降格人事を受けた時の4つのモチベーション管理法!?

降格人事を受けた時の4つのモチベーション管理法!?

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

サラリーマンにとって降格人事を受けることはこれ以上ない苦痛です。

 

ショックのあまり、寝込んでしまうこともあるでしょう。

 

ただ、いつまでも落ち込んでいると、仕事に悪影響を及ぼしかねません。

 

そこで今回は、降格人事を受けた時の4つのモチベーション管理法についてご紹介します。

 

いくら優秀でも結果を出していても、上層部の鶴の一声で降格されることはあるので是非一度ご覧ください。

 

Sponsored Link

 

4つのモチベーション管理法

その1:降格理由を次に活かす

降格理由を受け入れて次に活かすことを考えましょう。

 

納得出来ない部分はあるかもしれませんが、その会社・部署・上司が判断したことなので、今後は評価される仕事をしていくべきです。

 

その2:降格したメリットに目を向ける

給料が下がる、プライドがズタズタになる、腫れ物に触るように扱われる、後輩上司に叱責される、出世は簡単ではない・・

 

降格により多くのものを失いますが、メリットはないのでしょうか?

 

私はメリットもたくさんあると思っています。

 

例えば、順調に出世街道をひた走っている人よりも、

 

人の痛みを理解できる

人間としての深みが増す

 

というメリットがあると思っています。

 

新卒入社時は謙虚な社員でも、順調に出世していくことで慢心することは珍しくありません。

 

周囲はそういった雰囲気を敏感に察知するので、慕っているように見えるだけで、心の中ではそっぽを向いていることがあります。

 

その点、挫折を味わっている人は、弱い人の気持ちが分かるので、再び昇進した時には人望がある素敵な上司になる可能性があるのです。

 

挫折を味わうことは、人間としてもサラリーマンとしても大きく成長するチャンスであることは間違いありません。

 

【関連記事】
後輩が出世して抜かれる辛さから抜け出す5つの回復法!?

 

その3:降格をチャンスと捉える

誰でも降格すればショックを受けますが、「腐ってしまう人」と「気持ちを切り替える人」に分かれると言われています。

 

そして前者はどこか冷めた態度になり、一生懸命に仕事をしなくなってしまう・・。

 

しばしば「高学歴社員は逆境に弱い」と極端に言われることもありますが、人生で挫折を経験していない人は、心がポキっと折れてしまう傾向があるのかもしれません。

 

会社が求めているのはそういった社員ではなく、不遇な時期に腐らず出直すことができる社員です。

 

私のサラリーマン時代を振り返っても、若手社員を抜擢したり、反対にベテラン社員を降格・出向させることは当然のようにありました。

 

そしてその時も、まもなく退職した社員と、後輩上司の指導を受けつつ、ベテランとしての経験を活かした社員に分かれました。

 

降格すると出世は難しくなるかもしれませんが、出世するためだけに仕事をしているわけではありませんし、結果を出せば誰かが見てくれているもの。

 

それに腐らず出直した社員は「根性がある」「打たれ強い」と評価される可能性もあるので、降格をチャンスと捉えることができるはずです。

 

その4:人間的な魅力とは無関係

出世している人のことを、人間的に魅力があり優れている人だと思い込んでしまうことがあります。

 

裏を返せば、出世していない人は人間的に魅力がないということになってしまいますね。

 

しかし、仕事の出来(評価)と人間的な魅力は無関係です

 

降格して自信を失っている状態では、どうしても無価値感を覚えてしまいますが、あなたの人間的な魅力とは無関係なので安心してください。

 

【関連記事】
会社で理不尽な評価を受けて辞めたいあなたに

 

Sponsored Link



 

まとめ

いかがでしょうか?

 

降格人事は本当に辛いものですが、

 

  • 降格理由を次に活かす
  • 降格したメリットに目を向ける
  • 降格をチャンスと捉える
  • 人間的な魅力とは無関係

 

を意識・実行することで、再度奮起して頂けたらと思います。

 

ただ、そうはいっても降格人事のショックはモチベーションダウンにとどまらず、体調を崩してしまう恐れもある破壊力があります。

 

そうなると、いくら再出発しようと思っても体がついていかず、そんな状態で日々降格のデメリットに耐え続けるのはあまりにも酷です。

 

ですので、体調を崩してしまうようでしたら、その会社で定年まで耐え続けるのではなく、会社に雇われずにお金を稼ぐ力を身に付ける努力を始めることをお勧めします。

 

何より大事なことはあなたの心身の健康であり、会社に雇われることはお金を稼ぐ一手段にすぎないのですから。

 

ただ、あなたは会社に雇われずにお金を稼ぐという教育を受けたことがないので、はじめは戸惑うかもしれません。

 

戸惑うかもしれませんが、会社に雇われるという教育は小さな頃から受けてきたので、会社に雇われずにお金を稼ぐ努力を3ヵ月ほど継続することは、

 

あなたの大切な人生にとって、無駄にはならないと思いませんか?

 

現在、私はそういった会社に雇われずにお金を稼ぐ方法を身に付けたい方に向けたメルマガを配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

あなたにおすすめの記事

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ