共働きに疲れた子なし夫婦が離婚を遠ざける意外な方法!?

共働きに疲れた子なし夫婦が離婚を遠ざける意外な方法!?

 

こんにちは、NEOです。記事をご覧いただきましてありがとうございます。

 

厚生労働省が2015年1月1日に発表した「平成26年(2014)人口動態統計の年間推計」によると、2014年の離婚件数は22万2000組で、離婚率(人口千対)は 1.77 と推計されています。

 

つまり、人口1,000人当たりの離婚件数は1.77人ということですね。

 

一部では「3組に1組が離婚する」と言われていますが、これは「結婚した夫婦の離婚確率」ではなく、調査した年(2014年)における婚姻件数64万9000組と、離婚件数22万2000組を比較しているだけです。

 

2014年においては、離婚件数/婚姻件数 = 0.34 なので「3組に1組が離婚する」という表現は正しく聞こえますが、そもそも比較対象がおかしいのです。

 

なぜなら、婚姻件数は「今年結婚した夫婦」を対象としているのに対し、離婚件数は「すでに結婚している夫婦全て」を対象としているのですから。

 

ですので、存在するデータをそれらしく見せている「印象操作」とも言えるわけです。

 

前置きが長くなりましたが、統計がどうであろうと、どんなに円満な夫婦であろうと離婚は他人事ではありません

 

そして、一般的には「共働き」「子なし」夫婦は離婚しやすいと考えられています。

 

なので今回は、「共働きに疲れた子なし夫婦が離婚を遠ざける意外な方法」についてお話しさせてください。

 

Sponsored Link

 

共働き夫婦は離婚しやすい!?

時間的、精神的余裕がなくなる

妻が専業主婦の場合、仕事で疲れてクタクタになった夫を明るく出迎えてくれることでしょう。

 

夫にとっては家庭を守ってくれている安心感がありますし、明るくよく笑う妻の存在は家庭の雰囲気をよくしてくれます。

 

つまり、妻に明るさと余裕があることは、良い夫婦関係を築く上でも大切な要素だと言えるでしょう。

 

【関連記事】
25歳のニート女性に考えて欲しい就活以外の2つの選択肢!?

 

そう考えると、共働きの場合は、時間的にも精神的にも余裕がなくなりがちなので、一緒に過ごす時間は減り、衝突も増えることが予想されます。

 

「仕事と家庭を両立させづらい社会」「家事分担の不平等感」もストレスに拍車をかけてしまう要因です。

 

また、妻の帰りが遅いと、夫は「家に帰っても誰もいないし・・」と考えるようになり、遊びに出掛ける機会が増えることもあるでしょう。

 

それでもお互いを尊重し合うことができればよいのですが、一旦負のスパイラルに入ると、夫婦の心は離れていくばかりです。

 

妻の収入が多いと・・

妻が専業主婦の場合、夫が生活費を稼ぐ役割を担っているので、離婚となると真っ先に生活費の問題が頭をよぎります。

 

離婚すれば自分で生活費を稼がなければならないが、ブランクがある今、どんな仕事ができるのだろうか・・?

 

一方、共働き、特にバリバリ働いて夫以上に稼ぐ妻の場合、離婚するための大きな障壁の1つはないも同然です。

 

さらに、夫婦の稼ぎを別に管理しているのであれば、より離婚はスムーズに進むことでしょう。

 

このように、妻が高収入を得て、かつ稼ぎを別に管理している夫婦は離婚しやすいと言われています。

 

子なし夫婦は離婚しやすい!?

子供がいる場合は、子供の幸せを第一に考えるのが当たり前なので、「この子のために離婚はしない」と踏みとどまる場面は多いはずです。

 

ただ、子供のために離婚しないとはいえ、不仲であることが子供に伝わっては良くないので、ケースバイケースだとは思いますが。

 

反対に子供がいない場合は「もう頑張らなくてもいいか」と自分達の幸せだけを考えればよいので、やはり子供がいる場合と比べると、離婚に踏み切るケースは多いようですね。

 

まさに「子はかすがい」というわけです。

 

Sponsored Link

 

離婚を遠ざける意外な方法

それでは、共働きの子なし夫婦が離婚を遠ざけるためにはどうすればよいのでしょうか?

 

先ほどお話しした内容とは逆の「妻に専業主婦になってもらう」「子供を作る」が考えられますが、後者は様々な考え方や事情があるので、前者について見ていきましょう。

 

そもそも共働きということは、夫の収入だけでは十分ではない、もしくはより多くの収入を必要としているはずです。

 

なので、専業主婦になっては妻の収入が無くなるので、自宅で自分でお金を稼ぐことができれば一番ではないでしょうか?

 

自分で稼ぐという選択肢

会社に雇われている以上、残業はもちろん接待から忘年会まで、様々な理由で時間に縛られています。

 

なので、時間と収入を得るのであれば、自分の力で稼ぐ必要が出てくるわけです。

 

近年、インターネット環境が急速に発達・普及したので、誰でもどこでもビジネスを展開することが可能になりました。

 

自宅にパソコンとインターネット環境が整っていれば、すぐに開始できるのです。

 

離婚のリスクを減らそうと前向きに考えていることは素晴らしいのですが、行動しなければ何も変化はありません

 

あなたの未来をより良いものにできるのは、あなただけです。

 

今現在、私はそういった人生をより良いものにしたいと思っている方に向けたメルマガを配信しています。

 

メルマガは無料ですので、お気軽にご登録ください。

 

詳細はこちらからご覧になれます。

あなたにおすすめの記事

Sponsored Link

 

コメントを残す

ページトップへ