちらが仕事ができるか?という話ではありません。

 

誰にでも得意不得意はあり、不得意な分野ではあまり成長が期待できず、第一楽しくもないということです。

 

ですので、Bさんは引っ込み思案な性格に合った仕事、例えば裏方や在宅ワークなどで実力を発揮できるはずです。

 

このことからも、自分に合った仕事を選ぶことの大切さがお分かりいただけたかと思います。

 

考えておくべきこと その1

いかがでしょうか?

 

「私はダメな人間だ」と責めて短所ばかりに目を向けるのではなく、長所にも目を向けて、自分に合った仕事を見つけてくださいね。

 

ただ、仕事を続けることばかり考えていると、どうしても視野が狭くなるので、一番大切なことを見落としがちになります。

 

一番大切なこととは、

 

「何のために働くのか?」

 

ということです。

 

この質問に対してあなたなりの回答を持っていなければ、

 

次の仕事に就いた時に今度は別の問題で辛くなってしまいます。

 

その時に踏ん張るためにも、「私は◯◯のために働いているんだ!」という確たる軸を持つことを意識しましょう。

 

Sponsored Link

 

考えておくべきこと その2

あなたはもう一つ考えておくべきことがあります。

 

それは、日本経済の衰退にともない、誰もが知る超一流であっても突然倒産してしまうリスクが大きくなっているということです。

 

ですので、これからの時代は、

 

「私の会社も倒産するものだ」

 

という危機感を持って生きていく必要があるのです。

 

ただ、危機感を持つだけでは、いざ倒産してしまった時に収入がゼロになることに変わりありません。

 

それではどうすればよいのでしょうか?

 

1つとして考えられるのは「会社に雇われずにお金を稼ぎ続ける力を身に付ける」という方法です。

 

会社が倒産した時にあなたを守れるのはあなたしかいないのですから。

 

現在、私はそういった社会の変化を察知して会社に雇われずにお金を稼ぐ力を身に付けたい方に向けたメルマガを配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

あなたにおすすめの記事

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ